« March 2013 | Main | May 2013 »

April 30, 2013

映画:男たちの大和

  
 
男たちの大和 / YAMATO
Pacific Battleship Yamato
 
 
 
  監督、脚本:佐藤純彌
  原作:辺見じゅん
  出演:松山ケンイチ (戦時中の神尾克己水兵)
     中村獅童   (内田兵曹)
     内野謙太   (西水兵)
     反町隆史   (森脇主計兵曹)
     蒼井優     (神尾の幼馴染)
 
     仲代達矢   (現在の神尾克己)
     鈴木京香   (内田元兵曹の娘)
     池松壮亮   (少年)
 
 
 
        2005年   日本
 
 
映画「男たちの大和/YAMATO」を観ました。
戦艦大和を描いた作品は古今幾つもあるわけですけれど、これは以前私も読んだ辺見じゅんさんの「男たちの大和」を映像化したもの。(辺見作品のみではなしに、吉田満さんの「戦艦大和ノ最期」などからも引用があると想われます)

この映画の為に、わざわざ実物大の戦艦大和(の一部分)の巨大なセットを造って撮影に臨んだのだそうで、その実写と更にCGを併せての艦上シーンの数々は流石、見応えがあります!

あの戦艦大和を、折角ここまで(おそらくは、映像史上もっとも精緻に)描いたのですから、艦全体を俯瞰するカットとか、船首から船尾までカメラ視点でなめてゆくシーンとか・・・・もっと沢山、いろいろと見てみたかった。 などと(これほどのハイレベルでやってくれると)いろいろと欲が湧いてしまいますね。

原作と同様、主に兵卒らの視点から戦艦大和の最期を描いたこの作品。
キャストの中では、原作で私がもっとも強い印象を受けた人物、内田兵曹を演じる中村獅童さんの見せた義侠心が素晴らしかった!
神尾四等水兵に、当時未だキャリアの出発点に居た松山ケンイチさん。
純朴さと情熱に加え、喋りにある種の甘さがあるのが好い。 やはり、光るものを持っていますね。
その幼馴染役、蒼井優さんの無垢な愛くるしさ。
私は、原作にはないキャラの追加って大概好きじゃあないんですけれど、しかし現在のパートに未来を担う若者(池松壮亮さん)を登場させたのは、この場合大正解でしたね。 ラストには感動致しました。

規律第一の大和艦内。 日常生活から訓練、更には下士官による兵卒に対するシゴキまで容赦なく描かれますけれど、とはいえ、やはり、壮絶の一語に尽きる(と言うか、一方的に撃たれまくりの)戦闘場面が最大の見所と想います。
けだし迫真の出来であります。 この部分だけでも、見る価値のある映画といえそうです。

ただし、戦闘場面を盛り込んだ超大作戦争映画でありながら、<乗組員の戦後>にもヴォリュームが割かれており、原作の意図に忠実なところには感心致しました。(ただし、その為に映画の構成が、いささか判り難いことになっちゃってますね)

そしてこの映画では、私が原作を読んでもっとも感銘を受けた部分。 すなわち、初版から二十年経って新たに書き加えられた「決定版 文庫版あとがき」の内容までを描いてくれていました。 そこのところが、なにより嬉しかった。
 
 
 
    「決定版 男たちの大和」  辺見じゅん著   (映画の原作です)
 
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 24, 2013

津田沼散歩◆海老川を下る

 
 
以前、お散歩の途上で山田うどん船橋米ヶ崎店を見付け、そこでお昼を頂いて(心もカラダも大いに満足して)帰ったことがありましたっけ。
今回のお散歩では、その山田うどんより少し西の方に位置する海老川沿いの遊歩道を、下流に向けて歩いてみました。

二級河川・海老川。
船橋市内を縦断して東京湾へと達する、流れ穏やかな川です。
  
 
Dscn0082_1024x768
 
  
その上流、高根町の付近は見通しのよい田園風景が続きます。
流れの穏やかさと相まって、歩いているこちらまでノンビリとした気分にさせられます。
 
 
Dscn0092_1024x768
 
 
下流へと流れを辿るにつけて、周囲の景観もどんどんと変化。
川の土手も、いつしかコンクリート貼りになっています。(この辺りは、かつて度々水害に遭っていたそうです)
卸売場、住宅地などを経て市街地へ。
僅かの距離を往く内に、景観の結構劇的に変化する様子を愉しむことが出来ます。
 
 
 Dscn0104_1024x768
 
 
さて、のんびり歩いている間に、大分下って参りました。
もう少し往けば、以前記事にした浜町公民館もある港湾地域に出て、海老川の東京湾に注ぐ様子を見届けることが出来る訳ですけれど、でも(だらしのないことに)ちと疲れて来ましたねぇ。
今回はここらで海老川から離れて、京成本線沿いに津田沼駅方面へと帰路を辿ることにしました。
 
 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

April 13, 2013

ジプシーにようこそ!

 
 
ジプシーにようこそ!
 
