« ネバーランド | Main | ヤマカシ »

July 31, 2011

津田沼散歩・習志野市役所の大賀ハス

 
 
先日のことになります。
習志野市役所の前にあります小さな池。 その前を通り掛った折に、蓮がピンク色の花を咲かせているのを見付けました。
生憎と、もう盛りは過ぎていたようですけれど。
それにしても、蓮の花をこんな身近な場所で見ようとは、不覚にもこれまで気付かずにいた私です。
池の前に設置された案内板に「大賀ハス」とありました。

蓮の花。 中でもピンク色のそれは、目にも鮮やかで極楽も斯くやというイメージ。 見る度いつも、ハッと目を奪われますね。
まして自宅から徒歩圏内での出合い。 しかもそれが大賀ハスであったというのは、ちょっとした感激でありました。
 
 
 _1
 
 
大賀一郎博士が(大賀ハスの文字通り生みの親)千葉市内の遺跡から発掘したハスの実を持ち帰り、見事二千年(推定)ぶりの発芽に成功したのは1951年のこと。
その大賀ハス。 千葉公園に植えられたものは有名で、いつか見に行きたいモンと想っていたんですけれど、こんなに身近でも見る事が出来たとはネ。
当地へは、習志野市制施行40周年を記念して根分けされたものとのことです。

極楽浄土の華、蓮は見入るほど、浮世を忘れてしまいそう。
かつて当地に暮らした古代人も眼にしたであろう、薄紅色の華です。
 
 

|

« ネバーランド | Main | ヤマカシ »

Comments

時空を超えた古代ロマンですねshine
まるで花のタイムカプセル。植物の原種って地味なものが多いですけど、これはなかなか華やかです。

Posted by: Gucki | August 01, 2011 at 06:08 PM

先日、習志野市役所付近で実施された、祭りに行ってきました。
今回、地元習志野高校が甲子園出場ということで、
街の雰囲気が活気づくといいですね。

これだけ鮮やかなハスには気が付きませんでした。

Posted by: クウ | August 01, 2011 at 08:13 PM

古代蓮にはロマンがありますね。
今年は蓮寺に行ってないなあ~大賀蓮が咲いているはず。
きれいですね~やはり。
いい出会いでしたねhappy01

Posted by: みい | August 02, 2011 at 09:39 AM

>Guckiさん

生命って不思議でスゴイもんですね。
発掘したハスの実から、こんなにも色鮮やかなピンクの花が現れたとは!
これを初めて咲かせた時の、大賀博士の感動如何ばかりだったでしょう。(笑)

Posted by: もとよし | August 02, 2011 at 01:01 PM

>クウさん

画像の株は、もう花が終わってしまいましたけれど、今又別の株から花を咲かせているようです。
市役所の建物前の小さな池なんで、蓮もこじんまりです。(笑)

> 今回、地元習志野高校が甲子園出場ということで、

そうでした!
現在、習志野高の甲子園出場を祝う垂れ幕が市役所の建物に掛かっています。
是非とも頑張って欲しいですね!(^ァ^)

Posted by: もとよし | August 02, 2011 at 01:02 PM

>みいさん

大賀ハス。 そちらでも花を咲かせていましたか!(^ァ^)

遺跡から出たというからには、食用に役立てていたんでしょうか。
ピンクの花を、どんな想いで眺めたのか・・・・
古代のロマン、拡がりますね。(^ァ^)

Posted by: もとよし | August 02, 2011 at 01:04 PM

こんにちは。花の色と葉の緑、そして影の具合がとてもバランス良く撮れていますね。腕のいい人が羨ましく思ってしまいます。

Posted by: ろん | August 02, 2011 at 10:09 PM

>ろんさん

おいでませ、問はず語りへ!(^ァ^)

いえいえそのように、お褒め頂くようなシロモノでは。(汗)
一番安いケータイのカメラ機能(いわば、オマケのオマケ(^^ゞ)を使って、通りすがりにパパッと撮っただけですんで。
でも嬉しいッス。(笑)

Posted by: もとよし | August 03, 2011 at 12:42 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/52359339

Listed below are links to weblogs that reference 津田沼散歩・習志野市役所の大賀ハス:

« ネバーランド | Main | ヤマカシ »