« ヒョウを視た! | Main | ジギタリス »

July 05, 2011

タイガー&ドラゴン

 
 
タイガー&ドラゴン
 
 
   TBS 金曜ドラマ (2005年)

       ・スペシャル (2005年1月9日)
       ・第一話~第十一話 (4月15日~6月24日)
 
 
 脚本:宮藤官九郎
 出演:長瀬智也  : 山崎虎児 (林屋亭小虎)
     岡田准一  : 谷中竜二 (林屋亭小竜)
     西田敏行  : 谷中正吉 (林屋亭どん兵衛)
     阿部サダヲ : 谷中竜平 (林屋亭どん太)
     荒川良々  : 淡島ゆきお (ジャンプ亭ジャンプ)
 
      ※カッコ内は登場回の時点での高座名
 
 
かつてヒットしたテレビのドラマ・シリーズを、今回初めてDVDで観ました。
「タイガー・アンド・ドラゴン」。
放送は2005年のことで、ご存知の方も少なくないかと想います。

かねて落語好きを標榜して来た私ですけれど、実はこのドラマについては未見を貫いて来たんです。
放送していた当時に偶々見そびれてしまって、そのまんま。
その後、再放送やらDVDなど、観る機会は幾らもあったと想うんですけれど、一顧だにしませんでした。
ヒット作を、今更後追いで見るのも野暮だよなァ、とか・・・・どこか妙に依怙地になっていたのかもしれませんね。
相前後して巻き起こった落語ブームってやつについて、私がシラケ気味でいたからってことも、あるかもしれません。
ともあれ「タイガー・アンド・ドラゴン」に関しては、これまでずっと、見ない人で通してきた私です。
それが今頃になって、(一体なんの弾みか?)突然思い立ってDVDをレンタルしてみたわけですよ。

序章というか、実質的な第一話にあたるスペシャルと、それに続く11話からなる、全12話。
全巻を通して観てみたんですけれど、これがモノスゴク面白い!!
もう、夢中ンなっちゃった!
やっぱり、喰わず嫌いなんて一つもイイことありませんね。
こんな傑作ドラマ、生きてる内に見といてホントに好かったよ。
観ないまんま死んじまったら、絶対にソンですって。

         ▽▲▽▲▽▲

脚本は宮藤官九郎さん。
このヒト、間違いなく天才です!

毎回、古典落語の筋立てをベースにしたドラマが進行するんですけれど、一話分のストーリーが古典落語の一つとまるまるリンクしており、その中途に劇中劇ならぬ劇中落語が差し挟まれます。
その構成の、なんて精巧なこと!
縦横に張り巡らされた伏線と、その鮮やかな回収っぷり。
そして次々と繰り出されるギャグがまた、飛び切り活きが良いんです!!
加えてドラマ全体に横溢する勢いの好さ!
そういう脚本に見事に応えてみせる、俳優さんたちの反射神経もまたスゴイと想いました。

落語パート(劇中落語)に、適度なアレンジの加わっているのが、また愉しいんですよねぇ。
予めオリジナルの落語を知っていれば、ストーリーを追いながら「おおっ。 今回はこう来たか!」とか、趣向の凝らしぶりに唸らされます。
クドカンはこうして、古典落語の中から現代に通じるテーマを(判りやすく!)抽出してみせているんですね。

キャストも皆さん素晴らしくって、ここで一々は書き切れませんねぇ。
若手の大健闘ぶりも好かったですけれど、私は取り分け西田敏行さん、阿部サダヲさん、荒川良々さんの三人がそれぞれ演じて見せた噺家さんがお気に入りです。

全12話のどの回/どの場面をとっても「こんなに面白くって、ホントにイイの?」なんて言ってみたくなるくらい、愉しかったなぁ。
この、かつてない落語ドラマを創造してのけたクドカンは(重ねて述べますけれど)掛け値なしの天才であります。
受けて立ったキャスト、スタッフも素ン晴らしい!
 
それにつけても純喫茶「よしこ」のオムライス。 俺もアレ喰って、マッタリしてみたいなっと。
 
 

|

« ヒョウを視た! | Main | ジギタリス »

Comments

初めまして。
「古典落語の筋立てをベースにしたドラマが進行」については、NHK朝ドラ「ちりとてちん」も非常に上手く作られていました。(毎週の展開が一つの落語にリンク。)特に7週目までは、NHK朝ドラの最高傑作と言っても過言ではないでしょう。

Posted by: 杉山 | April 23, 2013 at 10:00 AM

>杉山さん

おいでませ、問はずかたりへ!(^ァ^)

「ちりとてちん」。
貫地谷しほりさんが主演された、上方落語の世界を舞台にしたNHK朝ドラとのこと。(さっき調べました(^^ゞ)
残念なことに、私は未見であります。
「タイガー&ドラゴン」と同様、これもDVDが出ていたりするんでしょうけれど、なんといっても朝ドラは話数が多くって。(^^ゞ
でも、落語とリンクした内容と聴くと、こちらも是非とも視聴してみたくなりますね。
とにもかくにも、傑作と言われる7週目まで。 まずは追っ掛けてみようという気になりました。(笑)

Posted by: もとよし | April 24, 2013 at 07:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/52130072

Listed below are links to weblogs that reference タイガー&ドラゴン:

« ヒョウを視た! | Main | ジギタリス »