« 2013 センバツ 常葉菊川 | Main | ジプシーにようこそ! »

April 06, 2013

ナイフ

 
 
ナイフ
 
 
   重松清 著
 
 
      1997年    新潮社
  
 
   ・ワニとハブとひょうたん池で
   ・ナイフ
   ・キャッチボール日和
   ・エビス君
   ・ビタースィート・ホーム
 
 
 
重松清さんの短編集です。

収録されている5篇はいずれも「イジメ」をテーマに据えています。
但し私、読む前はそんなこととは露も知らず、でしたからね。 3篇目、4篇目と読み進めながら、また「イジメ」って・・・・こいつは一冊まるまる「イジメ」大特集ですかい? なんて想って、ちょっとゲンナリしてしまいました。

けれど先日、本書を読み直す機会がありまして、それを境に私ので感想がぐるりと転換しました。
小説のひとつひとつが、どれも味わい深かったですし、全体として見ても、つまり一冊の短編集として考えても(その構成、バランスなど)、優れた内容と想いました。

お終いの「ビタースィート・ホーム」を除いて、どの作品も主人公の(それぞれ性別、年齢、ポジションは異なるものの)受けるイジメについて描かれます。
それはそれは陰湿で救いのない苛めが、もうこれでもかと。
(だから、初めて読んだ時の印象がとっても悪かったんですね)

けれどどの小説も、いわれのないイジメの対象となってしまう主人公に寄せる作者の視線が、とってもデリケートでかつ優しいです。
幼少~思春期の子の、苛められるのは勿論辛いけれど、それを先生・両親に心配されることの方が余程我慢できないという心理。
小説のそれぞれに共通するのは、主人公の、イジメを潜り抜けて尚、人を恨む側に廻ろうとはしない姿勢。 酷く追い込まれて尚、挫けない心。

読み直してみて、自分の中で少なからず評価の変わった一冊です。
 
 

|

« 2013 センバツ 常葉菊川 | Main | ジプシーにようこそ! »

Comments

重松清の作品は多分読んでいないと思います。たぶんというのは、読んだことが無いと思い込んでいる作家の本が書棚にあったりしますから。。。coldsweats01

いじめが本の題材になる世の中ですね。社会の関心事にになってもいっこうに解決を得られないいじめ問題。。。
重松清・・・書店に行ったら探してみます。


Posted by: おキヨ | April 07, 2013 at 12:36 PM

>おキヨさん

重松作品を読むのは、私もこれが(たぶんのおそらくで(笑))はじめてです。

>いじめが本の題材になる世の中ですね。社会の関心事にになってもいっこうに解決を得られないいじめ問題。。。

本書が書かれたのも、やはり昨今の風潮に応えてのことと想います。
とはいっても、いじめっ子対策の指南書にはなっていませんけれど(なにしろ、どのケースもキレイに解決はされませんし)、でもその分、小説としては味わい深いです。

本書の場合、イジメられる側にまだしも余裕が感じられますね。
執筆の当時(1997年)、ここ最近のニュースに上がった悲惨な事件のようなケースは、未だ顕在化していなかったからでしょうけれど。

Posted by: もとよし | April 07, 2013 at 10:30 PM

こんにちは
 わたしも読んでません。
本て忘れたころに読み返してみると、また違った受け取り方をしたりするものですね。
その時々の心の状態とか、年齢とかでね。

いじめって、いつの世にもあるものだけれど。
確かな解決策は見つからないものかも・・・
悲惨な結果にならないように大人が見守らなくてはと思います。
(大人の間にもあるけれどcoldsweats01

機会があれば読んでみたいと思います.

Posted by: みい | April 10, 2013 at 02:38 PM

>みいさん

この小説、読み返してみてホント好かったです。(^ァ^)
最初に読んだ折りは、イジメ描写の連続に、ちょっと辟易しちゃったんですけれど、テーマ/ストーリーの重さに比べ、(その語り口の上手さから)サクサクと読めてしまう小説のため、安易に結論を出し過ぎたようですね。
仰るとおり再読によって読後感がガラッと変わりましたので。(^^ゞ
イジメられる側の心象を、これほど繊細に描いた小説は初めてでした。

Posted by: もとよし | April 12, 2013 at 01:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/57119540

Listed below are links to weblogs that reference ナイフ:

« 2013 センバツ 常葉菊川 | Main | ジプシーにようこそ! »