« 小説:カレーソーセージをめぐるレーナの物語 | Main | 訃報:三善晃さん »

September 23, 2013

茜浜名人寄席 Vol.40

 
 
茜浜名人寄席 Vol.40
 
 
  茜浜ホール
 
     平成二十五年九月二十日(金)
 
 
  落語  :三遊亭左圓馬
        三遊亭絵馬
        柳家蝠よし
 
 
  特別出演:和太鼓衆 雷夢
 
 
 
九月に入って、漸く過ごし易い気候を迎えた中での茜浜名人寄席。
客席も隈なく埋まって、雰囲気も上々の第四十回です。
 
 
 
和太鼓衆 雷夢
篠笛の三重奏から始まったこの日の雷夢さんたち。 (篠笛は、前回もフィーチャーされていましたね)
フルートを吹く私にとって、こういった笛のトリオはとても近しいフォーマットであります。 嬉しく耳傾けました。

後半はお客さんの代表者数名にバチを渡して和太鼓教室。
なるほど太鼓を叩くこと自体は、誰でも容易に出来そうですものね。 こうしてその場で直ぐに参加出来るのは、なんといっても太鼓の強みです。
 
 
柳家蝠よし:やかん
端正で落ち着きのある前座さんでした。
 
 
三遊亭絵馬:紙切り
紙切りのお題のひとつが「ふなっしー」。
そう。 船橋市非公認ゆるキャラのあのコです。
が、絵馬さんはまったくご存じなかったらしく、お題を聴いて一瞬カタマッてしまいました。
私、紙切りの芸人さんがマジで困った姿を見たのは、多分これが初めてです。
知らないとは言えそこはプロ。 切れません、なんて言うワケにはゆきません。
リクエストされた方の持参した携帯ストラップを参考に、おもむろに切り始めるワケですが・・・・
ハサミを動かしながら、絵馬さん「ふなっしー、知ってる人います?」との問いかけには(そこは地元のゆるキャラだけあって)満場の客席ほぼ全員が挙手! 絵馬さん「うわっ!」
圧倒的なアウェイ感の中で切り上げた初ふなっしーはしかし、これが中々堂に入っておりましたよ。
 
 
三遊亭左圓馬:蛙茶番
左圓馬師匠は茜浜名人寄席の常連なのだそうですね。 そのせいでしょうか、殊更に力みのない、ストンと肩の力の抜けた自然体の一席でした。
淡々としているようで、でも味わい深い噺っぷり。
「蛙茶番」と言えば、もっと騒々しい(!)噺をイメージしていただけに、この日の高座は新鮮でした。

その昔、私が高校の文化祭で落研の部員が演るのを聴いた、つまり初めてナマで聴いた落語がこの「蛙茶番」。
素人芝居でみんな「勘平」を演じたがったり、定吉(丁稚)のこまっしゃくれた様子、半公の勘違い野郎っぷりなど、何度聴いても可笑しい。
 
 
 
   茜浜名人寄席 Vol.36
   茜浜名人寄席 Vol.38
   茜浜名人寄席 Vol.39
 
 

|

« 小説:カレーソーセージをめぐるレーナの物語 | Main | 訃報:三善晃さん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/58253341

Listed below are links to weblogs that reference 茜浜名人寄席 Vol.40:

« 小説:カレーソーセージをめぐるレーナの物語 | Main | 訃報:三善晃さん »