« 徳川家康 第10巻 無相門の巻 | Main | まほろ駅前多田便利軒 »

November 14, 2011

ハンコ下さい

 
 
ワケあって印鑑を誂えることになりました。
その、印章にしようというのが、ちょいとばかりレアな名前(自分のための印鑑ではない)でして。
ですから出来合いの印鑑・・・・文房具屋の店頭に置かれた回転台の中にはない筈と、これはハナから知れています。

ご所望になるのはインク内蔵の奴。 スタンプ台不要でポンポン捺せるタイプが欲しいんですと。
所謂「シャチハタ」ですね。
無論の事、その用を果たしさえすれば、どんなメーカー製であっても構わないことは言うまでもありません。
とにかく手っ取り早く使えるのがイイってことらしいです。

私は、さっそく近所のイオン津田沼に出向きまして、そこの判子屋さんを調べたんですけれど、それなりに値が張るもんなんですねぇ。 あちゃ。
他の店をあたってみっか、とも考えたんですけれど・・・・でも以前に、駅北側の某印鑑専門店でひとつ、今回と同様の印鑑を買い求めた求めたことがありまして。
で、想定していたよりずっと高くついてしまったんですわ。 なのでアソコは、私の中では甚だ印象が(印章ではない)悪い。 ふむ。

試しにネットで探してみたら、こちらの方がずっと安かったので、その業者サイトで買い求める事に決定。
ホント、最近はなんでもネットですなぁ。 ハハ。
通販と言うと送料が気になりますけれど、そこは印鑑ひとつのことですから、メール便で送る事が出来てしまいます。 送料もバカに安いのです。
業者のサイトから申し込みの入力(印章にする名前とか、住所氏名とか)をし、支払いはクレジットカードってことにして、業者さんに電話を掛けます。(こういうスタイルは初めてだったんですけれど、カード番号についてはメールよりも電話の方が安心とのことで納得)

電話対応の女性との会話は、途中までごくごく当たり前の、なんの変哲もない標準語で進められたんですけれど、番号を複唱するところだけ、抑揚(イントネーション)が、アレなんだか懐かしい!
そういえば、電話の市外局番が・・・・・ホームページの会社概要を見直したら、やっぱりね。 大阪の会社でした。

数字って、(会話などと違って)お国言葉のイントネーションが知らず現れるモンなんですね。
なんか、懐かしいねぇ。
 
 

|

« 徳川家康 第10巻 無相門の巻 | Main | まほろ駅前多田便利軒 »

Comments

私もむかぁ~し、町の旧い印鑑屋さんで色紙用に印鑑を作ったことがありまして、たしか4,500円と記憶しています。
それがやたらしゃれた彫で本人が読めない・・・(>_<)

生まれ育った郷のイントネーションはどこかに残りますね。
私は、自分では完璧と思っている標準語をいまだに夫に〔訛ってるぞ〕と指摘されます。ヾ(;´Д`A

Posted by: おキヨ | November 15, 2011 at 12:00 PM

>おキヨさん

書画に捺すような落款ってカッコ好くて(笑)昔からずっと憧れがあります。(^ァ^)
でも、なにしろ使い道が想いつかないもんですから、誂える機会もないんですけれど。(^^ゞ
立派なものならば、少々値の張るのも致し方ないところなんでしょうか・・・・とはいえ結構するモンなんですね。 やっぱり。(^^ゞ

その土地固有のイントネーションって、おいそれとは剥がれないものなんでしょうね。
大阪で生まれた私。 今ではすっかり関東の水に馴染んでいるつもりなんですけれど、でも、本人の気の付いていないレベルで、どこかに大阪弁が(根強く!)残っているかもしれませんね。(^^ゞ

Posted by: もとよし | November 15, 2011 at 07:45 PM

こんばんは~
 はんこですか。結構お高いのですよね。
先日、ショッピングセンターの一角にはんこやさんがありました。デザインも豊富で可愛いものもいっぱいあって、作りたくなったんだけど、止めました(笑)
もとよしさんは、どんなの作ったんだろう・・ちょっとばかり気になる^^。

イントネーションで、生まれ育った土地が分かるって面白いですね。でもいいな~

Posted by: みい | November 16, 2011 at 06:49 PM

>みいさん

ハンコもいろんなタイプが出揃っていて、選ぶとなると一苦労ですね。
因みに現在私が一番よく使っているのは、百均で買い求めた三文判だったりします。(爆)

件の印鑑業者さんとの電話。 そこまで標準語で通して来たのが、数字を間違いなく伝えようとして、注意がお留守になっちゃったんでしょうね。(笑)

もしも私が関西から(住所を見て)の顧客だったら、担当の女性のイントネーションも違っていたかもしれませんね。 バリバリの大阪弁での顧客対応も聴いてみたかったです。(笑)

Posted by: もとよし | November 16, 2011 at 10:00 PM

えーーーと。
電動自転車が家人の為だったり、造るハンコが自分の名前でないレアなモノだったりというのは・・・あの・・・戸籍上の変更が何かあったのでしょうか・・・
スミマセン
宜しければ教えてクダサイ・・・

Posted by: | November 18, 2011 at 08:57 PM

スミマセン、上記コメント私です。
内容が緊張するモノだったので、名前抜かしてしまいました。

Posted by: 晴薫 | November 18, 2011 at 08:59 PM

>晴薫さん

いえいえ、キンチョーする程のモンではございません。(笑)
先日の電動アシスト自転車とかは、これ連れ合いのためのモノでして。
戸籍は特段変わりないんですけれど。 あ~、そういやこれまでナンにも話題にしてなかったですね。(^^ゞ

Posted by: もとよし | November 19, 2011 at 04:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/53245540

Listed below are links to weblogs that reference ハンコ下さい:

« 徳川家康 第10巻 無相門の巻 | Main | まほろ駅前多田便利軒 »