« 新年会 | Main | 旧PCのデータ復活大作戦 »

January 31, 2013

ワイルド7

 
 
ワイルド7
WILD7
 
 
 原作:望月三起也
 監督:羽住英一郎
 出演:瑛太 (飛葉大陸)
    椎名桔平 (セカイ)
    丸山隆平 (パイロウ)
    阿部力 (ソックス)
    宇梶剛士 (オヤブン)
    平山祐介(ヘボピー)
    松本実 (B・B・Q)
    中井貴一
    深田恭子
    吉田鋼太郎
 
 
      2011年    日本
 
 
 
悪を以って悪を討つ。 銃をとり、オートバイを駆る7人のアウトローたち。 それが元悪人たちからなる超法規的警察組織・通称ワイルド7(セブン)。

漫画家・望月三起也さんの代表作「ワイルド7」(1969~1970)については、連載の当事、兄の買い込んで来た週間少年キングに載っていたのを見て憶えています。

望月作品はどれもそうですけれど、このワイルド7も躍動的で垢抜けた絵柄と粋な雰囲気が、私は堪らなく好きでした。
但し、アクションはともかく、お話の内容については、好く判らなかったですねぇ。 きっと、その頃の自分には未だ難しかったんだと想います。
絵を眺めるばかりで、ストーリーまで追ってはいなかったんじゃあないかな。 台詞についての記憶とか、とんとありませんし。

ともあれ、7人の風貌や性格、そして経歴は様々。 それに操る銃やバイクまでがどれも個性的という設定は、子供心にもシビレましたね。
勿論あの当時の漫画ですから、今見ればメカ描写など随分と大雑把、粗雑な印象を拭えません。 全体的な絵柄も、今時のマンガと比べると余程ノンビリしているし。 でも、当事としては緻密で斬新な描写だったんでしょうね。

        ▽▲▽▲▽▲

2011年公開のこの映画「ワイルド7」は時代設定を現代に移し、満を持して実写映画化したものです。

往年の名作漫画の映画化。
こういうものは、あんまり期待しないが吉!
そう判っちゃあいる積もりなんですけれど、でも見ちゃいましたよ。

CGが使える今、大概のコトには驚かなくなっているわけですけれど、数多の情熱と才能、それから資金を注ぎ込んだあろう映像は、こちらの予想以上に愉しめました。

「ワイルド7」のコンセプト、今でも充分に通用するのが判りました
ワイルドの7人と、彼らを統べる草波との関係。 因果を含んだ間柄の生かされているのも好かったです。

演出やらストーリー的にアレな部分(!)は確かにありましたけれど、でも、こういうのは<愉しんだ者勝ち>ですからね! と言うか、積極的に愉しんでやれという姿勢で鑑賞に臨んだワタクシです。 ハイ。

とはいえ、役者については今ひとつ(登場人物が多いとはいえ)の感がありましたね。
アクション映画にはつきものの「ここは俺にまかせて先に行け!」な場面。 それがいちいちクドくってですね。 やり過ぎると台無しになるって見本です。
それから、乗り物と武器(どちらも男の子の大好物)はともかくとして、ワイルド7の制服(?)はカッコ悪し。
どうしてこんな風にしちゃったかなぁ? 原作のまんまで好かったのに。
 
 
 

|

« 新年会 | Main | 旧PCのデータ復活大作戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/56669589

Listed below are links to weblogs that reference ワイルド7:

« 新年会 | Main | 旧PCのデータ復活大作戦 »