« January 2013 | Main | March 2013 »

February 16, 2013

赤目四十八瀧心中未遂

 
 
赤目四十八瀧心中未遂
 
 
   車谷長吉 著
 
 
      1998年   文藝春秋
 
 
 
何ナンでしょう。 この、只ならぬ緊張感は。
とにかく、小説ののっけからお終いまで、終始尋常でない気配の中に浸っている気分でしたね。 この「赤目四十八瀧心中未遂」というお話。
それは、読んでその毒気にあてられ、そしてシニカルな視点/語り口にウカウカと共感させられ、やがて主人公の姿勢に懐疑心を覚えるも、それでもなおその魔性に屈して、ページを繰ることを止められない。 つまりはどうにも面白過ぎる小説でした。
 
 
※.東京の大学を出、一旦は安定した職に就くも、平凡で安穏とした暮らしに、どうしても馴染む事の出来ない主人公。
懊悩の末、仕事も住処も手放した男が、放浪の果てに辿り着いたのは、関西のとある街でした。
生活の為、底冷えのする狭くるしい部屋に独り閉じこもり、ひたすら単調な手仕事に没頭する日々の始まり。
そんな男を受け入れようというのか、それとも拒絶するのか。 周囲に見え隠れする、素性の知れぬ住人たち。
 
 
<堕ちてゆくに任せる屈折した快感>ってありますよね。 絶対。
私も最初、この主人公の下流志向/自堕落ぶりにはいささか共感するものがあったけれど、小説を読み進める内に、こいつはちょっと違うなと。
底辺の街に好んで身を沈め、シニカルな視線で周囲の人々(そういう街でしか暮らしてゆけない)の息遣いを、冷やかに伺う男。(一方、男の周囲の人々の側も、そんな男の屈折した上から目線を敏感に(おそらくは本能的に)嗅ぎ取ってしまっている)
読んでいて、主人公の(謂わば)似非インテリぶりが、アタマの中に浮かび上がって来たんですナ。

とはいえ自分の中に、それでも男に共感してしまう部分があるのも確か・・・・
読んでいて感じる、ある種居心地の悪さ。 付きまとう、どこか気まずさ。
そんなところもまた、この作品の魅力のひとつと想っています。

ともあれ、小説の全篇を通じて際立っているのは、言葉遣いや措辞の巧みさ。
なにかこう、すごい呪術めいた誘引力があって、読む者を捉えて離さないんです。
 
すっかりこの小説の毒気にあたってしまった私は、いつか取り憑かれたようになって、一気にお終いまで貪り読みました。
小説世界に絡め取られ、昏い深みへ、深みへと引き摺り込まれるような快感を味わいつつ。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 04, 2013

旧PCのデータ復活大作戦

 
 
先日買い換えた我が家のPC。 eMachines の EL1360-H12D/T。
若干のメモリ不足は覚悟の上で導入したのですけれど、いざ使ってみると、これが、そこそこ快適!
まぁ普段、インターネット・ブラウザとメーラーくらいしか起動しませんし。
あとは表計算ソフトにテキスト・エディターくらいでしょうかね。 使うといっても。
至って大人しいPCユーザーである私です。

只、毎日使うようになって判ったんですけれど、このPC、キーボードが酷く使い辛いですね。
シンプルそのもののデザインは、とっても気に入っているんですけれど。
キータッチの感触が、まったくよろしくない。
このキーボードだと、タイピングのスピードが、かなり落ちます。
この先、メモリー増設よりも、キーボード交換を先にするかもしれませんな。

あと、HDDとCDドライブのアクセスランプが省略されているのが、ちょいと不便ですね。
まぁ、その分廉いんですから、この点は納得するしかないんですけれど。

        ▽▲▽▲▽▲

さて、新しいPCは順調に稼動していますので、これまで使っていた旧いPC。 eMachines J6454 をどうにか考えやろうと想います。
なにしろ旧PCのHDDの中には、今後も取って置きたい大事なデータが入っていますので。

