« June 2012 | Main | August 2012 »

July 28, 2012

デンデラ

 
 
デンデラ
 
 
    佐藤友哉 著
 
 
        2009年   新潮社
 
 
 
※ ある年齢に達した者は例外なく「お山」に入らねばならぬ寒村(おそらくは東北の)。
そうして村から捨てられた者の内、密かに生き延びた女たちが山中に「デンデラ」と呼ばれるコミュニティを造り、人知れず暮らしていました。
但し、そこへ集まる女らの思惑は様々・・・・このままデンデラで暮らしを立ててゆこうという者。 自分らを捨てた村への憎しみを断ち切れぬ者。 そして生き永らえるのを潔しとせず、極楽浄土を希求する者も。
 
 
「デンデラ」は、いわゆる姥捨て山伝説を素材にした話しです。
姥捨て山というと、私など静謐で哀れなイメージを持っていたんですけれど、でもこれが、想いっきり壮絶でエネルギッシュで、そのうえエグイ(!)ストーリーでした。
 
登場人物はデンデラの住人たち。 50人からなるお婆ちゃんたちなわけですけれど、姥捨て山の女たちというよりは、往年の学生運動の闘士(それも相当ラジカルな)らででもあるかのような言動・・・・第一、共同体とはいっても内部はセクトに分かれ、各々が対立して根強い相互不信を抱いている・・・・とてもじゃあないけれど、山里のお婆ちゃんたちのすることじゃないですよ。

その上、その言葉遣いやら会話の内容、そして振る舞いなどは、とても歳を経た、まして女性のそれではありません。
一人ひとりの名前も、性名(フルネーム)で呼び交わすなど、わざわざ現実味を失わせ、共感を寄せ難くしてあるかのようです。
もう、リアリズムとは正反対の方向ですね。

むろんこういった、ある種とっつきの悪さは、著者の計算の内と想いますけれど。
ともあれ、読み進める程に激しい違和感を受けました。 (すっかり著者の手の内?)
東北の寒村とか、高齢の女性、山中での共同生活といった諸設定は、その一々が何らかのメタファーではないかしら?・・・・なんて想わせられます。

初めから三分の一くらいまでは夢中で読みました。(文章がとっても旨い!)
それが中盤以降はシビアな展開に突入。 これでもか、これでもかと続くエグイ描写には、もう付いてゆけないという方が少なくないと想います。 (だからしてこの小説、万人におススメとは決して言えません)

けれどもアクションの描写、スピード感は(エグイ分だけ)凄いものがあります。 オーバー70のお婆ちゃんたちとはとても想えない行動力、そして戦闘能力(!)。
なにより彼女らの死生観には(誰しもが一旦は死を覚悟してデンデラへと辿り着いただけに)有無を言わさぬ重み/凄みがありました。

さて、私がこの小説を(その不条理性も含めて)充分愉しめたかっていると・・・・いや、微妙なところですねぇ。
ワタクシ、持って任じていた程は、適応力/受容力を持ち合わせていなかったってとことか。
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 22, 2012

第十回津田沼ふれあい夏祭り

 
 
夕方近くなって、JR津田沼駅北口から新京成新津田沼駅の側へと歩く途中、山車の一隊(お囃子も賑々しく)に出くわしました。
そうでした! 今日はお祭りなんですね。

地元、津田沼一丁目商店会主催の「八坂神社祭礼 第十回津田沼ふれあい夏祭り」。
すっかり失念しておりました。

津田沼一丁目公園(イトーヨーカドー向かい)にはステージが造られ、屋台も出張って、中々賑わっている様子。
生憎の曇り空でちょっと肌寒かったですけれど、雨に降られなくて何よりでした。

私は・・・・公園付近まで往ってはみたんですけれど、機を逸したの感があって、なんか今ひとつノリ切れず、結局スルーしちゃいました。
あちこちのぞいてみて、愉しんで来れば好いのにね。

我ながら、このところ何かと好奇心が衰えて来ている、というか、すっかりメンドクサがりになっちゃってますね。
あんまりイイ傾向とは言えません。
 
 
 
 
 
_20120709_1
 
画像は、梅雨明け前に柏市内で撮ったジギタリス。
 
 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

July 16, 2012

ああ、堂々の自衛隊

 
 
ああ、堂々の自衛隊
 
   --- PKO従軍奮戦記 ---
 
 
  宮嶋茂樹 (著)
  勝谷誠彦 (構成)
 
