« 津田沼散歩◆船橋港親水公園 | Main | 2013 夏の甲子園 常葉菊川 »

August 17, 2013

愛の山田うどん

 
  
愛の山田うどん
 
   「廻ってくれ、俺の頭上で!!」
 
 
 
   北尾トロ、えのきどいちろう 共著
 
 
      2012年    河出書房新社
 
 
 
「山田うどん」と言えば、関東一円のロードサイドに展開する外食チェーン。
都心部では見掛けることすら至難ですけれど、郊外へと出れば(埼玉県を中心に)極めてありふれた存在です。

昔っからそこにある。 その事自体が当たり前(ファミレスなどと同様)過ぎて、今更認識を新たにする機会もなさそうな山田。
本書は、北尾トロ/えのきどいちろう両ライターが、そんな「山田うどん」をテーマに(山田食品産業全面協力の下!)書き上げてしまった、山田愛に溢れる一冊です。

それぞれの、山田に対する想い(それはまた、激しい金欠生活を強いられた若き日々の想い出と重なって来るわけですね)は勿論のこと。 サブカルな人たちらしく、ロードサイド民俗学、うどん文化論、うどん屋から見た昭和史などなどを開陳。

・高度経済成長期 > バブル期 > リーマン・ショック以降 激動の時代を生き抜いて来た山田うどん。 その生存戦略とは?
・ここまでのチェーン展開を成し遂げて、しかし都心部にはほとんど出店のないその真意とは?

基本地味な存在であるうどんチェーンに、これほどの話題/ネタがあったものかと愕かされました。 ハイ。

本書は山田へ寄せる熱いリスペクトから生まれたとのことですけれど、これ、要は山田で遊んじゃえってことなんだと想いますね。(こういうのって、私も好きです)

ちなみに文中、山田に対するネガティブな発言は一切出て来ませんでした。
なにしろ、ネットで山田うどんの話しをすれば必ずと言って好いほど俎上に上がる、<山田うどん = 不味い>という通説や、なんともユニークなお店の雰囲気、何処かヘンなメニュー構成とかいったギャグ・ネタ(!)が、ここには現れません。
その替わり山田食品産業社内から見た「山田うどん」。 カウンターの内側から見た山田について、熱く深く語られるのが微笑ましく、そして興味深かったですね。
山田うどんと、北尾/えのきど両ライターと。 ここではウインウインの関係が出来上がっています。
 
 
 
   津田沼散歩・山田うどん 船橋米ヶ崎店 (拙宅から行ける山田うどん)
 
 

|

« 津田沼散歩◆船橋港親水公園 | Main | 2013 夏の甲子園 常葉菊川 »

Comments

う~む、興味と文章力さえあればいくらでもテーマは転がっているという好い例ですね。
山田うどんが面白い読み物になるとは、これまた興味深い。
山田うどんは都心には無いんですね?知りませんでした。。。あくまで都心に近い周辺の県でしたか。わが地方、国道だけでも結構見かけます。
こういうマニアックな読み物って奥が深く、面白いんですよね。
我が家は蕎麦派ですから山田に限らずうどん店には行きませんけど。。。delicious

Posted by: おキヨ | August 18, 2013 at 11:18 AM

裁判に興味があるので、北尾トロさんの裁判傍聴関連の本をよく読みます。
細かい描写が好きです。

Posted by: クウ | August 19, 2013 at 08:21 AM

>おキヨさん

自分らの偏愛(!)する対象をテーマに仕事が出来るんですから、北尾/えのきど両ライターは果報者ですね。 これも山田愛のなせる業。(笑)

首都圏を取り巻く幹線道路沿いに、地道に出店していったことが、やがて「山田うどん」のカラーを決定付け、熾烈を極める外食産業生き残り合戦にも勝ち残れた。 と言うのは本書の論点のひとつですけれど、これにはナルホドと想いましたね。(^ァ^)

Posted by: もとよし | August 19, 2013 at 10:30 PM

>クウさん

北尾トロさんの傍聴もの、私も二冊ほど読みました。(^ァ^)
クセになる面白さですね。(^ァ^)
常識にとらわれない鋭い視点、ユーモアある突っ込みは、山田うどんに対しても発揮されております。(笑)

Posted by: もとよし | August 19, 2013 at 10:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/58009130

Listed below are links to weblogs that reference 愛の山田うどん:

« 津田沼散歩◆船橋港親水公園 | Main | 2013 夏の甲子園 常葉菊川 »