« July 2012 | Main | September 2012 »

August 27, 2012

習志野シティフィル第54回定期

 
 
習志野シティフィルハーモニック 第54回定期演奏会
 
 
  2012年8月26日 (日曜日)
    習志野文化ホール   14:00開演
 
 
       指揮 :小室昌広
       管弦楽:習志野シティフィルハーモニック
 
 
  コープランド  :市民のためのファンファーレ
 
  バーンスタイン :「キャンディード」序曲
 
  アンダーソン  :タイプライター
            サラバンド
            プリンク・プランク・プルンク
            フィドル・ファドル
 
  ガーシュイン  :「ストライク・アップ・ザ・バンド」序曲
 
  チャイコフスキー:バレエ組曲「眠れる森の美女」
            荘厳序曲「1812年」
 
 
  アンコール
    チャイコフスキー:「くるみわり人形」から「 トレパック」
 
 
 
個人的に、相も変わらず諸事テンパッている状況下ではありますけれど、夏の定期演奏会。 ガンバってなんとか参加させて貰いました。 諦めたらそこで終しまい、投げたら駄目なンです。
 
「市民のためのファンファーレ」
金管と打楽器による演奏。
四角四面、ハガネのような実直さに、あられもない(!)くらいの明朗さが加わって。 私はこの曲を聴くたび、アメリカ文化の良識って言葉が思い浮かぶのです。
戦時下に初演されたこの序曲に、敢えて「市民のためのファンファーレ (Fanfare for the Common Man)」という題を与えたアーロン・コープランドに、私は敬意を表するものです。
 
「キャンディード」序曲
この曲、昔から好く聴いている気がしますね。 NHK-FMなんかで。 でもそれは、吹奏楽版が多かったかもしれない。 この日演奏したのは無論、オリジナルの管弦楽版の方。
 
アンダーソンの小品集。
道具としての「タイプライター」というものは、もはや骨董品の類でしょうか。 この曲の演奏には欠かすことの出来ないキーパンチの音は、さぁどうするかと想ったら、これがホンモノ。 実物(!)のタイプライターなんて久々に眼にしました。
バロック音楽ゆかりの「サラバンド」ですけれど、そのメロウな雰囲気は矢張りアメリカ、アンダーソンならではの楽曲と想います。
この他、弦楽器のピチカートのみで奏でる小粋な「プリンク~」。 それから「フィドル・ファドル」と、アンダーソン作品はどれを取っても佳曲揃い。

歌曲でしか知らなかったガーシュインの「ストライク・アップ・ザ・バンド」。 オケ版は、凝りまくりでした。
 
「眠れる森の美女」、「1812年」
このところすっかりチャイコフスキーづいているような。
元々このロシアの作曲家にさほど関心を持っていなかった私ですけれど、こうなって来ると興味を持たざるを得ませんね。 ハイ、自分の中で次第に愛着が芽生えつつあるようです。
とは言え、「眠れる森の美女」は本番までにバレエのビデオを観ておく積もりが、すっかり忘れちゃってます。
一方「1812年」は、自分自身の中にある苦手意識が最後まで克服出来ず。 ナポレオン軍の心境でした。
やっぱり大変な曲ですね。 因みに鐘も大砲も、ステージで弾いていると好く判ンなかったです。 余っ程、余裕がないんだよなぁ。
 
 
 
 
 習志野シティフィル第42回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第45回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第46回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第47回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第48回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第49回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第50回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第51回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第52回定期演奏会
   
 習志野シティフィル第53回定期演奏会
 
 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

August 18, 2012

暑いンで丸刈りにした。後悔はしていない

 
 
少年時代、小学校から高校までを静岡で過ごした私。
この内中学と高校(それも男子校)は、校則によって丸刈りが定められていました。 よって、中高6年間は坊主アタマで通したんです。
中学はともかくとして、高校で生徒全員が丸刈りってのは、あの当時の静岡にあってもレアであったかもしれません。

先日高校関連のHPを覗いてみたら、今では長髪に改まって、あろうことか男女共学ですと。
高校時代、「俺たちの学校、男子校なのと短髪は絶対に変わらないよなぁ」なんて友達と言い合ったモンですけれど。 その硬派な母校が・・・・いやはやこれも時の流れ。 諸行無常であります。

        ▽▲▽▲▽▲

先日散髪する機会があって、想い立ってバッサリとやっちゃいました。 三部刈り(6mm)です。
年々寂しくなる一方の頭髪に、今更未練なぞありませんしねぇ。

やってしまって(!)から思い出したんですけれど、丸刈りってのはアタマが直射日光に曝される。 つまり、日向に出ると頭皮が容赦なく焼かれるんですよね。
散髪前よりも、かえってアツイって。
高校卒業以来、長らく(○○年ぶり)忘れ去っていた感覚が蘇えりました。
 
 

| | Comments (8) | TrackBack (0)

August 15, 2012

ゲゲゲの女房

 
 
ゲゲゲの女房
 
 
   武良布枝 著
 
 
       2008年   実業之日本社
 
 
NHKの連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」が評判を獲ったのは2010年のこと。
このドラマ、私としては珍しく、第一話から通して観ておりました。
とっても面白かったですから、毎話毎話が愉しみでしたね。
長丁場のドラマでしたけれど、放送が終わってみれば自分史上で唯一!、始めからお終いまで完走した連続テレビ小説となっていた次第。