  ・パソコン通信をやっていた当時のログ
  ・そのログを閲覧するソフト(NIFTERM)
  ・メール・ソフト(Becky!)のログ
  ・俳句、短歌(一時期凝っていました)の原稿
  ・その他、大切なメモや文章の類

  などなど・・・・・

これらのデータ。 旧PCの壊れる前にバックアップをとっておかなかったことが悔やまれます。
(そんなに大事なデータなら、日頃からバックアップしておけよってハナシなんですけれど)

ともあれ旧PCから新PCへデータを移したらイイお話なんですよね。
例えば二台をLANで繋いで、データをコピーすれば、それで解決!
なんですけれど、新しいPCの届く前日に、瀕死の旧PCが(なんとも皮肉な事に)起動出来くなってしまいました。
前々から具合は悪かったけれど、ここへ着て完全にクラッシュしてしまった旧PC。
これでは、LANに繋ぐことも出来ません。 万事休す。

もう、こうなった意地でもデータをサルベージしてやる!
ここへ来て俄然、ヤル気になった私です。


1.旧PCの再起動作戦
旧PC。 電源ボタンをオンしても、WindowsXP の起動の途中で止まってしまいます。
それでも以前は、5~10回程オンし直している内に、起動出来たものですけれど。
しかしそれも、新PCの届く前日にクラッシュしたのを境に、二度と起動出来なくなってしまいました。
 
今回、電源オンを何度も何度も・・・・100回くらい(たぶん)試みましたけれど、やっぱり起動は出来ませんでした。
こうなると、あと何日か早く新PCを買っておけば好かったものをと、憾みは募ります
 
失敗!
 
 
2.旧PCのHDD外付け化作戦
旧PCの筐体からHDDを取り出しまして、それを新PCのUSB端子につなぎます。
つまり、新PCの外付けHDDにしてしまおうという作戦です。
そのために必要な端子とコードは手元に無いため、新たに外付けHDDのケース部分だけという商品(玄人志向 GW3.5AA-SU2)を買い込みました。

が、これはしたり! 私が買い求めたのはSATA用。 つまり現行規格のケース!!
ところが旧PCに入っていたHDDは現行のSATAではなしに、旧規格のIDEなんです。
やんぬるかな。
私が旧PCを使っている間に、HDDの規格が世代交代を済ませていたんですね。
 
大失態!
 
 
3.旧PCのHDD外付け化作戦 その2
泣く泣く、IDE規格の外付けHDDケースを買い直しました(玄人志向 GW3.5AA-PU2)よ。
情けないったらないですけれど、大切なデータはお金に換えられませんからね。
旧PCの筐体からHDDを(慎重に!)取り外しまして、HDDケース経由で新PCのUSB端子に繋ぎました。

さて、もしも今回の旧PCのトラブルが、HDDのハードに原因があったならば、この試みも失敗!
わざわざ買い込んだ(それも2台!)HDDケースも無駄だったってぇことになります。

流石にドキドキしながら、新PCのエクスプローラーを開いたところ・・・・・上手く認識してくれていました。
ヨカッタ~!
繋いだ旧PCのHDDがちゃんと見えます。

早速、大切なデータの一切を新PCのHDDにコピーしまして、まずはひと安心です。


こうしてコピーを済ませた旧PCのHDDは、元の筐体に戻しまして、WindowsXP を再インストール(システムディスクは取ってありましたので)しました。

2006年からずっと使ってきた旧PC。
これにて、まっさらさらの windowsXP マシンとして生まれ変わったわけです。
まあ、HDDやらマザーボードやら、何処かにトラブルを抱えている可能性は否めないんですけれどね。

それにしても、作業が済んで用無しになった外付けHDDのケース(それも二台)の処遇をどうしますかねぇ。
やっぱり、新たにHDDを買い求めて、バックアップ用の外付けHDDとして活躍して貰いますか。
転ばぬ先の杖と言いますし。
 
 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« January 2013 | Main | March 2013 »