« 千葉県知事選挙 | Main | 2013 センバツ 常葉菊川 »

March 25, 2013

習志野シティフィル第55回定期

 
 
習志野シティフィルハーモニック 第55回定期演奏会
 
 
  2013年3月17日 (日曜日)
    習志野文化ホール   14:00開演
 
 
       指揮 :小室昌広
       管弦楽:習志野シティフィルハーモニック
 
 
 サン=サーンス:歌劇 「サムソンとデリラ」から
                    「バッカナール」
 
 ドリーブ     :バレエ組曲 「シルヴィア」
 
 ベートーヴェン :交響曲第7番
 
 
 
 <アンコール>
   ブラームス:ハンガリー舞曲 第3番
 
 
千葉県知事選挙の投票日と偶々バッティングしていた、今回の第55回定期演奏会。
そのことが、果たして集客に影響してきやしないかと、ちと気になったんですが。
ともあれ当日の朝、いつもの投票所へと立ち寄り投票を済ませてから、習志野文化ホールへと向かった私です。

        ▽▲▽▲▽▲

・「サムソンとデリラ」から「バッカナール」
その昔テレビで観た、映画の「サムソンとデリラ」(1949年、セシル・B・デミル監督)。
全盛期のハリウッドが撮った、超豪華総天然色旧約聖書絵巻。
これがスコブル面白くてですね。 画面に噛り付いて見入った覚えがあります。
なので、私にとって「サムソンとデリラ」と言えば、今もってこちらの映画のイメージなのです。

けれど、今回の演奏は、サン=サーンスの同名の歌劇から、酒神バッカスを称える酒宴の場面の音楽です。
ヘブライ人の英雄サムソンは美女デリラに謀られ、哀れ囚われの身となってしまいます。
怪力無双であったサムソンの捕縛を祝う、ペリシテ人たちの宴で奏でられるのが、このバッカナール。
曲中に漂うオリエンタル趣味。 荒ぶるエキゾチシズム!


・「シルヴィア」
フランスで、バレエでとくれば、私はドガ(1834~1917)の筆になるバレリーナを描いた絵画を(安直にも)想い出します。
「シルヴィア」は、そのドガと同時代のドリーブ(1836~1891)によるバレエ音楽。
とすれば、この曲もまた、絵の中で鳴っていたかもしれません。

ドガの、陰影を生かした、バレエダンサーの息遣いや、トウシューズ靴音が聴こえて来そうな絵に対して、音楽の方は想いっきり華やか・・・・と言うか、もう素晴らしくゴージャスです。
組曲としてのストーリー性を強く感じさせられるのは、第48回の定期で奏したチャイコフスキーの白鳥湖に通じるものがありますね。
ここでも酒神バッカスを讃えるシーンで組曲を閉じます。


・ベートーヴェンの交響曲第7番
ご存知ベト7であります。
あの、大ヒットした漫画「のだめカンタービレ」がドラマ化(テレビと映画で)されたのが2006年~2010年に掛けてのこと。
あの頃、誰からだったか、演奏会に掛ける曲として(「のだめ~」のテーマ曲と演奏シーンで使われた)ベト7の集客力は圧倒的とか、聞いた覚えがあります。
そのブームも、今は治まっているようですね。

ところで私はこの曲の第三楽章が、いつまで経っても取り分け苦手なんであります。(って、他の曲が上手に弾けるってワケでもないんですけれど)
なので、弾く前からイヤーな気分なっちゃう。 頂けないマイナス思考ですね。
まぁ、一旦演奏が始まっちまえば、そんな余計なことを考えるヒマもないんですけれど。

この曲のレコードの解説書などによく(LPの昔は解説書を隅から隅まで、それはそれは律儀に読んだものでした)ワーグナーが「舞踏の神化」と称揚したディオニソス的な・・・・とか書いてありましたっけ。

はい、ここでも酒神の登場です。
ギリシャ神話の「ディオニソス」=ローマ神話の「バッカス」であるからして、各曲には相通じるものがあったというワケ!
ちと(いやかなり)無理があるけれど、バッカナール、シルヴィア、ベト7と互いに縁があった。(酒縁!) リンクしているのだ。 そう想い付いて、これをもって定期演奏会の個人的な裏テーマに設定していた私であります。
 
 
 
 
 習志野シティフィル第42回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第45回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第46回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第47回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第48回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第49回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第50回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第51回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第52回定期演奏会
   
 習志野シティフィル第53回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第54回定期演奏会
 
 

|

« 千葉県知事選挙 | Main | 2013 センバツ 常葉菊川 »

Comments

私が高校生時代に観た〔サムソンとデリラ〕をすっとお若い貴方様もご覧になっていたとは驚きです。と云っても今ではどんな昔の映画でもテープで観られますからね。
昔はギリシャ神話の映画が多かったですね。ハリウッドお得意の豪華絢爛スペクタクルがふんだんに盛り込まれたものが見られましたnotes
ドガの踊り子からは香高い音楽が聞こえるようだし、音楽を聴けばドガの踊り子たちが見えるように芸術は関連性が高いですね。

音楽を演奏するにはその知識を細部にわたり高めなければならないと思うのですが、それを考えるともとよしさんは膨大な知識を秘めていらっしゃるとお見受けしました。

先日はパソコンの件でお手数をおかけいたしました。
おかげさまでバッチリ!2度とあのような不快な思いをせずに済みそうですgood

Posted by: おキヨ | March 28, 2013 at 01:22 PM

>おキヨさん

往年のハリウッド映画「サムソンとデリラ」。 おキヨさんはスクリーンでご覧になっていましたか。(^ァ^)
私の場合は、テレビで放映していたのを、偶々観ることが出来た訳です。(笑)
なんの期待もなしに入った分、鮮烈なイメージが残りました。
CGなどなく、特殊効果もまだまだの時代ではあっても、流石は全盛期ハリウッドの造り上げた歴史スペクタクル。 とっても見応えがありましたね。

ドガの描いた踊り子の絵は、絵の中に生活感というか、現場感覚の漂うところが好きなんです。 客席から鑑賞するのではなく、同じ舞台上や、あるいはレッスン室に立ち入ってダンサー達を見詰めているイメージ。

パソコンの件、問題を解消されたようでなによりです。(^ァ^)
しかも、私などの知らなかった新しい機能を使われたようで。
次々と意欲的に動かれるところ、流石ですネ。(^ァ^)

Posted by: もとよし | March 30, 2013 at 03:03 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/57032680

Listed below are links to weblogs that reference 習志野シティフィル第55回定期:

« 千葉県知事選挙 | Main | 2013 センバツ 常葉菊川 »