« December 2011 | Main | February 2012 »

January 30, 2012

空中ブランコ

 
 
空中ブランコ
 
 
    奥田英朗 著
 
 
        2004年  文藝春秋
 
 
 
    ・空中ブランコ
    ・ハリネズミ
    ・義父のヅラ
    ・ホットコーナー
    ・女流作家
 
 
それぞれ主人公を異にする連作短編集です。

どのお話も、まずは主人公(サーカスの空中ブランコ乗り、ヤクザ、医者、プロ野球選手、女流作家)の充実した仕事ぶりと、その悩み/行き詰まりの顛末を克明に描いて読ませます。(もうここまでで、掴みは充分!)

各々の不調は、おそらくは精神的なところから来ているものと当たりを付けた主人公ら。 迷いぬいたあげくに神経科医の伊良部先生を訪ねるわけですが・・・・

どのお話も、みんなワンパターンな展開ですけれど、それがとっても可笑しかったです。
個々のストレスや想い込みから深刻なスランプに陥ってしまう辺り、誰にもありそうで共感を得易いですしね。

さて、こうして主人公らを治療することになる伊良部先生ですが、なにしろ滅法奇態な人物で、何を仕出かすか判りません。
いつも患者を振り回したり、煙に巻いたりで、まったくもって油断がならない。
でもそれが、不思議と荒療治として成り立っていて、結果として治癒につながるんですから、判らんモンです。 とんだ名医であります。

型破りな医師が活躍する小説/ドラマというと・・・・赤ひげとか、BJとか・・・・まだまだ他に幾らもいそうですね。
でも太っちょで、まるで子供みたいな言動、人の迷惑顧みない超マイペースの神経科医っていう、この設定は新しいな。

どの患者さんも、それまで順調にキャリアを築いてきたものが、心因的な問題でダメになってしまう。
その原因を探ってゆく過程(伊良部先生に翻弄させられながらも)というのはすなわち、今一度自分自身と対峙すること、長年仕事一筋に生きて来たオノレを顧みてみることでもあります。
笑わせるだけじゃあなしに、ハッとさせられる部分もあって、これは中々に奥の深いドラマです。

粋な、さらりと軽いテイストとギャグを愉しむことが出来ました。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 25, 2012

津田沼散歩・谷津干潟、冬

  
 
_20120125_1
 
 
時間が取れたので、歩いて谷津干潟まで往って来ました。
なにせ、こないだの健康診断で、なるべく運動するようにって指導を頂いて来てますからね。

出掛けに、昔から持っている双眼鏡を捜したんですけれど、これが行方不明。
滅多に使わないもんだから、どっか奥の方に仕舞い込んだままとなっているようです。
ま、しょ~がないか。 よって本日は、肉眼が頼りの探鳥行也。

冬日和の谷津干潟は、ひたすら長閑です。
野鳥は、あまり見付けられなかったんですけれどね。

枝から枝へ、元気好く飛び回るオナガの群れ。
ぷかぷかと、水面に浮いたヒドリガモにオナガガモ。
長~い脚で浅瀬を歩き廻るセイタカシギ。 ふわり飛び立って、また降りて来る姿もエレガントです。 彼らをウォッチ出来たのが今回一番の収穫!

それにしても寒いですよぉ・・・・
ここ数日は、特に冷え込みが激しいですし。
晴れてはいるものの、未だあちこちに雪も残っています。
とにかく身体を動かしていないと寒くてかなわんですからね。 一々立ち止まったりせずに、ずんずん歩く、あるく、歩く。
歩いていれば暖まるし、何より日向を往く時など、背にポカポカと陽射しの暖かさを感じられるのが、もう堪らン!
冬鳥も好いですけれど、やっぱり、春よ来い!!であります。
 
 
  
_20120125_4
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

January 21, 2012

続・座頭市物語

 
 
続・座頭市物語
The Return of Masseur Ichi
 
 
   1962年  日本
 
 
監督 :森一生
出演者:勝新太郎
    城健三朗(若山富三郎)
 
