« 憑神 | Main | あれから一年 »

March 05, 2012

A線をスピロコアに換えた件

 
 
こないだの日曜。
所属オケの練習に出掛ける直前になって、A線を切ってしまいました。
ええ、自宅でチューニングしているさなか、ペグをキコキコ回したらブチッ!ですよ。

私、弦ならばこれまでに何本も切ってきました(前回は2005年にG線を・・・・)けれど、久しぶりにやらかすと流石にビックリします。
ここ暫く、こと弦に関してノートラブルを通して来れたんですけれど、いえそれだけに、気が弛んでいたんでしょうね。

生憎なことに、私はスペアの弦を所有していませんでした。(この点もまた気の弛みなり)
ともかく、このままでは、今日これからある練習に参加することが出来ません!
オケの練習が始まるまで、あと一時間もないんですけれど。 ダイジョーブなのか?

        ▽▲▽▲▽▲

私は、自宅から練習会場へと向かう途上にある楽器屋さんに立ち寄って、弦を買い求めることにしました。
この近所にあってチェロの弦を扱っていそうなお店・・・・ということで、咄嗟に思い当たったのは二店。

まず訪れた石橋楽器津田沼店は、駅の南口傍にあります。
ここは表通りに面した一階に店を構えているので、チェロケースを担いだ身にも入り易いのです。
しかしこのお店、チェロの弦は取り扱っていないんですと。 折角訪ねたというのに、がっくりです。

でも、このくらいで諦めるわけにはゆきません。
なにせ演奏会間近だし、今回の曲目は難曲にして長大と来ていますからね。
早く買ってさっさと練習会場に行かなくちゃ。
気の急く中(練習はじまっちゃう・・・・)、今来た路を取って返して、駅北口近くの島村楽器津田沼パルコ店へ。
このお店って、パルコA館の五階にあるんですよね。 チェロケース担いで、場違いな感じを味わいながら楽器売り場まで。
ここにありましたよ、チェロの弦!
助かった。 これで練習に参加出来ます!

        ▽▲▽▲▽▲

本来であれば、ここは弦メーカー各社の造る数多の製品中から好く吟味して、一番自分に合った弦を選んでみたいところですけれど、生憎の手元不如意ゆえ、その場にある中で一番廉かったスピロコアのA線 (SPIROCORE、CELLO a、MEDIUM、SPIRAL CORE、CHROME WOUND) を購入。

ハイ、一々考える余裕もなく、価格だけで選びました。
我ながら余程テンパッテたんだな。
だってねぇ、チェロの弦ってとってもとっても高いのですよ!
会計を済ますと、あれこれ惑うヒマもなく、練習会場へと急ぎました。
(あわわ、もう練習の時間・・・・)

        ▽▲▽▲▽▲

ちなみに、これまでマイ・チェロに張っていたのはA線、D線がヤーガーで、G線、C線がスピロコアという定番のラインナップ。
このスピロコアに関しては、ネットで検索してもG線、C線の使用例ばかりで、A線に関する情報を見つけることが出来ませんでした。
Aに張る弦として、やはり一般的ではないんでしょうかね。(島村楽器で廉かったのも、そのせいでしょうか?)

さて、実際に張って弾いてみると、これまで愛用していたヤーガーに比べると、大分素っ気無い感じがしますね。
艶がない、とでも言いますか。
パワー感にも、欠けるかなぁ。
それからノイジーなのも結構気になります。 ってこれについてはコントロール仕切れない自分が悪い?

A線に張る弦としてはレアなスピロコアを選んだマイチェロ。
何のかの言っても、当面はこれで行くしかありません。
演奏会はもうすぐです。
 
 

|

« 憑神 | Main | あれから一年 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/54150381

Listed below are links to weblogs that reference A線をスピロコアに換えた件:

« 憑神 | Main | あれから一年 »