さて、本書は上記ドラマの原作。
以前から読んでみたいと想っていたんですけれど、なにしろドラマの印象があんまり強烈でしたからね。 本の方は、暫くの間、意識して遠ざけていたんです。
先日図書館の書棚に見付けたのを機会に、もうそろそろ大丈夫カナ(?)と想い、手に取ってみました。

        ▽▲▽▲▽▲

連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」のファンであった私がこの原作を読んでまず想ったのは、違和感ってものを殆ど感じさせられないということ。
あのドラマは(当たり前のことかもしれませんけれど)実に好く考えられ、そして練られ、なにより原作に忠実に造られていたんですね。
今更ながら、ドラマの出来の好さに感服しました。

布枝さんの幼年期から現在までを描く本書ですが、ジリ貧を極めた新婚時代~雑誌デビューの時代が中でも印象的でした。
とにかくお金では苦労させられた。
スケジュールがキツくなると布枝さんが即席のアシスタントとなって、夫婦して机を並べてマンガを描くこともあったとか。
経済的にお先真っ暗で、いつもドタバタして、それなのに何故だか明るく振舞えた時代でした。
著者も、その当時のことを懐かしがっておられます。
私もまた、ドラマの中でそんなジリ貧時代を描いた回が取り分け好きでした。
イカン、イカン! 原作の話しがしたいのに、どうもドラマの話しになってしまいますね。

本書全体を通して感じるのは、布枝さんという人は極々平均的な、昭和の主婦の一人であるということです。
なにか突出した処とか、特にあるわけでもない(マンガ製作の力になるわけでなし、水木プロの運営をサポートする実務家でもなし)、あくまでひとりの主婦。
慎ましく淡々とした筆致から、その人柄が伝わってきます。

縁あって嫁いだ相手が偶々漫画家だった。 それも、「水木しげる」という空前絶後の人であった。
「ゲゲゲの女房」は、そんな一主婦の視点で描かれた昭和史です。
 
 
 
   ゲゲゲの女房 (NHKの連続テレビ小説)
   ゲゲゲの女房 (貸本漫画家時代) (NHKの連続テレビ小説)
   ゲゲゲの女房 (貸本漫画家時代) (NHKの連続テレビ小説)
 
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 09, 2012

2012 夏の甲子園 常葉橘

  
 
倫敦五輪が連日の話題をさらっていますけれど、こちらも忘れちゃイケマセン。
日本の夏の風物詩、高校野球の甲子園大会。
第94回となる今年も、炎天の下、球児たちが連日熱戦を繰り広げています。

我が常葉学園高校(静岡)はその初日、開会式後の第一試合において福井工大福井(福井)と対戦しました。
私も、試合途中からラジオで応援しました・・・・が、聴き始めた時点で既にリードを許しているるぞ! ガンバレ橘!!

試合中盤から常葉橘の追い上げを見せたものの、健闘むなしく4対2で敗退です。
残念無念! 今一歩力及ばずでしたね。
しかし、今年も好く闘ってくれました。
橘球児諸君、おつかれさま!
 
 
 
 
 2010 夏の甲子園 常葉橘     (2010年8月8日)
 祝甲子園出場 常葉学園橘高校 (2010年7月27日)

 熱闘3回戦 常葉学園橘高校   (2009年8月21日)
 祝2回戦突破 常葉学園橘高校  (2009年8月17日)
 祝初戦突破 常葉学園橘高校   (2009年8月11日)

 祝優勝常葉菊川高校        (2007年4月7日)
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 02, 2012

さいたま新都心

 
 
仕事のため「さいたま新都心」まで往って参りました。
ここって、津田沼からだと結構遠いんですよね。 なのでこの日は、想いっ切り朝早くに起床しまして、JR津田沼駅からJRさいたま新都心駅まで移動しました。

このところすっかり出不精になっていて、そもそも千葉県内から出るってことをしない私。
埼玉県へと立ち入るのは、本当に久々のことです。
もう、堪らなく懐かしかったですよ。

昔から各地を転々と移り住んでいる漂泊民の私ですけれど、一時期浦和市(当時)内に居住していたことがあります。 おおよそ5~6年間くらいに及ぶでしょうか。
ですからこの界隈には、相当の想い入れがありまして。

途中、京浜東北線の車窓から眺めた浦和駅周辺の景色は、自分の記憶とはかなり違っていました。
なにしろ私が浦和から離れて、もう随分と経ちますからね。 辺りの佇まいが一変しているのは無理ないんですけれど。
でも・・・・やっぱり、切ないものがあります。

今回初めて降り立ったJRさいたま新都心駅も、それから本日の目的地がある「さいたま新都心」も、どちらも私が住んでいた当時は未だ存在すらしていませんでした。
ですから、私としては眼にするもの全てが新鮮ですし、当地を離れてから流れた歳月を(じみじみと)実感させられますね。

取り分け、今回仕事で訪れた駅西側の一帯は、巨大で先鋭的なデザインの建築物が立ち並んでおり、未来都市みたいな様子になっちゃってますよ!
そんなビル群をキョロキョロ見上げながら、本日の目的地へと向かって歩く私。
ホント、浦島太郎ですね。

さて、仕事の方は意外に早く終える事が出来ました(滅茶暑かったけれど)。
帰りも未来的でカッコ好いデザインのさいたま新都心駅から、上りの京浜東北線に乗り込んだんですけれど、折角の機会なんだから、もうちょっと界隈の未来都市ぶりを見物してゆくべきであったか。
 
 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« July 2012 | Main | September 2012 »