« September 2013 | Main | November 2013 »

October 21, 2013

小説:ナ・バ・テア

 
 
ナ・バ・テア
None But Air
 
 
    森博嗣 著
 
 
        2004年  中央公論新社
 
 
 
子供の頃の私は、飛行機のこととなるともう夢中でした。
造るプラモデルは航空関係オンリー。 親にねだって、航空雑誌(それも大人向けの)を買って貰ったりして。

中でもご執心であったのは(そこは男の子のことで)古今東西の軍用機です。
子供の吸収力というのは侮れないもので、雑誌に載っていた各国航空機の数々、その名前やら機能など、大概諳んじてしまいました。 今でも結構覚えていますよ。

学校はもとより世間に対しても、まるで役に立たない知識を沢山溜め込んで(そして親を嘆かせて)いたんですから、今で言うオタクの予備軍てところでしたね。

        ▽▲▽▲▽▲

本書「ナ・バ・テア」は、前作「スカイ・クロラ」に続くシリーズの2冊目。
時系列的にはしかし、「スカイ・クロラ」よりも以前のこと。 「スカイ・クロラ」で強烈な印象を残した草薙の、新人パイロット時代のお話しになります。
架空の世界(レシプロ戦闘機が飛び回り、日々闘いに明け暮れる)で、戦争請負会社に雇われたパイロットたちの日々を描きます。

他者との交わりを頑なに拒んで、飛行することの他、何事にも関心を示さぬ草薙。 大切なのは「今」だけ。 生きるに値する場所は空にのみある、と考えるからです。

その飛翔、そして空中戦の描写は、前作「スカイ・クロラ」と同様、読ませます。
その昔、軍用機大好き少年であった私にとって最高にエキサイティングな戦闘シーンはしかし、硬質の美文で描写されており、不思議な静謐感で満たされています。

パイロットの多くは、(主人公の草薙も含めて)科学により生み出された「キルドレ」と称する不死の人種。
とは言え、敵戦闘機に撃墜されれば(「キルドレ」と言えども)死は免れ得ません。
けれど草薙は(勝負に負けることへの強烈な怒りはあっても)死に対する恐怖というものを持ち合わせない様子です。

生物学的に「老いる」ということのない草薙の場合、時間に対する感覚/記憶に対する価値観/なにより死生感が常人と異なるようで、その言動や生への執着の希薄さからは、己の死を希求している様子さえ見受けられます。

本書の眼目は、卓越した能力を持ちながら、未だ精神的に未熟な草薙の、戦いに明け暮れる日々の中での心象の移り変わりです。
が、それ以外に、人類究極の願い「不老不死」を図らずも手に入れた者の人生観/死生観も描かれており、それが実に興味深かったですね。 いささかネガティブな顛末ではありますけれど。
 
 
 
   「スカイ・クロラ」 (シリーズの1冊目)
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 15, 2013

映画:まほろ駅前多田便利軒

 
 
まほろ駅前多田便利軒
Tada's Do-It-All House
 
 
  原作:三浦しをん
  監督、脚本:大森立嗣
  出演:瑛太  (多田)
     松田龍平(行天)
 
 
        2011年  日本
 
 
 
三浦しをん著「まほろ駅前多田便利軒」の映画版です。
多田と行天。 ワケあり三十代バツイチ男二人で営む街の便利屋さんの行状記。
私は以前原作を読んでいて、これがとってもヨカッタですからね。 大いに期待して観賞に臨みました。

多田便利軒の主人、多田役に瑛太さん。
そこへ転がり込んで来る旧友、行天役に松田龍平さん。

一体、多田の配役というのはどうにでもなりそうな気がします。
若干の陰を抱えた、しかし心優しき常識人。
多田と言う人物像は、ラフな格好をさせて違和感の伴わない30代男優であれば、誰であれ大概OKなんじゃあ。 早い話が、この映画で弁当屋役に扮している大森南朋さんが成り代わったとしても十分成立すると想うのです。

