« May 2013 | Main | July 2013 »

June 29, 2013

ナイチンゲールの沈黙

 
 
ナイチンゲールの沈黙
 
 
    海堂尊
 
      2006年  宝島社
 
 
 
前作「チーム・バチスタの栄光」に続く、東城大学医学部付属病院を舞台にしたミステリー。 田口講師、白鳥調査官の名コンビも健在の2作目です。
前作「チーム・バチスタ~」が想いの外愉しかったですからね。 すごく期待しながら手に取ったんですけれど、その想いが裏切られることはありませんでした。

様々な人生/生と死が交錯する地方都市の大学病院を、豊富な医療知識を駆使して内側から活写する、小説としての面白さ。 相変わらずお見事です。

臨床医学にまつわるトリビアの数々。
巨大かつ精緻な医療システムの懐で働く人々。
病院内政治をめぐる権謀術数/パワーゲームと、込み入った人間関係(但しこの小説の場合、陰湿な描写がありません)。
組織の中で虚勢を張る人と、真摯に動き廻り現場を支える人と。
普段目立たない処に控えていて、しかし現場を支えている影の実力者。
などなど。

緊張の絶えない医療の現場を描きながらも、小説全体にもの柔らかな雰囲気が漂うのが素敵です。
それは本書が、主人公の神経内科病棟・不定愁訴外来、通称愚痴外来を担当する田口講師のややシニカルで、しかしこころ優しい視線を通して語られる故でしょう。
物語の中心からはひとつ身を退いたところに居て、イイ雰囲気を造っているグッチー先生の存在。 これが好いんです。

作中には二項対立の人間関係が幾つもあって、それぞれが有機的に絡み合う構造が面白いと想いましたね。
・推理小説でのホームズ役を務める怪人(!)二人、白鳥捜査官と加納警視正。
・一方ワトソン役の苦労人(!!)二人は、田口講師と玉村警部補。
・不治の病と闘う、少女と少年。
・大人びた子供と、不完全な大人。
・二人の歌姫は、小児科病棟の看護師と酔いどれ迦陵頻伽。
などなど・・・・

音楽家二人(世間の常識が一切通用しない自由人!)の描写はとっても魅力的ですけれど、しかし演奏の場面は今ひとつと想いました。 医療シーンのリアルさ/精緻さとどうしても比べてしまうから、ちょっとばかり物足らなく感じるんだナ。

推理小説としては、そのトリック/仕掛けがいささか物足らず、解決に向けての流れもアッサリでしたけれど、もとよりその辺はさほど期待していません。 田口&白鳥の世界はこんな風で好いんだと想う。(前作でもそうでしたし)
 
 
 
    「チーム・バチスタの栄光」
 
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 24, 2013

船橋市長選挙

 
 
6月23日は船橋市長選挙の投票日でした。

前夜、台湾料理の百楽門を(予想に反して、前回の訪問から日を置かずに)再訪していた私。
その夜は気分好く就寝したのは好いのですけれど、リラックスし過ぎたらしく、翌朝目が覚めたのは普段よりも遅い時間。 それでも、朝の内には投票を済ませることが出来ました。

※.選挙とはまったく関係ありませんけれど(!)今回、百楽門で食べたのは以下のメニュー。
・鶉の卵と豚肉の炒めもの(久々に肉を喰った! って気になりました)
・麻婆茄子(きちんと辛い麻婆は流石、本格台湾料理のお店の味であります)
・炒飯(なかなかに上品な味わい)
・豆腐干糸(これは今回はじめて食しました。 至ってヘルシーなもので、日本の食品メーカーが流行らせようとかしないのが不思議です)
 などなど

        ▽▲▽▲▽▲

おっと、市長選挙でしたね!
いつもの投票所で、いつものように淡々と投票を済ませた私。
会場を出たところで、某局の行う出口調査に引っ掛かりました。
選挙の出口調査を受けるなんて、これが初めての体験ですよ。 こうやって一人ひとり調べていたんですねぇ。
それにしても、我が投票所のように閑散とした処では、なかなかデータが集まらないんじゃないでしょうか?

投票日の夜は、月と地球が最接近するスーパームーンの夜でもありました。
晴れてさえいれば、オケの練習帰りの道々、煌々と明るく大きな満月が拝める筈・・・・だったんですけれど、生憎と曇っちゃってまるで観えず、でした。 残念なり。

        ▽▲▽▲▽▲

さて、翌朝知った選挙の行方ですが。

藤代市長が後継者指名し、自民・民主・公明推薦で、更には野田前首相がプッシュする松戸徹氏と、維新推薦の西尾憲一氏との一騎打ちという様相でしたけれど、結果、松戸氏の初当選となりました。
西尾氏もイイところまで追い上げたんですけれど、やっぱり維新推薦ってのが、今回は裏目に出ちゃったかもしれませんね。
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 14, 2013

津田沼散歩◆香澄公園の花菖蒲

 
 