 
勝新一代の当たり役。 座頭市シリーズの第二作目です。

舞台は前作と同じく下総。
飯岡助五郎と笹川繁造との抗争、そして平手造酒との決闘で終わった前作から、丁度一年経った頃のお話しです。

座頭市のスピード感溢れる殺陣は一層の冴えを見せ、モノクロ映像で綴られた重厚な演出/空気感も健在です。

ただ、前作「座頭市物語」の、あの素晴らしさには、いささか及ばないな、というのが観終えての率直な感想です。

今回のゲストスターは若山富三郎さん。
ガタイの好さを活かした骨太の役作りが、ここでは裏目に出てている気がしますね。 なんだかモッサリした感じになってしまって。

この映画ではその若山VS勝新の兄弟対決が呼び物になるわけですけれど、私にはここが、ちょいとばかり物足らない。
宿命的な対決へと至るまでのプロセスが、どうにもスラスラと進み過ぎている気がして。
例えば前作にあった、座頭市と平手造酒との出会いと交誼、そしてそこから決闘へと至る顛末。 ああいった木目細やかな描写が、もっとあれば好いのにと、想ってしまいます。

やはり、あの一作目「座頭市物語」と比べてしまうと、お座なりに撮られ、小品に留まったの感が、どうしてもありますね。

そうはいっても、座頭市の過去や飯岡助五郎とのその後を描いてくれているのは素直に嬉しかった。
腰をすえて愉しむことの出来た一本でした。
 
 
 
     座頭市物語 (1962年)  シリーズ一作目
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 17, 2012

みっしょん・いんぽしぶる

 
 
皆さん、今年の風邪は長引きますよ~! ご注意下さいませ!!
私も、職場で貰って来たのが(もう一週間以上前のことになりますけれど)しつこかったです。
罹って四日目にして漸く治りかけ・・・・と想ったらこれが後引くこと!
完治するまで大変でしたけれど、それも今日の午後に至って漸く本復です。 ふぅ。

        ▽▲▽▲▽▲

そんな、長引く風邪を未だずるずる引き摺っていた先日のこと。
無性に甘いものが喰いたくなってしまって、近所のイオンに出掛けた私は、のんきにカリントウなんぞを買い求めたワケです。
で、拙宅に戻ると、ドアには無情にも鍵が!
どうやら、私がイオンで買い物をしている間に家人が(ドアに施錠して)出掛けてしまったようです。
私、締め出されちゃいました!

あ~ぁ、やっちゃったよ!
迂闊にも、財布の外なんにも持たずに出た私です!
我ながら、お休みモードに入っていて、すっかり油断していたんですね。
鍵も、ケータイも家の中。
つまり、玄関の扉は開かないし、救援も呼べないという状況です。

家人の帰りは、相当遅くなる予定・・・・・多分、向こう5時間程度は戻らないものと想われます。
え~! 寒風の中、玄関先で帰りを待つしかないのかよ?
自らの置かれた極めてシビアな状況を認識する間、私はその場で何秒か固まっちゃいました。

さあ大変だ、どーしようって、あれこれ途方に暮れながら、気が付いたんですけれど・・・・
見れば窓(二階)が開けたまんまのようです。 なんだ、施錠し忘れじゃん!
と言うワケで、二階によじ登って、窓から屋内に入ってやることにしました。

でも、果たして俺に出来るんだろうか?
第一、この歳になってそんな子供みたいな真似して、とか、この期に及んでウジウジ躊躇っちゃうワケですよ。
そうは言っても、このまま外に居たら風邪が悪化するのは必定。 背に腹は替えられません。 やるしかないって!