一方、行天の役は?
原作を際立たせていた、この魅力的な怪人物(!)を、一体どこの誰が演じ切れるというのでしょう。
と想ったら、松田龍平さんと来ましたか。
ナルホドね。
一見無愛想で、でも誰にでも気さくなタメ口。
見栄や物欲に一切囚われることのない、飄々として掴みどころのない男。
フラフラとして柔弱に見えて、でも暴力的な行動に出ることを躊躇わないあたり、ちょっとコワイところもある。
お見事。 行天春彦役は、もはやこの人の他に考えられません。

その他、ルルとハイシーはじめ、まほろ駅前に暮らす人々の人物像も魅力的でした。

基本的に原作のエピソードを辿るけれど、でも説明不足に陥りがちですから、この映画はあらかじめ原作を読んでいないと、ちょっとばかり難解かもしれませんね。
それに、対話シーンの途中に沈黙/間合いの多用される、どちらかといえば寡黙な演出。

まほろ市内をキビキビと走り廻る多田の軽トラック。 多田の住まい兼事務所は、雑然として男所帯のむさくるしさ全開。
映像化するとなると、やっぱこうなるよねぇ。 なんて感心してしまいました。
この辺り、女流作家の原作にはなかった表現でしょうか。

ともあれ、「まほろ~」の魅力が生かされて好感の持てる映画でした。
 
 
 
   「まほろ駅前多田便利軒」 三浦しをん著 (映画の原作です)
   「まほろ駅前番外地」 三浦しをん著 (その続編)
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 09, 2013

谷津図書館・特別休館明け

 
 
いつもの谷津図書館に行こうとしたら特別休館中ですと。
その間に蔵書管理の他、コンピュータシステムの更新を行うそうです。
習志野市の図書館。 使い勝手には特に不満もなく、普段から利用していた私ですけれど、でもシステムが変更されると聴くと、どんな具合になるんだか、ちょいと興味が湧きますね!

さて、休館明けの谷津図書館に早速行って参りました。
何処がどのように変更されたとか、ひとつひとつ確認して廻ったわけではないのですけれど、目立ったところで、図書館内に設置されている検索システムが(ハードまで)一新されましたね。
検索のため用意されている端末が、以前はタッチパネル入力の液晶ディスプレイでしたけれど、今回一般のPCと同様のキーボード入力に変更されました。
この変化はちょっと嬉しいぞ、と。
なにしろ私にとってタッチパネルってのは、正直使い勝手が好くはなかったですからね。
これからは、もっとマメに検索を掛ける事になると想います。
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 06, 2013

訃報:三善晃さん

 
 
去る四日、作曲家の三善晃さんが亡くなったとのことです。

創作のジャンルの多岐に渡っている三善さんですけれど、私にとってはかつて(合唱に入れ込んでいた当時)歌った合唱曲について、鮮烈な印象/深い想い入れがあります。

合唱曲である以上、当然合唱パートがメインなわけですけれど、しかし伴奏もまた演奏の巧拙を左右する、とても大切な要素。
三善作品にあっては、そのピアノ伴奏パートの占める役割が、とりわけ重要になるのでした。
その精緻にして華麗なピアニズムは、例えば伴奏のみ切り出して聴いたとしても充分観賞に足るものとさえ想います。

実際、合唱団の練習の途中で指導者が(合唱はしばし止めて)伴奏だけを弾かせることがあるのですけれど、私など惚れ惚れとして、煌びやかなピアノの響きに聴き入ったモンです。

そういえば一度だけ、ご本人を(ほぼ至近距離から)お見掛けしたことがあります。
どこかの(記憶が定かでない)サロンコンサートの席で。 三善さんはピアノを弾かれ、語りもありました。
高名な作曲家というイメージからはかけ離れた、まるで飾り気のない風貌が印象に残っています。

今日は動画サイトで三善作品を繰り返し視聴しています。
ご冥福をお祈り致します。
 
 
 
    「唱歌の四季」 三善 晃/編曲 女声合唱
    2台ピアノのための組曲 「唱歌の四季」(三善 晃編曲)
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2013 | Main | November 2013 »