クウさんのブログにて、香澄公園の花菖蒲が絶賛開花中とのお話しを聴き付け、早速往って参りました。

習志野市・香澄公園。 津田沼駅前からだと丁度真南に位置する、東関東自動車道沿いに造られた超細長ぁ~い公園です。

西側から入園して、菖蒲田のあるエリアへと辿り着くまで。 想いのほか歩かされます
けれど、曇天下の園内散策もまた悪くないもの。
 
 
Dscn0297
 
 
Dscn0284
 
 
香澄公園の花菖蒲園。 先日訪れた藤崎森林公園の菖蒲田と比べて、こちらはずっと華やかな印象です。
但し肝心の花菖蒲は、生憎と大部分が萎れた状態でした。 ちょっと間が悪かったですかねぇ。
 
 
Dscn0275
 
 
この時期ならばやはり紫陽花。
 
 
Dscn0286
 
 
しっとりとした淡彩画のような色合いに心なごまされます。
  
  
Dscn0287
 
 
夏が恋しいじゃぶじゃぶ池。 暑くなった頃、また遊びに来るとしましょう。
 
 
Dscn0292
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 12, 2013

ハードディスク(外付け)追加しました

 
 
我が家のPCのグレードアップ作戦、その第二段です。

昨年末に買い求めた eMachines のデスクトップ機、EL1360-H12D/T
必要にして充分のシンプルな構成に徹した結果、デスクトップながらコンパクトな筐体と、価格を廉く抑え得たのがポイントですけれど、そうは言っても、届いたそのままの状態では動作がいささかシンドイ。
そこでメモリーを追加したのが前回
で、それに続きまして、今度はハードディスク(外付け)を追加しました。

もともとHDDの追加については(大切なデータのバックアップ、それから画像データ等の格納用として)以前から考えていたことなのでした。

お誂え向きな事に、外付けHDD用のケース部分ならば手元にあります。
以前ここ「問はず語り」に書いた「旧PCのデータ復活大作戦」を敢行した折、(不覚にも)間違って買い求めてしまったSATA用の外付けのHDDケース、玄人志向 GW3.5AA-SU2。 それが未使用のまんま余っていますから、今回はこいつを活用してやろうと考えました。

ケースの内に収めるHDDユニットの方は、例によってお買い得品をネットで捜して買い求めました。
Seagate 3.5inch 内蔵ハードディスク 2.0TB SATA3.0 ST2000DM001 というもの(名前、長っ!)。
SATA(今度は間違いのないよう慎重に選定!)で、HDD容量は 2TB でよし。
バックアップとデータ保存が主目的なので、スペック的に高望みすることもないんです。 で、必要な容量と予算とを鑑みると、まぁこのくらいが適当かと。

通販のサイトからポチッとして、数日後に届いたHDDユニットをケースに組み込んだらPCに接続。
問題なく動いてくれて、まずは大切なデータをバックアップしました。 これにて一安心!
以前誤って買い求めたケースも、こうして有効活用させることが出来、まずはメデタシであります。

        ▽▲▽▲▽▲

それにしてもPCの進歩ぶり、市場の爆発的(!)なまでの成長ぶりには、毎度の事ですけれど嘆息する以外ありません。
その昔、私が始めて買い求めた自宅PCは、秋葉原にあった某PCショップ(既に閉店しているようです)の企画したキットでした。
未だ、Windows95 が主流であった時代のことです。

ショップのキットらしく、中に組み込む各パーツはユーザーが(ある程度)好きに選択出来るようになっていました。
HDD の容量も、ご予算に応じて選ぶことが出来たのですけれど、そこで私は奮発して 2.5GB の HDD を選んだのでした。
HDD の2.5GBというと、当時としてはなかなかに欲張った容量です。

それが今回、気張りもせずテキトーに選んだ HDD の容量が 2TB 也。
メモリー追加の折りもそうでしたけれど、こういった事情を想うたび、隔世の感を禁じ得ませんね。
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 05, 2013

津田沼散歩◆藤崎森林公園の菖蒲田

  
 
Dscn0206_30
 
 
習志野市内にある藤崎森林公園の菖蒲。 間の悪い私は、これまで見逃してしまった年もあったんですけれど、今年は好いタイミングで観ることが叶いました!

よく手入れの行き届いた菖蒲田に今を盛りと咲き揃う花菖蒲は、この時期にのみ愉しむことの出来る期間限定の眼福であります。
 
 
Dscn0235_30
 
  
細長~い形をした公園の、だいたい真ん中辺りに位置しているこの菖蒲田ですけれど、両側に樹木が繁茂しているため、陽が差し込み難いんですね。
この日も菖蒲田の周辺が日陰になっちゃっています。 ちと無念なり。
 
 
Dscn0238_30
 
 
この公園はいつ来ても人があまり居らず、とても落ち着きます。
  
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 04, 2013

映画:川の底からこんにちは

 
 
川の底からこんにちは
Sawako Decides
 
 
  監督、脚本:石井裕也
  出演:満島ひかり  (木村佐和子)
      志賀廣太郎 (佐和子の父・忠男)
      岩松了    (佐和子の叔父・信夫)
 
