« 寝ずの番 | Main | ラ・ボエーム »

October 31, 2012

PCが不調

 
 
自宅で使っているPCが、このところ不調に陥っています。
電源オンして暫く経って、そろそろ使えるかな~ってディスプレイを覗き込むと、起動に失敗したまんまダンマリを決め込んでいる・・・・こんなコトが、ここ数日度々起こっているんです。

毎日当たり前のように使ってきたPCの不調、これは結構ツライですね。
まぁ、めげずに何度も起動をトライしている内、どうにか立ち上がりはするんですけれど。
でもこの先大丈夫なのか? こういう状態で、果たして何時まで使うことが出来るのか、とっても不安です。

今のPC(eMachines J6454)を買い求めたのが2006年のこと。
eMachines は以前の職場でも使っていて、トラブルの無かったのが気に入って同じメーカーの機械を選んだわけですけれど、我が家の eMachines も幸いなことにこれまでほぼノートラブルでした。
導入時の付属品だったマウスはとっくに壊れてしまっていて、今使っている ELECOM のは三代目。
その他に我が家で発生したハード上のアクシデントはと言えば、電源スイッチ上に貼られた、eMachines のロゴを刻印した飾り板が取れちゃったことくらいでしょうか。
ともあれもう6年間、ほぼ毎日のように使い倒していますしね。 もうそろそろ、PCの更新を考えるべき時期かもしれません。

でも、OSはどうするかなぁ。
折りしも Microsoft から新しいOS、Windows 8 がリリースされていますね。
新しいモン好きの私としては大いに気になるところですけれど、でもタッチパネルって自分には必要ないし。 そもそも発表されて間もないOSを自分用のPCに入れるってのは割りに合わないと想う。(導入するなら、せめてサービスパックが出てから)
なんなら Windows 8 はパスして、旧Ver. の Windows 7 でいってみるか・・・・なんていろいろ考えたりもするんですけれど。
とにもかくにもあともう少し、持ち堪えてくれ我が家の eMachines!
 
 

|

« 寝ずの番 | Main | ラ・ボエーム »

Comments

生活に深くかかわっているパソコンが調子悪いと、こちらの気分まで悪くなっちゃいますよね。

Posted by: クウ | November 01, 2012 at 06:53 PM

>クウさん

帰宅すると、まずはPCのスイッチを入れるという動作が、習慣となってすっかり身に付いていますね。
で、それが上手くいかないとなると・・・・その後にやること全て、調子が狂ってしまいます。(溜息)
 
PCが不調だからって、すぐに買い替えなんて考えるより前に、自分で原因を探ったり、対策を講じたら好いんでしょうけれど、我ながらこのところ腰が重くなっちゃって(^^ゞ、すっかりメンドクサがりになっちゃってます。(^^ゞ(^^ゞ

Posted by: もとよし | November 01, 2012 at 08:00 PM

こんにちは~
 PCゴキゲン悪いのですね!
もう毎日のように使うものだから困りますね。
でも6年間使い続けたのですかあ~
すごいな。
わたしもPCトラブルにはイライラします。
毎日使っているけれど、PCに詳しくはないので困ってしまいます。

PCにもう少しがんばってもらって、ゆっくり選択するといいですね。

Posted by: みい | November 03, 2012 at 04:51 PM

>みいさん

その後、我が家のPCをあれこれイジってみたところ・・・・

まずはCドライブを調べてみたら・・・・空き領域がほとんど無~い!
早速、大慌てで要らないファイルを消しまくったら、どうにか安定してPCを起動出来るようになりました。(^ァ^)
それにしても、空き領域不足でトラブルだったなんて・・・・こんなのは基本中の基本なんですが。orz

でも、今度はカーソルが挙動不審になっちゃって、すっかり弱ってます。(^^ゞ
その上、ブラウザの動作が超不安定だし。(^^ゞ(^^ゞ

まだまだ予断の許されない我が家のPCです。(汗)

Posted by: もとよし | November 03, 2012 at 07:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/56014549

Listed below are links to weblogs that reference PCが不調:

« 寝ずの番 | Main | ラ・ボエーム »