 
   たかのてるこ 著
 
 
     幻冬舎   2011年
 
 
たかのてるこ さんの旅日記であります。
 
私が、世界を旅して廻るライター、たかの さんのことを知ったのは、ラジオのトーク番組にゲスト出演されていたのを偶々聴いた折りのこと。
パワフルで気さくで情の厚い・・・・大阪のおばちゃん気質全開で世界各地を廻る たかの さんに興味の湧いた私は、いつもの図書館で本書を借りて参りました。
 
会社勤めの傍ら、休暇と費用をやり繰りして(現在は転職されて、専業の旅ライターをされているそう)諸国を巡る たかの さんが本書で目指したのはジプシーの文化。
ルーマニアに今も残るジプシーの村を(どうしてルーマニアかと言えば、この国には今もジプシーが多いから)訪ねる旅です。

それにしても、この方の行動力ときたら途方もないですね。 私は本書一冊読んだだけですけれど、完全に圧倒されました。
言葉も習慣も判らない土地にままよと飛び込んで、その日の内に現地の人々と親しく知り合う。 更には、そのまんま相手のお宅にホームステイしちゃったりもするし。

そうは言っても、相手は何世紀にも渡って各国を放浪しながら独自の文化を築いてきたジプシーです。
たかのてるこ と言えども、どうやら手に余る相手であったようで。
まったく想定外の生活習慣や価値観を持つジプシー相手に、世界を旅して来た たかの さんにも大苦戦。 苦汁を嘗めさせられることも一再ならず、です。

そんな中で、仲良くなったジプシー家族との交流。 つまりは泊めて貰うんですけれど、この辺り、たかの さんのキャラが全開で、読ませます。

基本ド派手なファッション・センス、生活の中に欠かせないジプシー音楽とダンス、素朴だが愛情たっぷりの家庭料理などなど。
ホームステイ先のジプシー一家と一緒になって、ジプシー村の暮らしを心から愉しんでしまう様は、たかの さんってホントに言葉が通じないの? と訊きたくなる程。 ナルホドこれが旅の達人か!

無類のもてなし好き・気前の良さと、どケチ・強欲さが同居する人々。
目にも鮮やかな衣装(掲載されている写真がイイ感じでした)や、情熱的な音楽。
おっそろしく熱しやすく、そしてまた冷めやすい気性。
なによりジプシーというのは、怒りと愛情、喜び悲しみの感情の触れ幅が本当に極端で、日本人とはかけ離れた気質ですね。
たかの さんも、彼らのそんなところに惹かれるんでしょう。

そもそも貯えるってことについての観念が希薄だし、手に入ったものは何でも皆でシェアし合う慣習です。
過ぎ去った過去には拘らず、先々のことを気にもかけず、今だけを目一杯懸命に生きる・・・・いっそ刹那的とでも言えそうな人生観。
インド発祥と言われ、1000年にも渡って世界各地を放浪してきたジプシーですが、こんな彼らだからこそ、今日まで生き残ってこれたのでしょうと仰る たかの さん。

こういう文化、生き方には、たかの さんならずとも(ホンの少しだけ)憧れますね。
勿論、私には到底まね出来ないけれど。
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 06, 2013

ナイフ

 
 
ナイフ
 
 
   重松清 著
 
 
      1997年    新潮社
  
 
   ・ワニとハブとひょうたん池で
   ・ナイフ
   ・キャッチボール日和
   ・エビス君
   ・ビタースィート・ホーム
 
 
 
重松清さんの短編集です。

収録されている5篇はいずれも「イジメ」をテーマに据えています。
但し私、読む前はそんなこととは露も知らず、でしたからね。 3篇目、4篇目と読み進めながら、また「イジメ」って・・・・こいつは一冊まるまる「イジメ」大特集ですかい? なんて想って、ちょっとゲンナリしてしまいました。

けれど先日、本書を読み直す機会がありまして、それを境に私ので感想がぐるりと転換しました。
小説のひとつひとつが、どれも味わい深かったですし、全体として見ても、つまり一冊の短編集として考えても(その構成、バランスなど)、優れた内容と想いました。

お終いの「ビタースィート・ホーム」を除いて、どの作品も主人公の(それぞれ性別、年齢、ポジションは異なるものの)受けるイジメについて描かれます。
それはそれは陰湿で救いのない苛めが、もうこれでもかと。
(だから、初めて読んだ時の印象がとっても悪かったんですね)

けれどどの小説も、いわれのないイジメの対象となってしまう主人公に寄せる作者の視線が、とってもデリケートでかつ優しいです。
幼少~思春期の子の、苛められるのは勿論辛いけれど、それを先生・両親に心配されることの方が余程我慢できないという心理。
小説のそれぞれに共通するのは、主人公の、イジメを潜り抜けて尚、人を恨む側に廻ろうとはしない姿勢。 酷く追い込まれて尚、挫けない心。

読み直してみて、自分の中で少なからず評価の変わった一冊です。
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 01, 2013

2013 センバツ 常葉菊川

 
 
第85回選抜高等学校野球大会。
静岡県代表の常葉学園菊川高校は3回戦まで進出するも、1対3で惜しくも高知高校に敗れました。
(高知はその後も勝ち進んで、明日は準決勝に臨みます。 このまま勝ち抜いて貰いたいものです)
私も、テレビかラジオを通して応援したかったんですけれど、生憎とそれがならず。 常葉球児の奮闘ぶりに立ち会うことが叶わず残念です。
ともあれ、ここまでよく頑張ってくれました。
まことにあっぱれ! であります。

 
 
 2012 夏の甲子園 常葉橘     (2012年8月9日)

 2010 夏の甲子園 常葉橘     (2010年8月8日)
 祝甲子園出場 常葉学園橘高校 (2010年7月27日)

 熱闘3回戦 常葉学園橘高校   (2009年8月21日)
 祝2回戦突破 常葉学園橘高校  (2009年8月17日)
 祝初戦突破 常葉学園橘高校   (2009年8月11日)

 祝優勝常葉菊川高校        (2007年4月7日)
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2013 | Main | May 2013 »