 
        2010年  日本
 
 
私がそもそもこの映画を観ようという気になったのは、ネットの動画サイトで偶々社歌斉唱シーンを観てしまったため。
面ン玉ひん剥いた決意の形相で木村水産社歌を唄うオバチャンたちの姿。 そのインパクトに、完全に持っていかれたのでした。

※ なので、この映画のことを語るにあたって(監督&脚本や主要キャスト陣もさることながら)木村水産で働くオバチャンたちを演じた皆さん(一人を除いて全員が端役)についても高く賞賛するべし、と思うのです。

それにしても主人公・佐和子の天晴れなまでのダメ女っぷり!
そのキャラ設定のユニークさが、もう素ン晴らしい出来でした。
エキセントリックで、周囲の空気をまるっきり読まず、間の悪さも天才的(!)なうえ、諸事全般に示す面倒くさげで投げやりな態度!!
更には、馴れ馴れしく擦り寄ってくる(こちらもダメ)男との煮え切らない関係。
そんな主人公を演じ切る 満島ひかり さんの持つの存在感の凄さ!

観ているこちらが切なくなるくらい本当にダメダメな主人公ですけれど、しかしそんな佐和子からいつしか目が離せなくなっている自分に気付かされてしまう。 なんとまァ、風変わりかつ得難い魅力の主人公でしょう。 ウン。

さてこの映画。 ともかくも全篇に渡って、考え抜かれた細やかな演出とカメラワークがとても好かったです。
私は監督/脚本を確認しないまま鑑賞に入ったんですけれど、DVDを再生し始めてしばらくの間、これは(監督や脚本が誰であるにせよ)女流作品に違いあるまいと勝手に思い込んでいました。
で、映画の途中とうとう我慢仕切れなくなってしまい(!)再生を一時中断して監督/脚本のお名前を確認したら、若い男性でしたとさ!

その監督兼脚本の石井裕也さん。
人物描写/人間観察の確かさ、シニカルさからは、若さゆえの粗さ/未熟さなどいささかも感じさせません。
むしろ老獪とまで言ってしまいたくなるくらいで、これはもう大変な才能ですね。

五年ぶりに帰郷した佐和子を迎える親戚の叔父さん役・岩松了さん。 そして病床の父役・志賀廣太郎さん。
ちょっとばかり下世話な人間味、情愛と懐の深さ、それに加えていささか下卑たユーモアまで見せたりして、とってもヨロシイ!
脇役陣を、極めて魅力的な役者が固めているのも、私がこの映画の好きな理由です。

一旦開き直ってしまった人間に、もはや怖いものなどありやしません。
佐和子をして「私なんてどうせ中の下の女ですから!」、「頑張るしかないんですから!」と言い切らせるシーンは痛快無比ですけれど、しかしながらそれ以降、主人公の行動原理が開き直りの一点のみとなっているためか、終盤に至ってのドラマ展開はいささか停滞気味と感じてしまいました。
まぁ、そんなところもまた佐和子らしいと言えるんですけれどね。
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 02, 2013

百楽門 津田沼店

 
 
外食から遠ざかってしまって久しい私です。
とにかく、何処かお店に入ってご飯を食頂くということを、このところずっとしていません。
健康に気を配らなければって意識(というか危機感!)が、自分の中で高まり出してからこっち、ずっと家飯がメインになっちゃってます。

そんな私ですけれど、久々に外食でもするかってハナシになりました。
外でご飯と言っても、夕食を近所のお店で摂るってだけのことなんですけれど、今の私は、そんなことでも少しばかりテンションが上がるんです。

リクエストは中華。
凡そナンでも揃っていそうな津田沼(駅の周辺)ですけれど、但し中華料理店となると、意外に選択肢は限られてきます。
今回入ったのは駅北側の百楽門・津田沼店。
台湾料理のお店とのことです。 (とは言っても、私には中華料理のバリエーションの一つとしか判らず。 他の中華と一体何処がどう異なるかとかは不明であります)

ここはなかなかの人気店で、夕食時などは広い店内がいつも混雑しているんですけれど、今回は入店した時点で未だ空いている席がありました。 らっき~!
店内は広くて快適。 なにより、何時来ても活況に満ちているところがイイですね。
旨ウマの中華料理を次々と片付けつつ、家人の愚痴を聴く会のスタート。

久々に頂く本格中華!
卵とマッシュルームの炒めもの。 フカひれと豆腐の旨煮。 海鮮焼きそば等々。
外飯は久々の私にとって、どれもが、もう感動的に美味しかったです!
でも、ちょっと味が濃い目かなぁ。 それがまた旨いんですけれど。
このところ自宅では意識して薄味を心掛けていますから、その分外で食べるご飯について、余計に濃い目に感じるんでしょうね。
再訪の機会はそうそうないでしょうけれど、出来得れば次回は激辛メニューなど試してみたいです。
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« May 2013 | Main | July 2013 »