« April 2011 | Main | June 2011 »

May 29, 2011

ウホッホ探検隊

 
  
ウホッホ探検隊
Whooh! Exploration Unit
 
 
 監督:根岸吉太郎
 原作:干刈あがた
 脚本:森田芳光
 出演:十朱幸代(榎本登起子)
    田中邦衛(榎本和也)
    村上雅俊(榎本太郎)
    本山真二(榎本次郎)
 
 
      1986年   日本
 
 
「ウホッホ探検隊」というこの一風変わった題名に何故か惹かれ、私が刈干あがたさんの原作を読んだのは、もう随分と前のことです。
離婚して未だ間もない夫婦と、その子供たち(男の子二人)の過ごす日々を比較的淡々と、それでいてナイーブ筆致で描いた物語。
当時の私は、この小説を大いに気に入ったものです。
(映画を観た後、もう一度読みたくなって図書館を探してみたのですけれど、見つからず。 残念なり)
普段あまり話題に上ることもない小説なので、まさか映画化がなされていたとはゆめ想わず。 なので、1986年制作のこの映画のDVDを発見した時はちょっとトキメキましたね。

         ▽▲▽▲▽▲

果たして、映画では小説の設定があちこち改変されており(そもそも、夫婦は未だ離婚していないし)、私はそれが気になって少しも愉しむことができませんでした。

例えば母親。 原作では経済的に豊かではなくとも、地に足を付けてキリリとしていたのに。(第一、もっと飾り気の無い女性でした。 例えば衣類など、ジーパンとTシャツだけでひと夏過ごしてしまうような・・・・)
一方子供らは子供らで、自分達の世界をしっかりと造り上げていましたし。

映画では、一家の生活水準は大幅にグレードアップ(つまりお金持ちに)され、両親の仕事も余程、ご立派で華やかなものに(経済的にも、社会的にも)なっちゃってます。

小説が好きであっただけに、映画の独自設定にどうにも馴染むことの出来ない私。
音楽も繊細、と言うよりはむしろ柔弱な印象で、なんだかなァ。
あの頃、80年代って、こんな感じの世相だっけ・・・・

         ▽▲▽▲▽▲

でも、このままで終わったンじゃ、あんまりじゃないですか?
そう想って、もう一度、この映画を見返してみることにしました。

再見するに及んで(頑固な私も)ようやく原作の印象と切り離して鑑賞する余裕が持てたようですね。
今度は、中々面白かった。
この映画、今では夫婦/親子のデリケートな人間関係を、繊細な感覚で描いた佳品と想っています。

キャストでは、(ベテランに混じって)小学生の兄弟を演じた子役の二人がとっても素晴らしかったです。
この子たちで持っている映画、とさえ想います。

経済的にも社会的にも、まずは申し分のない、けれど、どうにも自信の無さげな大人たち。
そんな親に対して、気を遣い過ぎる子供ら。
お互いの距離を不器用に探り合うばかりで、その着地点が中々掴めず、モドカシサが募るばかり。
けれども離婚の危機という一家の危急存亡を経る中で、自分たちなりの新しいライフスタイルを見付けにゆくのです。
それがウホッホ探検隊。
 
  

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 25, 2011

PC回りのトラブル解消

 
 
先日、拙宅のPCが見舞われたトラブルの件。
ADSLモデムのACアダプタ内部で接触不良が起きているらしい、というものでしたけれど、それが目出度くトラブル解消と相成りました! ちゃんちゃん。

         ▽▲▽▲▽▲

私の出したメールに対するプロバイダーさんの返信によると、ACアダプタのみの交換というのはやっていないとのこと。
なので、ADSLモデム一式・・・・つまり、モデム本体からスプリッタ(ケーブルを、電話とADSLとに振り分ける機器)、回線ケーブル、そしてACアダプタ等からなるセット単位での交換になるんだとか。

こちとら、必要なのはACアダプタだけなんですけれどねぇ・・・・
まぁ、ネット環境が復旧するんであれば、それでもいっか!

因みに、交換費用は(送料も含めて)タダなんだそうで、こいつはありがたい。
プロバイダーさんのサイトから交換の申し込み手続きを済ますと、その翌々日にはもう、ADSLモデムのワンセットが送られてきました。 対応、速っ!

早速ACアダプタを交換してみたら、難なく復旧。 やったね。

でも、これだけじゃ終わらないんですね。
これまで拙宅のPC環境で使用していた古いADSLモデムの一式。 これらはリースなので、折り返しプロバイダーさんの元に送り返さなくちゃなりません。
なので、ACアダプタ以外の部品それぞれも、全て今回送られて来た新しいものと交換ということになります。
そもそもACアダプタの他はナンの支障も起きていませんし、それにもう5~6年は使っているこのADSLモデムの部品が、今更再利用されるってこともないでしょう。 勿体無い話しですけれど、まぁショウガナイですね。

         ▽▲▽▲▽▲

さて、ADSLモデム本体を新しいものに交換したことで、もう一度設定をやり直さなけりゃならず、その手順一切をすっかり失念してしまっている私は、いささか慌てちゃいました!

