« October 2011 | Main | December 2011 »

November 23, 2011

陰日向に咲く

 
 
陰日向に咲く
 
 
   劇団ひとり著
 
 
       2006年   幻冬舎
 
 
 
    ・ 道草
    ・ 拝啓、僕のアイドル様
    ・ ピンボケな私
    ・ Over run
    ・ 鳴き砂を歩く犬
 
  
 Kagehinatanisaku
 
 
 
タレントの書いた本格的な小説として、暫く前に話題になった本ですね。
先日図書館で見つけ、出版後大分経った今頃になって(カバーデザインの秀逸さにも惹かれ)手に取りました。

劇団ひとりさん。 コメディアン/俳優として多芸多才ぶりを発揮する、文字通りのマルチタレントですけれど、小説の方でも思い掛けない水準の高さを見せつけて、これはタレントさんの書き下ろした本として出色の出来と想います。
勿論ご当人は、あくまで小説を書いたのであって、タレント本の類などとは想っていないでしょうけれど。

劇団ひとりさんは、ご本人はイケメンでアタマも切れるのに、普通の俳優/タレントの位置では満足し得ないみたいですねぇ。
その小説では、世間一般の常識からはちょっと・・・・いやいや、かなり外れた人々を描いているのが特徴です。
世間の人々が歩むコースの、その更に外周を往く、ぱらぱらと少人数のランナー達。

ひとりさん、根っからのサブカル好きのようですね。 あるいは、自らの心の奥底と、何が何でも対峙せずにはいられない人なのかも。
どの短編も、読んでみれば、そんな作者が如何にも描いてみたかったであろう人々であり、世界感です。
通読してみて、ひとりさんがタレントとして多忙な中、何故小説にまで表現の幅を広げてみたくなったのか、書かねばならなかったのか、自分なりに納得のいった気がします。

小説としては、小さな瑕瑾があちこち散見されないではないですね。 この小品集を、もしもプロの仕事と考えたならば、ちぃとばかり苦しいレベルと言えそうです。 これは、単行本として立派な体裁で出版されているため、ついつついそう考えてしまいがちになってしまうんですけれどね。
でも、本職ではないアマチュア作家(?)でこれだけ書けるんなら、これはもう大変立派なものではないでしょうか。

それに、捜せば見つかる綻びや微妙な違和感はあるにしても、そのある種ぎこちなさ、洗練されてなさ具合が逆に、どこかカッコイイってのはありますね。 それもまた魅力、才能の一つ。
文章そのものは、とっても読みやすいですし。

本書は連作短編集です。 で、本書を手に取ったならば、必ず頭から順々に読むべし! でありますよ。
各々に因果関係があって、それから時間軸にも工夫があったりしますから。
 
 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

November 21, 2011

初冬の雷雨、あるいは儘ならぬ弓について

 
 
昨日(日曜日)の夕方の雷雨はヤバかったね。
私ゃあ、久々に稲妻を目撃しましたよ。 デッカイのが津田沼の空を真っ二つに横切った!
それから雨。 降り始めたと想うやみるみる、もの凄い土砂降りになりました。
干してあった洗濯物を、大慌てで獲り込みに掛かった私です。

丁度オケの練習に家を出る直前のことで、未だ家にいた為、ズブ濡れにはならずに済んだんですけれどね。
案の定、豪雨も雷も、暫くの間のことで、やがてスッキリサッパリと去ってゆきました。
でも、その後いつまで経っても湿っぽかったんですよ。 まぁ、濡れなかっただけ、マシか。

        ▽▲▽▲▽▲

でも、その後向かったオケの練習は、どうもイケませんでした。
なにしろ弓をちゃんと持てない! 指先がフヤケちまって、弓が手に馴染まないというのか・・・・思い通り操れなくなっているんです。(あるいは指が冷え切っていたことも、原因なのかもしれませんけれど) そこンとこが、実にもう、まどろっこしいったらない。

指って一旦ふやけると、こんなにも弾けなくなるモンなんだねぇ。(そんなこと、今頃になって判ったのかよって感じですけれど)
そう言えば、譜面台に広げた楽譜も、湿気ちまって妙な具合でした。

初冬の(だけのことなのか?)雨の日、チェロを弾くにはご用心ってことです。
以上、備忘録としてここに記しておくものな~り。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 19, 2011

まほろ駅前多田便利軒

 
 
まほろ駅前多田便利軒
 
 
   三浦しをん著
 
 
       2006年   文藝春秋
 
 
   〇 曽根田のばあちゃん、予言する
   一 多田便利軒、繁盛中
   二 行天には、謎がある
   三 働く車は、満身創痍
   四 走れ、便利屋
   四・五 曽根田のばあちゃん、再び予言する
   五 事実は、ひとつ
   六 あのバス停で、また会おう
 
