« 寝ずの番 | Main | 千葉県知事選挙 »

March 12, 2013

あれから二年

 
 
例年に比べ随分と厳しくて、まるで毎日が冷蔵庫の中にでも居るかのように凍え通しだった、この冬。
その寒さも、ここへ来てようやく和らいで参りました。
春めいてゆく、その気温の上がりよう、がなんだか劇的です。

        ▽▲▽▲▽▲

2011年3月11日の東日本大震災から二年が経ちました。
私は、二年目となるその時間を偶々、あの日あの時と同じ場所で迎えたのです。(黙祷)

我が職場の入っている、至って頑丈な建物が、信じ難い程の勢いで揺さぶられたあの日。
その直後、職場のテレビに映ったニュース映像を、生涯忘れることはないでしょう。

とはいえ、私の周囲を見渡したところ、震災の痕跡は殆ど姿を消しています。
建物のあちこちに、ひび割れが残っている程度。
この部屋の中で、強いて痕跡を捜すとすれば、職場の天井に嵌め込まれているエアコン。 その位置が、今も少し斜めにズレているのは、あの時から。

そして、気が付けば、昨年の今日この時ほどは、メゲていない自分がいます。
感情的にならず、感傷に溺れずに済んだということでしょうか。 それとも・・・・

震災に纏わる一連の記憶。 感懐。
自分の中で、よもや風化させていはしないか? いささかの危機感があります。
忘れてはなるまい。
 
 

|

« 寝ずの番 | Main | 千葉県知事選挙 »

Comments

東北地方の被害の陰になりましたが、そちらの県も相当な被害を被りましたね。。。

3・11日がめぐってくると日本の誰もが当時の自分がその時何をしたかを思い起こすでしょうね。
私の思考力は小動物なみでした。何が起こったかわからないまま外に飛び出し、電線の激しく揺れる真下でうろうろ、パニック状態でした。

2年経った現在も復興の進みが十分ではなく、被災地の方々の苦しみがいかばかりかと思います。
心ある方々の多くは、被災地の方々に想いを残しながら日常生活を続けているかもしれませんね。
一番悪いのは思いやりの気持ちの風化です。

Posted by: おキヨ | March 13, 2013 at 11:29 AM

こんばんは

 もう二年が経ってしまったのですネ。
復興はまだまだのようです、忘れてはなりませんね。
時の流れと共に人は忘れていくものですが・・・
決して風化させてはならないと改めて思いました。

春がもうそこまで来ています。
被災地にも早く春が来ますように・・・・

Posted by: みい | March 13, 2013 at 09:32 PM

>おキヨさん

仰るとおり、こちらも各方面で被害がありました。
市原市の石油コンビナート火災の映像など、取り分け強烈に記憶に残っています。
拙宅の周辺では被害は無かったのですけれど、それでも海側の地域にゆくと、あちこちの建物にヒビが入ったり、道路がめくれあがったり大きな穴が開いたりと・・・・ それも今は、殆どが修復を済ませています。

周辺が復旧してゆくことはありがたい限りですけれど、それで安心してはダメですよね。
希求されるのはやはり、被災地の一日も早い復興であります。

Posted by: もとよし | March 14, 2013 at 11:37 AM

>みいさん

そうです、もう二年。
被害の小さかった当地では、あの日の痕跡を捜す方が困難なくらいですけれど、しかし被災地の復興は遅々として進まず、のようですね。orz

そういえば、二年前の震災の直後に、気候が酷く冷え込んだという記憶があります。 あの頃、そのことでまた一際落ち込んだんでしたっけ。(^^ゞ
ここ数日、急に暖かになっているのが、なんだかイイ兆しのような気がしています。
楽観的に過ぎますでしょうか。

震災当時あんなに好く言われた「がんばれ日本」的な言葉も、目にしなくなって久しいです。
こういったスローガン、必須とまでは想いませんけれど。 忘れちゃイケマセンね。

Posted by: もとよし | March 14, 2013 at 11:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/56943474

Listed below are links to weblogs that reference あれから二年:

« 寝ずの番 | Main | 千葉県知事選挙 »