まずは壁の配管に取り付き、身体を持ち上げて、次に隣家の窓枠に脚を掛け(ゴメンナサイ)てと。
お~、結構キツイです。 身体が重い~。 それに、もう少し手足が長いとイイんですけれど。
あちこちに手掛かり、足掛かりを見つけつつ、もう強引によじ登りました。
こんなコトしてて、ご近所から泥棒(にしては、あまりにも不器用ですけれど)と間違えられなきゃ好いけど。
さて、ようやく二階の窓枠に手が、そして脚が屋根の端に掛かって、オッケー! 二階の窓から、我が家に帰宅成功です!
これ以上、風邪をこじらせることなく済みました。

それにしても、私なんかが窓から入って来れるとはねぇ。
我が家のセキュリティの甘さ。 図らずも露呈してしまいました。
件の窓は、忘れず厳重に施錠するようにしたのは言うまでもありません。

ところで、この侵入劇から一両日程経ってから、左側のお尻(!)が酷い筋肉痛に罹りました。
無我夢中で壁をよじ登っている最中、日頃は使っていない部位の筋肉を、余程酷使したんでしょうねぇ。
ケツが思いっ切り痛いです。(涙)
 
 

| | Comments (10) | TrackBack (0)

January 12, 2012

バッテリー

 
 
バッテリー
  
 
    あさのあつこ 著
  
  
          1996年
  
  
この小説にはヤラれちゃいましたよ。
なぜって、これがモノスゴク読ませる内容だったから。

あのぅ、これってホントに児童文学の範疇に入るんですか?
でもそれにしては、思春期の少年の心理描写の深さ、表現の練られ方の巧みさなど、素晴らしい充実振りですよ。
あさの作品はこれが初読の私ですけれど、男の子の世界を繊細に描き切る著者の力量には、並々ならぬものを感じましたね。

スター野球選手の少年時代はかくや、と思わせる主人公(抜群の身体能力を誇る野球少年)の真に迫った生活描写。
そのお陰で周囲の男の子たちや、なにより大人たちとの相克が活きていますね。

主人公は野球少年なのに、お話しの方は家族との関係やチームメイトとの出会いを中心に進むばかりで、試合のシーンがありません。 けれど、それでいて物足りなさを少しも感じないのは、純粋さと不安とを抱え込んだ思春期の少年を描く、著者の筆致の暖かさ故。

マウンドに立たせれば天下無敵の強靭な身体に宿る、おっそろしくデリケートな心。
時になにもかも、ぶち壊してしまいたくなる衝動と闘う、ガラスの十代です。

短い小説ですけれど内容は濃く、満足度はとても高かったです。
ところで、これでまだ主人公らの春休みの数日を描いただけなんですよね。 この続き、是非とも読んでみなきゃなりません。
 
 

| | Comments (3) | TrackBack (0)

January 11, 2012

津田沼献血ルーム

 
 
昨年暮れのことになりますけれど、私、地元の献血ルームへと行って参りました。

私が献血するのって、数十年ぶりですよ。
これでも昔は、度々献血していたんですけれどねぇ。
想い起こせば高校時代、担任の呼び掛けでクラス全員が献血していたのが、その切っ掛け。
以来、折々に献血した来たものが、一体いつの頃から疎遠になっちまったんだっけ・・・・

献血って、若い頃は自信たっぷりに訪れ得たものでした。
自分の身体から採血して貰えることに、なんの不安も持っていなかった。(針を刺される瞬間だけは、ちょっとビビッたもんですけれどネ!)

それがこの歳ともなるとですねぇ。
申し込み書に自分の健康状態やら病歴やら年齢やらを書き込むところから始まり、問診と血圧検査を経て、ようよう採血へと至るまで、それぞれの過程でいちいちドキドキしちゃってる自分があります。

この身体で、採血して貰えますか?
俺の血ぃって、活用して貰ってダイジョーブですか?
とか、いろいろ案じてしまって、いや~どうにも意気地がありませんな。
情けないハナシなんだけれど、歳とるってのはこういうことかと、シミジミ想いました。

津田沼献血ルーム」に入るのはこれが初めてでした。
今時の献血室って(あたりまえの話しではありますけれど)昔々のそれとは大分様子が換わっていますね。
あちこち進化して、至れり尽くせり! 居心地の好い空間が造られていて、ホント感心したなぁ!
それだけ、血液が足りない。 献血者が少ないってことなのかもしれませんけれど。