 
 
三浦しをんさんの小説は初めてでしたけれど、先入観なしに読んでみて、これは凄くオモシロかった。 その設定/ストーリーと言い文体と言い、とっても旨い小説。 お見事! 一本取られましたって感じですよ。

東京都の南西部に位置するという架空のまほろ市(町田市に相当するらしいですね)。
主人公の多田はそこの駅前に店舗を構える、個人経営の便利屋さん。
30代のバツイチ。 独り者のこととて勝手気侭な暮らしぶり。 小さな事務所と軽トラック、そして身体ひとつが資本。
(なんか、テレビドラマとかによくありそうな設定ですな。 時にはやっかいなトラブルや人情話しとかあって・・・・っていうか、実際になかったっけ、こんなの。 中村雅俊主演とかでサ)

力仕事から細々とした雑用まで、なんだって引き受けます多田便利軒。
で、時にはユニークな、人には言えないワケありの依頼が舞い込んで来ることもあるわけで・・・・

        ▽▲▽▲▽▲

そんな多田便利軒の毎日を一応は淡々と(?)描いて始まるこの小説。
ノンビリとお気楽なムードを漂わせておいて、でも、読み進めるうち、この小説はややライトなハードボイルド(?)であって、そして何やらほの昏いサブテーマが伏流しているということに気付かされるのです。

頼みもしないのに多田便利軒へと転がり込んできた相棒、行天は極め付きの変な奴!
なにしろ世間並みの価値観など一切通用しない男で。 多田との凸凹コンビ、ここに誕生です。

人は誰しも、決して元には戻せない何ものかを抱えつつ生きてゆくもの。
遠い日の、絶たれた指の記憶。
・・・・って、なんだよ! 気軽に読める軽いノリの小説とばかり想っていたら、結構重たいストーリーじゃんか!

縦横に張り巡らせた複線は、痛快なくらいキレイに活きて。 それから、なんとも切ない展開も。
緊張と緩和の妙。
笑いにも事欠きません。 人生に疲れて諸事うつむき加減ながらも根っから生真面目な多田が、毎度まいど、行天の人並みはずれたフリーダムぶりに振り回されるという図式が思いっ切り可笑しくって、もうサイコー!

ホント面白くて先へ先へ。 あっという間に読了してしまった印象です。
多田と行天と、それからその周囲の連中(まほろ駅界隈の住人たち)の物語の続きを、もっと読んでみたいですね。
そう想いました。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 14, 2011

ハンコ下さい

 
 
ワケあって印鑑を誂えることになりました。
その、印章にしようというのが、ちょいとばかりレアな名前(自分のための印鑑ではない)でして。
ですから出来合いの印鑑・・・・文房具屋の店頭に置かれた回転台の中にはない筈と、これはハナから知れています。

ご所望になるのはインク内蔵の奴。 スタンプ台不要でポンポン捺せるタイプが欲しいんですと。
所謂「シャチハタ」ですね。
無論の事、その用を果たしさえすれば、どんなメーカー製であっても構わないことは言うまでもありません。
とにかく手っ取り早く使えるのがイイってことらしいです。

私は、さっそく近所のイオン津田沼に出向きまして、そこの判子屋さんを調べたんですけれど、それなりに値が張るもんなんですねぇ。 あちゃ。
他の店をあたってみっか、とも考えたんですけれど・・・・でも以前に、駅北側の某印鑑専門店でひとつ、今回と同様の印鑑を買い求めた求めたことがありまして。
で、想定していたよりずっと高くついてしまったんですわ。 なのでアソコは、私の中では甚だ印象が(印章ではない)悪い。 ふむ。

試しにネットで探してみたら、こちらの方がずっと安かったので、その業者サイトで買い求める事に決定。
ホント、最近はなんでもネットですなぁ。 ハハ。
通販と言うと送料が気になりますけれど、そこは印鑑ひとつのことですから、メール便で送る事が出来てしまいます。 送料もバカに安いのです。
業者のサイトから申し込みの入力(印章にする名前とか、住所氏名とか)をし、支払いはクレジットカードってことにして、業者さんに電話を掛けます。(こういうスタイルは初めてだったんですけれど、カード番号についてはメールよりも電話の方が安心とのことで納得)

電話対応の女性との会話は、途中までごくごく当たり前の、なんの変哲もない標準語で進められたんですけれど、番号を複唱するところだけ、抑揚(イントネーション)が、アレなんだか懐かしい!
そういえば、電話の市外局番が・・・・・ホームページの会社概要を見直したら、やっぱりね。 大阪の会社でした。

数字って、(会話などと違って)お国言葉のイントネーションが知らず現れるモンなんですね。
なんか、懐かしいねぇ。
 
 

| | Comments (7) | TrackBack (0)

« October 2011 | Main | December 2011 »