« June 2013 | Main | August 2013 »

July 30, 2013

小説:官僚たちの夏

 
 
官僚たちの夏
 
 
    城山三郎 著
 
 
      1975年   新潮社
 
 
 
高度成長期。 わが国の経済の先行きを予見し、新政策の立案とその施行に向け奔走する、実在した通商産業省官僚(キャリア)らをモデルとして書かれた小説です。

城山三郎さんの代表作のひとつにあげられる本書ですけれど、(私にとって)なんと言っても印象的なのがその題名でした。
「官僚」という語句の冷徹さに、「夏」を配してみせた、取り合わせの妙。 う~ん。
私が地元の図書館の棚にあった本書を手に取ったのも、その秀逸なるタイトルに惹かれた故でした。

もともと経済問題に至って疎い私ですし、ましてお話しの舞台は1950~60年代の日本です。
果たして自分に付いてゆけるものかどうか(おい)懸念されましたけれど、いざ読んでみれば(知識不足のところも、やはりありましたけれど)これがとても面白く、そして興味深い内容でした。
なにより主人公はじめ各キャラクターの人間的魅力、簡潔な文体、迅速な展開などなど。 物語として実に巧みに造られていることに感心しました。

小説の冒頭、通産省のトップ官僚として、肩で風切る勢いで働く主人公の好漢ぶりを描いてみせるところが、特に好かったですね。
仕事には全力で取り組み、常に正面突破で当たる。 歯に衣着せぬ物言いで、どんな相手に対しても遠慮ってものが無い。 つまりは有言実行の人。
その一方、先のさきまで見通した人事を立案するなど、広い視野も持ち合わせている。
これは、さては痛快なるサクセスストーリーの始まりかと、つい早とちりしてしまったオメデタイ私でした。

しかし中盤以降へと読み進めるうち、かなり辛口の内容であると知れるのです。
主人公とその部下たちが実現に向け、文字通り心血を注いでまでして目指したのは、民間企業の経済活動一々を政府が指導してゆこうという、官僚主導型の経済政策。
しかしながら、これ、時流を読み切ったものではなかったんですね。
幾つかの成功と挫折を味わった末の、すっきりとしない終盤。 実話ベースということもあってか、仮借の無い展開です。

本書は小説としてさほどの長編というワケではありません。
が、ムダの無い簡潔な文体によって戦後昭和史、政治経済の変転、当時の通産官僚/政治家たちの人生などなどを怜悧に描き切っており、読み終えての感慨はちょっとやそっとではなかったです。
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 24, 2013

第23回 参議院選挙

 
 
投票日の当日は日曜日なれどお仕事。
なので朝一番、いつもの投票所に立ち寄ってから仕事に向かいました。

        ▽▲▽▲▽▲

投票日前日の夕刻、私はJR津田沼駅の北口で、民主党・長浜候補の街頭演説を聴きました。
応援に来ていたのが野田前首相(選挙期間中の政治家らしく、陽に焼けて真っ黒け)。その応援演説は流石、素ン晴らしく上手かったです!
これはもう(ヘンな言い方ですけれど)話芸として観賞に耐えるレベルですね。
とりわけ、与党批判とか、ウチの候補宜しくの始まる前段。 マクラ(!)部分の面白さ/説得力。

その何日か前には、やはり同じ北口で共産党・志位さんの応援演説も聴いていますけれど、語られる政策/方針とかは置いといて(!!)ただ純粋に口演として評価した場合、勝負になんなかったですね。
志位さんの場合、伝わってくるパッションは凄いんだけれど、言ってる内容はというと、ストックフレーズを矢継ぎ早に繰り出すばかりで・・・・

        ▽▲▽▲▽▲

さて今回の参議院選挙。 千葉では改選議席数3のところに9人の候補者が立ちまして、当選を果たしたのは自民党のお二人と、上記の民主党・長浜さん。
私が一票を投じた候補は、敢え無くも落選しましたとさ。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 22, 2013

茜浜名人寄席 Vol.39

 
 
茜浜名人寄席 Vol.39
 
 
  茜浜ホール
 
     平成二十五年七月十九日(金)
 
 
  落語  :三遊亭圓丸
        春雨や雷太
        瀧川鯉和
 
 
  特別出演:和太鼓衆 雷夢
 
 
 
茜浜名人寄席。 またしても聴いて参りました!
 
 
 
和太鼓衆 雷夢
夏に和太鼓。
この取り合わせ、もうハマリ過ぎです! そのまんまお祭りの世界ですからね。
今回は篠笛を多用されていたのが印象的でした。
横一列に並んだ何本もの篠笛が、大小の太鼓群をバックに奏するスタイルもカッコイイ。
和太鼓フィーチャリング篠笛隊ですね。
皆さん、大小の和太鼓の他に笛もなさるのには驚きました。


瀧川鯉和:「金明竹」
前座さん、と言っても既にかなりの修行を積まれているのではないでしょうか。
パワフルで手堅い落語でした。
「金明竹」を、蛇の目傘の段からお終いまでのフルバージョンで。
上方者の口上を、ど~だ文句あっかと言わんばかりのアップテンポで語り切る。
急カーブの連続する路を、限界ギリギリの高速で駆け抜ける心地。 スリル満点!


