« まほろ駅前多田便利軒 | Main | 陰日向に咲く »

November 21, 2011

初冬の雷雨、あるいは儘ならぬ弓について

 
 
昨日(日曜日)の夕方の雷雨はヤバかったね。
私ゃあ、久々に稲妻を目撃しましたよ。 デッカイのが津田沼の空を真っ二つに横切った!
それから雨。 降り始めたと想うやみるみる、もの凄い土砂降りになりました。
干してあった洗濯物を、大慌てで獲り込みに掛かった私です。

丁度オケの練習に家を出る直前のことで、未だ家にいた為、ズブ濡れにはならずに済んだんですけれどね。
案の定、豪雨も雷も、暫くの間のことで、やがてスッキリサッパリと去ってゆきました。
でも、その後いつまで経っても湿っぽかったんですよ。 まぁ、濡れなかっただけ、マシか。

        ▽▲▽▲▽▲

でも、その後向かったオケの練習は、どうもイケませんでした。
なにしろ弓をちゃんと持てない! 指先がフヤケちまって、弓が手に馴染まないというのか・・・・思い通り操れなくなっているんです。(あるいは指が冷え切っていたことも、原因なのかもしれませんけれど) そこンとこが、実にもう、まどろっこしいったらない。

指って一旦ふやけると、こんなにも弾けなくなるモンなんだねぇ。(そんなこと、今頃になって判ったのかよって感じですけれど)
そう言えば、譜面台に広げた楽譜も、湿気ちまって妙な具合でした。

初冬の(だけのことなのか?)雨の日、チェロを弾くにはご用心ってことです。
以上、備忘録としてここに記しておくものな~り。
 
 

|

« まほろ駅前多田便利軒 | Main | 陰日向に咲く »

Comments

ヴァイオリンやヴィオラはかなり我儘ですが悠揚迫らざる風格のチェロもなかなかに敏感なんでしょうね。

Posted by: Gucki | November 21, 2011 at 09:42 PM

>Guckiさん

そういえば、この日は弓がやたらと重たく感じられました。

制動が効かないっていうのか、弾き出せば真っ直ぐ進まないし、弾き終えてもピタリと停まりません。orz
調子の好くない時って大概こんなモンでしょうけれど・・・・なんだかスポーツにも通じそうな話しですね。(^^ゞ

こんあ時は、(チェロの)弓なんてもっと軽くてイイのに、とか想っちゃいますね。 ないものねだりじゃあないですけれど。(^^ゞ

Posted by: もとよし | November 22, 2011 at 09:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/53300350

Listed below are links to weblogs that reference 初冬の雷雨、あるいは儘ならぬ弓について:

« まほろ駅前多田便利軒 | Main | 陰日向に咲く »