« バッテリー | Main | 続・座頭市物語 »

January 17, 2012

みっしょん・いんぽしぶる

 
 
皆さん、今年の風邪は長引きますよ~! ご注意下さいませ!!
私も、職場で貰って来たのが(もう一週間以上前のことになりますけれど)しつこかったです。
罹って四日目にして漸く治りかけ・・・・と想ったらこれが後引くこと!
完治するまで大変でしたけれど、それも今日の午後に至って漸く本復です。 ふぅ。

        ▽▲▽▲▽▲

そんな、長引く風邪を未だずるずる引き摺っていた先日のこと。
無性に甘いものが喰いたくなってしまって、近所のイオンに出掛けた私は、のんきにカリントウなんぞを買い求めたワケです。
で、拙宅に戻ると、ドアには無情にも鍵が!
どうやら、私がイオンで買い物をしている間に家人が(ドアに施錠して)出掛けてしまったようです。
私、締め出されちゃいました!

あ~ぁ、やっちゃったよ!
迂闊にも、財布の外なんにも持たずに出た私です!
我ながら、お休みモードに入っていて、すっかり油断していたんですね。
鍵も、ケータイも家の中。
つまり、玄関の扉は開かないし、救援も呼べないという状況です。

家人の帰りは、相当遅くなる予定・・・・・多分、向こう5時間程度は戻らないものと想われます。
え~! 寒風の中、玄関先で帰りを待つしかないのかよ?
自らの置かれた極めてシビアな状況を認識する間、私はその場で何秒か固まっちゃいました。

さあ大変だ、どーしようって、あれこれ途方に暮れながら、気が付いたんですけれど・・・・
見れば窓(二階)が開けたまんまのようです。 なんだ、施錠し忘れじゃん!
と言うワケで、二階によじ登って、窓から屋内に入ってやることにしました。

でも、果たして俺に出来るんだろうか?
第一、この歳になってそんな子供みたいな真似して、とか、この期に及んでウジウジ躊躇っちゃうワケですよ。
そうは言っても、このまま外に居たら風邪が悪化するのは必定。 背に腹は替えられません。 やるしかないって!

まずは壁の配管に取り付き、身体を持ち上げて、次に隣家の窓枠に脚を掛け(ゴメンナサイ)てと。
お~、結構キツイです。 身体が重い~。 それに、もう少し手足が長いとイイんですけれど。
あちこちに手掛かり、足掛かりを見つけつつ、もう強引によじ登りました。
こんなコトしてて、ご近所から泥棒(にしては、あまりにも不器用ですけれど)と間違えられなきゃ好いけど。
さて、ようやく二階の窓枠に手が、そして脚が屋根の端に掛かって、オッケー! 二階の窓から、我が家に帰宅成功です!
これ以上、風邪をこじらせることなく済みました。

それにしても、私なんかが窓から入って来れるとはねぇ。
我が家のセキュリティの甘さ。 図らずも露呈してしまいました。
件の窓は、忘れず厳重に施錠するようにしたのは言うまでもありません。

ところで、この侵入劇から一両日程経ってから、左側のお尻(!)が酷い筋肉痛に罹りました。
無我夢中で壁をよじ登っている最中、日頃は使っていない部位の筋肉を、余程酷使したんでしょうねぇ。
ケツが思いっ切り痛いです。(涙)
 
 

|

« バッテリー | Main | 続・座頭市物語 »

Comments

思わず笑ってしまってごめんなさいcoldsweats01
お大事に。
こんな合鍵の隠し方もあります。(お店の回し者ではありませんsweat01
http://item.rakuten.co.jp/drugfrontier/854/

Posted by: | January 17, 2012 at 11:30 PM

>Guckiさん

そうでした! こんな時のために、あらかじめ合鍵を隠しておくって手がありましたね。
自分の性癖を考えると、この先また同じことをやらかしそうだし。(爆)
何事も、転ばぬ先の杖! であります。

早速、検討してみようと想います。 ご紹介ありがとうございました。
(それにしても、またなんとリーズナブルな (^ァ^))

Posted by: もとよし | January 18, 2012 at 09:23 AM

あはは・・・わたしも思わずcoldsweats01
風邪ぶり返さなくてよかったです^^。
こういうことってあるんですよね。
お気をつけて!

でも、泥棒さんに間違われなくてよかったcoldsweats01

Posted by: みい | January 18, 2012 at 10:30 AM

うわ~、 まるでトム・クルーズだhappy01
まだまだお若いもとよしさんですね。
我が家もそんなことがありました。夫が物置に居ることを知らずにカギをかけて外出。3時間ほどして帰ったら、ご近所の家から夫が。。。ご近所を2軒ほど渡り歩いてお茶をご馳走になっていたとか。
夫が普段ご近所と仲良くしていたことが役に立ちました。

締め出されたのが私だったらこうはいきません。

Posted by: おキヨ | January 18, 2012 at 01:03 PM

私も同じ経験ありますよ。
ホントに困った。
幸い、近くに母親がいたので開けてもらえましたが(笑

そうでなかったら、どうしよう、と思いました。
特にもとよしさんも場合、風邪もめされていたわけですから大変でしたよね。

>左側のお尻(!)が酷い筋肉痛に罹りました。
おっしゃる通り、必死だったんですよ(笑
でもこんな状況じゃ、必死にもなりますよね。

Posted by: 晴薫 | January 18, 2012 at 09:01 PM

>みいさん

ありがとうございます。
幸いにも、通報はされなかったようです。(^^ゞ
でも、傍から見ればドロボーさんですよね。
日頃からの、ご近所とのお付き合いが大切と、痛感致しました。(^^ゞ

Posted by: もとよし | January 19, 2012 at 12:39 PM

>おキヨさん

さすがはおキヨさんのご主人!!
ご近所の人気者ですね。(笑)

私には全く足りないスキル。(^^ゞ
そういう人に、憧れちゃいます。

Posted by: もとよし | January 19, 2012 at 12:39 PM

>晴薫さん

あらまぁ、晴薫さんまで。(^^ゞ
ホント、途方に暮れちゃいますよね。(^^ゞ

筋肉痛になるくらいの運動をしたってことは、我ながら結構テンパッテたんでしょうね。(^^ゞ
この時ばかりは、普段なら出せないレベルの力が使えたのかも。 人間の身体の面白さってところでしょうか。(^^ゞ

Posted by: もとよし | January 19, 2012 at 12:45 PM

お疲れ様でした。
怪我しなくてよかったですね。

でもこの状況、焦りますよね (^_^;)

Posted by: クウ | January 19, 2012 at 09:34 PM

>クウさん

ありがとうございます。(^ァ^)
後から考えると、我ながら、よくも登ってみようって気になったモンと思います。(^^ゞ
それにしても、屋根から落っこちなくてホントにヨカッタ!(爆)

Posted by: もとよし | January 20, 2012 at 09:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/53761143

Listed below are links to weblogs that reference みっしょん・いんぽしぶる:

« バッテリー | Main | 続・座頭市物語 »