« ヤマカシ | Main | 決定版 男たちの大和 »

August 05, 2011

津田沼散歩・田喜野井にて入道雲を見上げる

 
 
ここ数日の当地は、今まさに夏真っ盛りってところです。
今年は、やけに遅いかなァ・・・・なンて案じていた蝉も、今を盛りと騒ぎ出しました。
そこいらを歩いていると、暑くって堪らんのですけれど、流れる汗にTシャツがみるみる染まってゆく様は、いっそ痛快な心持ち。
見上げれば、あちこちに入道雲が幾つも・・・・モリモリです。 スケール雄大なのであります。
遠くから、オドロオドロしく響いてくるのは遠雷。 ところどころに、黒雲も禍々しく。
そんな夏雲の仕業でしょうか。 かっと照りつけていたお天気がいきなりの雨。 それも叩きつけるような土砂降りが、来たかと想うとパッと止む。
まこと盛夏に相応しいお天気を保っております。

それでも絶えず微風があって、木陰にさえ入れば涼しい、というのがなによりです。
こういう小気味好いくらいに夏らしい夏、私はここしばらく味わわずにいた気がします。
 
 
 
_trm
   入道雲をバックに、田喜野井界隈から見上げたメンテ中の鉄塔。
   ブルーシートで覆ってあるのが、なんだか要塞染みたイカツサです。
 
 
 
今日私が暑い最中歩いて来たのは拙宅からは北東方向。 船橋市内、田喜野井(たきのい)方面です。
この辺りは閑静な住宅街が拡がっており、小さな雑木林が散在。(この時期は蝉で賑やか!) なかなか住み心地好さそうです。
特徴として、あちこちに高低差がありますな。
それも、フラットな平地が暫く続いたかと想うといきなりの急坂。 それを上りきると(あるいは下りきると)またフラットな平地が続く、という具合。 その坂になっている土地を中心に、樹木が繁茂しています。
このエリアは住宅街らしく小路が入り組んでおり、これまでお散歩コースに入れずに来たんですけれど、しかし、なかなか面白そうです。 今頃になって気付くと言うのもナンですけれど。
田喜野井の界隈、これからしばらく歩き廻ってみようかと想います。
 
 

|

« ヤマカシ | Main | 決定版 男たちの大和 »

Comments

空というより、雲大好き人間の私、夏雲は本当に魅力的です。雲は変化に富み多彩です。これが片思いで、キャンバス上でどれほど惨めな目に合わされるか・・・表現が難しいのです(-_-;)

昨日は私のアトリエの金網にも蝉が訪れびっくりするほど大声で鳴き散らして帰りました。あんな小さな体で、とんでもない大声なんですね・・・bell

Posted by: おキヨ | August 06, 2011 at 10:52 AM

>おキヨさん

そうでした! おキヨさんもお作に、山上に浮かぶ雄大な雲を描かれていましたね。(^ァ^)
自由奔放、刻々と姿を変える雲の姿も、いざ捉えるとなると、さぞや難事かと想います。
いつも、何の気なしに眺めておりましたけれど。(^^ゞ

当地のセミ達。 本日も絶賛鳴き交わし中です。

Posted by: もとよし | August 06, 2011 at 06:45 PM

こんにちは~
 暑いですねsweat01
蝉の大合唱、始まりましたか?
夏って感じですねnote
モクモクの入道雲、いろんな形に変わって面白いです。
夏の散歩も、いろんな発見があっていいですね。

夏は汗をを思いっきりかくのがいいですねsweat01

夏を楽しんで乗り切りましょうpaper

Posted by: みい | August 07, 2011 at 04:45 PM

>みいさん

残暑お見舞い申し上げます。

今日は立秋。
暑さもようやく後半戦でしょうか。orz

汗かきながらの夏散歩。
季節感があって好いモンですね。
って、やっぱり日陰を辿って歩くんですけれど。(笑)

Posted by: もとよし | August 08, 2011 at 03:54 PM

こんばんは。

私も住宅街の散歩って好きなんです。
特に○○ニュータウンみたいな、一括して開発されたような住宅街ですね。
一時凝っていて歩きまわっていたんですが、いつの間にか止めてしまいました。
また再開しようかな。

全部が計画された街って、歩いていると、不思議な非現実感を感じることがあるんですよ。

あれは何なんだろう?

Posted by: 晴薫 | August 08, 2011 at 11:13 PM

>晴薫さん

晴薫さんもニュータウン探訪、お好きでしたか。(^ァ^)

今回私のあるいた田喜野井の界隈も、ニュータウンと名の付く土地が多いのです。
かなり昔のニュータウンではありますけれど。(^^ゞ

こういった新興住宅地からは(地形の特徴やら予算やら、いろんな事情があるんでしょうけれど)どこかしら歪んだ(?!)ところを感じますね。
それは急な坂(階段)であったり、妙なカタチにカーブする道路であったり、また急斜面に強引に造ってのけた住宅があったり・・・・

でも、そういう歪みが何故かイインですね。(^ァ^)
住宅が新建材のピカピカばかりであっても、そんな土地には人間味を感じます。

Posted by: もとよし | August 09, 2011 at 12:59 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/52400487

Listed below are links to weblogs that reference 津田沼散歩・田喜野井にて入道雲を見上げる:

« ヤマカシ | Main | 決定版 男たちの大和 »