« 七人の花嫁 | Main | ネバーランド »

July 23, 2011

また月下美人

 
 
一夜限り咲く花、月下美人。 今年もまた見て参りました。
 
我が家のご近所に、毎年門前で見事な月下美人を咲かせるお宅があるんです。
今年も前もって開花予告の案内板を建てておられましたので、私めもかねて心積りを。
愉しみ、タノシミ!
 
         ▽▲▽▲▽▲
 
いよいよ開花という日。 私は宵を待って、出向いてみました。
傍まで近寄るよりも先に、辺りに漂う花の香が、まずは出迎えてくれました。
どうやら今年は昨年に比べ、花房が数多く出来ているようですね。
それにつけても高貴な薫り・・・・

さて、近寄ればいよいよ麗人の趣です。 月下美人。
外灯に照らされ、宵闇の中、ほの白い花弁を朧に浮かび上がらせております。
飛びっ切り上等のレースのようなしべ。
大胆にカールした花の額は、蛾眉と言う言葉がそのまんま当て嵌まりそうな。
小町娘とかじゃあない、傾城の美女タイプですな、あーたは。

昨年夏の初おめもじ・・・・すっかり舞い上がってしまった(!)あの折りとは違い、慎みってものを心得ている今宵のワタクシ(?)です。
一年間、お待ちしておりましたゾォ。
花房の沢山ついた分、昨年にも増して煌びやかですなぁ!

夏の風物詩。
その容姿と薫りを、しっかりと愉しませて頂きました。
 
 
 
    2010年夏 に咲いた 月下美人
 
 

|

« 七人の花嫁 | Main | ネバーランド »

Comments

年に一度逢う事のできる、それは美しい恋人、というところでしょうかshine
私は咲ききった花は観た事がありますけど、咲き始め,咲いた直後はたぶん知りません。香りに覚えがないからです。高貴な香りゆえそれほど強いものではないんですね、きっと。。。

Posted by: おキヨ | July 24, 2011 at 01:31 PM

>おキヨさん

花の香は、昨年の折りよりも若干濃厚に感じましたでしょうか。
あるいは、月下美人の芳香を、ワタシが覚えていたということかもしれませんね。
ま、それほど長く、その場に佇んでいたわけではないんですけれど。(^^ゞ
宵の口から待ち構えていて、開花してゆく様をじっくり観察出来ればイイんですけれど、そこは人様のお宅に咲く花ですから、そうもいきませんし。(笑)
ともあれ、年に一度切りの逢瀬ともなると恋しさもひとしお、なんでアリマス。(^ァ^)

Posted by: もとよし | July 24, 2011 at 04:45 PM

そこはイオン横のところでしょうか。
わたしも毎回見に行きますが、今回は気が付きませんでした。高貴で独特な香りが漂いますよね。

Posted by: クウ | July 25, 2011 at 10:22 AM

こんばんは~
 わ~今年も見に行ったのですね!
素敵な香りに誘われて・・・年に一度の逢瀬ですね^^。
写真ないのが残念だけれど、それはそれで想像力をかきたてられますhappy01

どんな香りなんだろう^^。

Posted by: みい | July 25, 2011 at 09:49 PM

>クウさん

おいでませ、問はず語りへ~(^ァ^)

>そこはイオン横のところでしょうか。

ご明察です! 美容室の角になるあたりですね。
月下美人、先日はご覧になれなかったとのこと。 またの機会に恵まれますように。
クウさんは、ご近所にお住まいのようですね! なにとぞよろしくお願い申し上げます。(^ァ^)

Posted by: もとよし | July 26, 2011 at 09:26 PM

>みいさん

お蔭様で、今年も見て参りました。(^ァ^)
本来は月明かりの下で愛でるのが一番素敵なのかも・・・・なんて想うのですけれど、ここは住宅街。(^^ゞ
外灯にホンノリ照らされた月下美人も、なかなかのモンであります。(^ァ^)

Posted by: もとよし | July 26, 2011 at 09:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/52287417

Listed below are links to weblogs that reference また月下美人:

« 七人の花嫁 | Main | ネバーランド »