 
     1993年   クレスト社
 
 
以前に読んだ「不肖・宮嶋 南極観測隊ニ同行ス」。 これがなかなかケッサクな内容で楽しめました。 で、宮嶋さん他にはどんな本を書いているのかと想い、図書館で捜し当てたのがこの本です。

「不肖・宮嶋 南極観測隊ニ同行ス」で宮嶋さんの参加した第38次南極観測隊(1996年)よりも3年前のこと。 宮嶋さんは、国際連合平和維持活動(PKO)の一環としてカンボジアへ派遣された自衛隊へ同行取材しました。

コトの現場に(後先ロクに考えもせず!)飛び込んで、体当たり取材を敢行してのける無手勝流なスタイルはカンボジアでも同様。
不肖・宮嶋のルポタージュ作品としては、これがもっとも初期の仕事ということになるのでしょうか。
あのケッサクな文体。 壮士ぶって矢鱈滅多らと仰々しい物言いも、この時点で既に確立していたんですね。
現場目線でPKOを見詰めた結果、大手マスコミの報道とは一線を画したルポに仕上がっています。

さて、本書はPKO関連書籍ということになるんでしょうけれど、当時の政治的背景などについては殆ど触れられていないですね。
それよりも、派遣される自衛隊員らの、輸送艦に乗り込み慣れぬ外洋の荒波に揉まれながら海路カンボジアへと向かう姿。 それから、カンボジアの酷暑に耐えつつ進められた道路工事(現地での主たる任務がこれ)、タケオ基地での暮らしぶり(そしてそれを追い駆けるフリーカメラマンのズッコケ取材ぶり)などなどをコミカルに描いています。

人間観察やシモネタ系への飽くなき好奇心、そしてなにより反骨精神に満ち満ちた記事のオモシロさは南極観測隊の取材時と同様。 不肖・宮嶋、(世界中どこへ行こうと)健在でした。
兎にも角にも現場の空気感。 なによりそれが、濃厚に伝わって来る一冊です。
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2012

運転免許証を更新しました

 
 
今回の更新手続きは地元の船橋警察署で行いました。

ここは、私が津田沼の地に越して来て未だ間もない2006年の12月に、住所変更の手続きをした場所でもあります。
あれから、もう6年近くも経つんですね。
前回訪れた際と同様JR東船橋駅から警察署へと向かう道々、街の風景の、記憶とはあちこち微妙に異なる様を眼にして、いろいろと感慨がありました。

警察署での更新手続きそのものは簡単に済んだんですけれど、でもそれだけでは終わらなかった。
後日改めて「優良講習」(私、ペーパードライバーなんで免許証だけはキレイなんです)ってのを受けなければならなかったんです。
簡単には済ませられないモンなんですね。 あ~、メンドクサイ!

        ▽▲▽▲▽▲

と言うわけで、船橋警察署において運転免許証の更新手続きを済ませた約一ヵ月の後、今度はJR船橋法典駅に降り立った私です。
優良講習の会場は、この駅から暫く歩いたところの市川自動車教習所。

なかなか歴史のある教習所のようで(現在50周年キャンペーン実施中!)建物も、如何にもそんな感じ。 こういう場所、ワタシ好みです!
早目に着いて待っていると、私と同様10時からの回に受講すると思しき人々が三々五々集まって来ました。

講習とはいっても、きっとビデオを見せられて、はいオシマイ。 くらいに考えていたんですけれど、これが本当のホントに(!)立派な講習でした。

内容は、主として近年改正された交通法規について。
そして、日常見落としがちな交通安全あれこれ。
講習参加者の中には、私と同様ハンドルを握らなくなって久しいペーパードライバーも居られるでしょうから、これはとってもありがたい内容ですね。

講師を務めたのは年配の女性。
小柄で楚々として、声は控えめ。 至って地味な服装に、言葉も丁寧で、決して押し出しを効かした風ではありません。

けれども、その存在感はバツグンでした。
言葉の繋ぎ方、抑揚、間の置き方など、いずれも素晴らしく。
もはや<話芸>の域に達している、と申し上げてもあながち過言ではないかと。

皆さん、粛然と聞き入っておられましたし、講習の内容にさほど興味を持たず(おい)臨んだ私も、語りそのものが素敵で、ついつい耳を澄ませていました。
次回の免許更新時、私が未だ当地に住んでいたならば、是非とも受講をお願いしたいところであります。
 
 

| | Comments (7) | TrackBack (0)

« June 2012 | Main | August 2012 »