« 春愁 (駄文) | Main | 津田沼散歩・北習志野駅まで »

April 28, 2012

火車

 
 
火車
All She Was Worth
 
 
   宮部みゆき 著
 
 
     1992年   双葉社
 
 
また、宮部みゆき作品です。

以前私の読んだ宮部作品「ブレイブストーリー」。 ファンタジー/RPG世界を題材にしたあれとは違い、こちらは長編ミステリーです。
当時社会問題としてクローズアップされ始めたカード破産/自己破産を取り上げた、つまり全く毛色の異なる小説ではありますけれど、読んでみてやはり宮部作品に間違いなしと納得させられたのです。

        ▽▲▽▲▽▲

主人公は職務中に怪我を負い、現在は休職/リハビリ中の刑事。
妻を亡くし、未だ幼い息子との二人暮らしながら、隣人や同僚に恵まれ、その私生活は慎ましくも、なかなかに豊かです。
小説の主人公としてはあまりにも特徴に乏しい地味な中年男ながら、本人及びその周辺がとっても魅力的に描かれている。 この筆者ならではのこういった筆致、リアルで共感し易いです。

さて、小説の語り口は巧みですけれど、次第に解き明かされる設定は結構複雑で、読んでいてちょっとアタマが疲れちゃいました。 (オレって、やっぱりこういう小説は向いてないのか?)
ミステリーとして、諸々の設定やら因果関係などが精緻に積み上げられている、という感じがあんまりしないんですね。 ちょっとばかり脇が甘い(あくまでミステリーとして見た場合)というのか。
だから、ちょっと読み難いと感じるのかもしれません。

        ▽▲▽▲▽▲

他人に成り代わろうとして、姿を消した女の足跡を辿る主人公。
この女というのが、なかなか正体を現しません。 その動機は? そして手口は?
それでも、長く地道な捜査を通じて、少しずつ、少しずつ姿を見せ始めるんですね。
こうして追跡行も遂に終盤へと来たくだりの高揚感と感傷!
その情念の奔流は・・・・感動的です!!(ラストのこういう展開のさせかたは、以前に読んだ「ブレイブストーリー」と似た感じですね)

一編の物語のこうした幕の引き方は、ミステリーとして少しばかり唐突かもしれないけれど、私は好きだな。
 
 

|

« 春愁 (駄文) | Main | 津田沼散歩・北習志野駅まで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/54582076

Listed below are links to weblogs that reference 火車:

« 春愁 (駄文) | Main | 津田沼散歩・北習志野駅まで »