そこで、ここは一旦、ADSLモデムを古い方に戻しまして(これまでのネット環境を活かして)、プロバイダーさんにメールで質問してみます。(助けて~)
翌日には、サービスデスクからテキパキとした回答が返って来(速っ!)、トラブル収束なり。(ふぅ~)
お陰で、現在は新しいADSLモデムにて運用中です。

こうして用済みとなった古いADSLモデム一式。
見れば、埃や汚れにまみれ、すっかり尾羽うち枯らした姿であります。 長い間ご苦労さま。
私はそのひとつひとつを、新しい機材が梱包してあった段ボール箱に納め、近所にある黒猫大和の代理店に持ち込んだのでした。
 
 
 
     先日の件 (PC回りのトラブル発生)
 
 

| | Comments (5) | TrackBack (0)

May 20, 2011

たそがれ清兵衛

 
  
たそがれ清兵衛
The Twilight Samurai
 
 
  監督:山田洋次
  原作:藤沢周平
  音楽:冨田勲
  出演:真田広之
     宮沢りえ
     田中泯
     小林稔侍
 
 
        2002年   日本
 
 
 _2
 
 
  
武士ならば、なによりもまずお家が大事。 まして主君より下された上意を固辞するなどは以ての外・・・・・なワケですけれど。 でもここに描かれるのは、どこまでも愚直なまでに家族第一主義を貫こうとする男と、そうはさせてはくれぬ世間(武家社会)というもの、です。

主人公のたそがれ清兵衛を度外れたまでの(ある意味KYな)マイホーム主義者とすれば、周囲の同僚藩士たちはまた、永く続いた太平の世に、すっかり順応し切ったサラリーマン藩士たちとでも言いますか。
登場する人間像は、いずれも現代にも通じ得るものばかり。 この映画は、ですから登場人物らにとても共感しやすく、作品の世界に入ってゆきやすいのです。

下級武士の慎ましい暮らしぶり。 ランプすらない時代の日本家屋。 東北の山々、そして河の流れ。
日常を描くのに、徹底したリアルさを追求することで(その映像美もさることながら)クライマックスの果し合いシーン、その凄惨さがより引き立つんですね。

己の家族を養うことの他は(身の回り、人付き合いから立身出世まで)一切無頓着な男、たそがれ清兵衛。
それは奇特・・・・というよりも、もはや一個の変わり者として、周囲の眼に映っています。
そんなたそがれ清兵衛が、家中きっての小太刀の遣い手として突然注目を浴び、君命により果し合いに臨まねばならなくなるまでの紆余曲折。 そのストーリー造りの巧みさ。

キャストも皆さん粒揃いで、何れも外れがないですね。
私は中でも、たそがれ清兵衛の上司役に扮した小林稔侍さん。 その、人の好い小役人ぶりが取り分けお気に入りです。 いるよねぇ、こういうオジサン。

手間隙を掛けて真面目にきっちりと造り込んだ、飛び切り上質な時代劇。
これですこれ、こういうのが観たかったんですよ。
鑑賞し終えての充足感の、とても高い映画です。

けれど、エピローグはどうなんでしょう。 私は、ここは余分だったと想うなァ。
醒めたくない夢から、わざわざ起こされちゃった・・・・そんな印象が、ちょっとだけネ。
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 17, 2011

PC回りのトラブル発生

 
 
拙宅で使用しているPCなんですけれど、この所しばしばインターネットに(臍でも曲げたみたいに)繋がらなくなっちまうことがあるんです。 まったく困ったモンであります。

PCの通信関係の設定諸々を調べて、まぁ異常はなさそう。
次にLANケーブルを辿ってると・・・・ADSLモデムのランプが全部消えてるじゃありませんか!

さてはモデムがぶっ壊れたかと、あれこれ調べてみたんですけれど、どうやらモデムに電力を供給しているACアダプタの辺りで電線の接触不良が起きているようです。
特にモデムとACアダプタとを繋ぐコードの、そのACアダプタ側の根元部分が怪しい! と、ここまでは判りました。(コードの当該付近を掴んで、グリグリ動かしてやると、なんとか回復しますんで)

と言うわけで、原因は単純な断線と当たりが付いたんですけれど、でも復旧となると、これはメンドウだなぁ。
大方は、コードの内部で電線が切れ掛かってるってことなんでしょうけれど・・・・コードを強く引っ張ったり・・・・やらかしちゃったんだろうか?
ともかく、外見からはこれ以上判断が付きそうもないですし、手の打ちようもなさそう。
ご案内の通り、そもそもACアダプタというものは分解が出来ないように造られていますからねぇ。
ここはACアダプタの交換しかないでしょうか?