只、この津田沼献血ルームに関して言わせて頂ければ、入り口の処が漫画喫茶と隣接しているせいか、(初めての訪問者にとっては)ちょいとばかりとっつき難いかも、ですねぇ。
別にマンキツが悪いって言うんじゃあないけれど、ここンところはちょっと工夫したほうがイイんじゃない?、とは想いましたネ。

しばらくしたら、また行こうと決めています。
 
 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

January 07, 2012

ハンサム★スーツ

 
 
ハンサム★スーツ
The Handsome Suit
 
 
 監督:英勉
 脚本:鈴木おさむ
 出演:塚地武雅
    谷原章介
 
 
      2008年  日本
 
 
 
※ 街の人気定食屋を切り回す琢郎は、調理の腕はピカイチだし、気さくで明るい、誰からも愛されるナイスな奴なんだけれど、我が身のブサイクが何よりの悩み。
自分の容姿に対するコンプレックスが、とにかく酷いんです。
ある日、着れば誰でもハンサムに変身するという不思議な「ハンサムスーツ」を手に入れた琢郎。
人生で初めて、イケメンとして周囲から遇される快感を味わい、有頂天に!
かくして、定食屋の主人と超人気ファッションモデルと、二つの顔を使い分けることになる琢郎ですが・・・・
 
 
主人公の琢郎を演じるのは塚地武雅さんなんですけれど、それが「ハンサムスーツ」を着込んでいる間は谷原章介さんにチェンジする。 二人で一役という趣向です。
なんともユル~イ芝居/ストーリーで、これならテレビ番組で造れば好いじゃんって感じの、これは「映画」。
CG遣いまくりで、如何にも人工的な色彩感覚はなかなかお洒落。 喜劇ですけれど、ヴィジュアル面にも見るべきものがあるます。

それにしても谷原章介さんが好かった!
役者として上手いというよりも、センス抜群で、役へのハマり具合が素晴らしいんです。
超イケメンでセレブ風ファッションを着こなしていながら、もの凄いアホなギャグを(なんの躊躇いもなく!)やってのけて、なおかつそれがスマートに映える。 ホント、ちっとも嫌味にならないんですから。

キャスティング上、塚地さんはともかく(?)、谷原さんの方は絶対に動かせないと想うな。 他のどのイケメン役者でもダメ。 替えが効かないですよ!
こういうコテコテのギャグに堪え得る二枚目男優って、他に得難いんではないでしょうか。
この映画の成功の決め手は、ハンサムスーツ装着体(?)の俳優として、谷原章介という人を得たことにあります。

映画のテーマソング、渡辺美里さんの唄う「My Revolution」がヒットしたのはバブル期の1986年。
明るく前向きなこういう曲に、浸る・・・・只々身を任しちゃうのって、とっても心地好いモンです。
(但し、今聴くと、チョットばかり切ない気持ちが付いて回りますねぇ)
四の五の御託はいらない。 軽~いノリで楽しむべき映画です。
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 05, 2012

御慶

 
 
あけましておめでとうございます。

それはそれは地味ぃ~に過ごした2012年の正月でした。
ゆっくり休息して、それから仕事も・・・・

昨年は、なんと言っても東日本大震災と、それを契機とする一連の災厄というものがありました(無論、現在も尚継続中なわけですが)けれど。 それとはまた別に、自分自身の中でいろいろなものが停滞気味・・・・膠着状態に陥ってしまっているの感がありましたね。

想いおこせば昨年の元日、早朝のJR西船橋駅のホームから見たオレンジ色の空が、未だに強く印象に残っています。 その後眺めた富士山の、クッキリとした姿がまた見事だったっけ・・・・(詠嘆)

そんなことどもが一々記憶に残っているくらい、2011年という年は、自分の中で変化に乏しい無いものだったんですねえ。 (あれほどの災害を経たにも関わらず!)

今年は、これまでモタモタしていた分を取り返す意味も込め、精出す積りでいます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
 
   2005年の元旦
 
   2006年の元旦
 
   2007年の元旦
 
   2008年の元旦
 
   2009年の元旦
 
   2010年の元旦
 
   2011年の元旦
 
 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« December 2011 | Main | February 2012 »