春雨や雷太:「岸柳島」と踊り(深川)
当地の出身と仰る二つ目さん。 これは応援しなければ。
その雷太さんの高座。 飄々とした風貌とはウラハラに、並々ならぬパワーとスピード感、それから適度のケレン味を兼ね備えています。
落語の他に、踊りも能くされるんですね。 そのせいでしょうか、所作が綺麗なのも印象的。


三遊亭圓丸:「死神」
お喋りが商売の噺家さんですから、ごく当たり前のコトなのかもしれませんけれど、とにかく話しがとっても旨い。
圓丸師匠の語る声を聴く、タダそれだけで気持ちがイイんです。 耳が喜んじゃってる。
話すテンポ、声音、間合いの妙。 語り口が好いって言うんでしょうか。
そんな流暢な口によって語られる「死神」。
題名から予感される、オドロおどろしさとはまるで無縁の、粋で軽やかな噺の世界。
 
 
 
   茜浜名人寄席 Vol.36
   茜浜名人寄席 Vol.38
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 16, 2013

今年の月下美人

 
 
夕に咲き、明けに萎れる月下美人。

拙宅のご近所のとあるお宅では、この時期門前で月下美人を咲かせておられて、私は毎年その姿と香りを愉しませて頂いています。

がしかし、昨年の夏はその月下美人を不覚にも(私とした事が)見逃してしまっていたのでした。
草木に旬は付きものとはいえ、一夜きり咲くこの花の場合、その限定感は取り分け強烈で、見逃しちまったと判った時の意気消沈(!)は想いの外デカかったです。 はぁ。

さて今年。
なんとか無事、お目通りが叶いましたゾ。
幾つもの花房が妍を競って咲く様子が、相変わらず眩かったです。
白く薄い花弁の、幾重にも重なって見せる陰影の美。

なにしろ夜分のことで周囲の薄暗い中、わずかな街の灯り(家屋、近所のスーパーの明かりや外灯)にほんのりと照らされる姿を愛でるんですけれど、その雰囲気がまた好いんです。
もしここにベタな照明を当てちゃったりしたら、折角の美人が台無しになってしまいそうな気がしますね。

それにしても、今年もまた暑い夜でした。
曇っていて風が無くて、その上湿度が矢鱈と高くって。
想えば、私が月下美人に逢う夜というのは、いつもこんな風なお天気でしたね。
薄暗がりに佇む月下美人の妖艶さと、夏の夜の蒸し暑さと。 二つのイメージが、私の中でセットになっています。
 
 
 
    2010年夏 に咲いた 月下美人
    2011年夏 に咲いた 月下美人 1
    2011年夏 に咲いた 月下美人 2
 
 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

July 05, 2013

携帯電話を新しくしました

 
 
5年ぶりでしょうか。 使っているケータイを新しくしました。
はい、スマホではありません。 私は未だもって昔ながらの(中折れの)携帯電話、いわゆるガラケーを愛用しています。

これまで使って来た我がケータイ。 これといって問題は(バッテリーの目立って弱り始めたことを除いて)無かったんですけれど、家人の携帯選びに立ち会っている内に、成り行き(!)って言うか、5年使って丁度イイ機会なので、私のも買い換えることに。

新しいとは言っても電話会社は同じだし、プランも変わらず。
機種は前回の購入時と同様、一番シンプルで廉価の奴ですから、単にケータイの本体が現行機へと若返ったってだけのことですね。 ハイ。
今回、私の注文はボディカラーだけ。 これまで銀色だったのを、青色へと換えました。
実は(私の場合)銀のボディだとキーが判別し難くくってですねぇ。 ここのところだけは不満でしたので。

さて、今時の携帯電話というのは、たとえ最低価格帯であっても(5年前の旧ケータイ購入時もそうでしたけれど)私にとって明らかにオーバークオリティです。
こちらとしては電話とメールが出来さえすればそれでもう充分で、他には何もいらないんですけど、そうは言っても、小さなケータイの内部には(頼みもしないのに)いろんな機能がてんこ盛りにされています。
幾ら多彩な機能を実装して貰っても、どうせ使いやしないんだから、一番簡単なのにしといてよって所望しても・・・・そうは言っても、これ以上簡単なのはありませんってことのようですね。

これも携帯電話というものが現れてこの方続いている、留まる所を知らぬ爆発的な進歩の故でしょうか。
時代の趨勢、トレンドの力ってのは凄いや!
新しい青いケータイ。 これから暫く頑張ってもらいます。
 
 
   ケータイ替えました (これまで使っていた携帯電話の購入記です)
 
 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« June 2013 | Main | August 2013 »