« 津田沼献血ルーム | Main | みっしょん・いんぽしぶる »

January 12, 2012

バッテリー

 
 
バッテリー
  
 
    あさのあつこ 著
  
  
          1996年
  
  
この小説にはヤラれちゃいましたよ。
なぜって、これがモノスゴク読ませる内容だったから。

あのぅ、これってホントに児童文学の範疇に入るんですか?
でもそれにしては、思春期の少年の心理描写の深さ、表現の練られ方の巧みさなど、素晴らしい充実振りですよ。
あさの作品はこれが初読の私ですけれど、男の子の世界を繊細に描き切る著者の力量には、並々ならぬものを感じましたね。

スター野球選手の少年時代はかくや、と思わせる主人公(抜群の身体能力を誇る野球少年)の真に迫った生活描写。
そのお陰で周囲の男の子たちや、なにより大人たちとの相克が活きていますね。

主人公は野球少年なのに、お話しの方は家族との関係やチームメイトとの出会いを中心に進むばかりで、試合のシーンがありません。 けれど、それでいて物足りなさを少しも感じないのは、純粋さと不安とを抱え込んだ思春期の少年を描く、著者の筆致の暖かさ故。

マウンドに立たせれば天下無敵の強靭な身体に宿る、おっそろしくデリケートな心。
時になにもかも、ぶち壊してしまいたくなる衝動と闘う、ガラスの十代です。

短い小説ですけれど内容は濃く、満足度はとても高かったです。
ところで、これでまだ主人公らの春休みの数日を描いただけなんですよね。 この続き、是非とも読んでみなきゃなりません。
 
 

|

« 津田沼献血ルーム | Main | みっしょん・いんぽしぶる »

Comments

野田改造内閣発足 24日からの通常国会に向け週明けから本格始動へ
897662

Posted by: 野田改造内閣発足 24日からの通常国会に向け週明けから本格始動へ_201870 | January 13, 2012 at 11:59 PM

こんばんは~
 あさのあつこさんは、好きな作家さんの一人です。
これは未読なんだけど、今度探してみますね。
これも、確か映画化されましたよね。わたし観てないけれど。
面白そうですねhappy01

Posted by: みい | January 17, 2012 at 07:55 PM

>みいさん

お、既にあさのさんのファンでしたか!(^ァ^)

いやぁ、「バッテリー」には驚きました。
登場人物の(小学生の弟から友人たち、両親、そして祖父まで)誰もが生き生きとして魅力的。
これはも、大人を十分唸らせるレベルの逸品ですね。

私はこの「バッテリー」の続きを、これからゆっくり追いかけてみようと目論んでいます。

Posted by: もとよし | January 17, 2012 at 09:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/53720855

Listed below are links to weblogs that reference バッテリー:

« 津田沼献血ルーム | Main | みっしょん・いんぽしぶる »