とまぁこう想って、プロバイダーさんには問い合わせのメールを出しておきました。
なんともまぁ気懸かりではありますけれど、解決するまでは、このACアダプタをダマシダマシ使ってゆくしかないってコトのようですね。
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 13, 2011

赤穂浪士

  
 
赤穂浪士
 
 
      大佛次郎 著
 
         1929年  新潮社
 
 
小説「赤穂浪士」の新聞連載がスタートしたのは昭和二年のこと。 その翌年には完結を見、出版のされた昭和四年(1929年)といえば世界恐慌の年であります。

ご存知「忠臣蔵」の基となった元禄赤穂事件の顛末に、著者独自のフィクションを交えた本書は、旧来の(クラシックな)忠臣蔵のイメージを大きく書き換えた、新感覚のドラマに仕立てられています。
それ故でしょう、昔から親しまれてきた歌舞伎由来のお馴染みエピソードなど、ここではあまり扱われないのです。

         ▽▲▽▲▽▲

江戸城松の廊下で赤穂藩主浅野内匠頭が吉良上野介に対し刃傷に及び、世間をあっと驚かせたのは元禄十五年十二月十四日(1703年1月30日)のこと。
この事件に対して幕府の下したジャッジはと言えば、喧嘩両成敗という当時の通例を無視して、浅野にばかり咎の及ぶ(内匠頭は切腹、更に浅野家はお取り潰しなのに対して、吉良側は委細お咎めなし)、もう誰がどう見ても公平とはいえぬもの!

なんたる不道理!!
これってもう仇討ちするしかないでしょ! 絶対やるよね、浅野家家臣の皆さん?・・・・という、世論の高まり。
世間の関心と、そしてにわかに危機感を強める吉良家(と縁戚関係にある上杉家)の警戒網を掻い潜って、智嚢を傾け忍苦に耐える、仇討ちプロジェクト(PL:大石内蔵助)の始まりです。

それまでの「忠臣蔵」とは切り口を異にするこの小説。
中でも米沢藩・上杉家家老の千坂兵部を、大石内蔵助に比肩し得る戦略家として描いていることで、スゴク面白くなっていると想いました。
浪士の討ち入りが、この場合単なる主人の仇討ちに留まらず、政治レベルの駆け引きへと繋がっている理屈を、巧みに読み解いてくれるんであります。

         ▽▲▽▲▽▲

私がいささか残念に想ったのは、架空の(作者オリジナルの)登場人物(ニヒルな浪人・堀田隼人や盗賊・蜘蛛の陣十郎、謎の女・お仙ら)の活躍を描くのに、かなり頁を割かれている点です。(これらのパートも時代小説としてオモシロイんですけれど)

まぁ、こうした登場人物らのあるお陰で、松の廊下~討ち入りに至る過程を、事件第三者の(それも世の裏街道を往く無法者たちのシニカルな)視点を借り、現代人の感覚に従って読み解くことが出来るワケです。 そして、それこそがこの小説のセールスポイントであり、大きな魅力ではあるんですけれど。

でも・・・・・そう言っても、やっぱり私は浪士各々の活躍など、もっともっと読んでみたかったなァ。
例えば、赤穂浪士ネタとして昔から知られている逸話の数々など、大概は後世に創作されたフィクョンでしょうけれど、でも、そういった辺りを未読してみたかった私なのです。

         ▽▲▽▲▽▲

さて、小説「赤穂浪士」を一通り読み終えた今になって想うに、やっぱり私は、至ってオーソドックスな(歌舞伎ベースの)「忠臣蔵」を期待していたってことのようですねぇ。 それじゃあ自分がワルイって! 選ぶ本を間違えてますから!!

小説自体は面白かったですし、クラシックな忠臣蔵の定石を打ち崩した画期的な作品でもあります。
他の忠臣蔵ものなど、読んでみた後になるでしょうけれど、いつか再び本書を手に取る日が来るかもしれません。
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2011

丹下左膳 (阪東妻三郎)

  
 
丹下左膳
Tange Sazen
 
 
 監督:松田定次
 原作:林不忘
 出演:阪東妻三郎 (丹下左膳)
    淡島千景  (お藤)
    高田浩吉  (柳生源三郎)
    大友柳太郎 (峰丹波)
 
 
       1952年  日本
  
  
 Photo
 
 
チャンバラと言えば「丹下左膳」! 隻眼隻腕のアンチヒーローであります!
その「丹下左膳」もの。 映画にしろテレビにしろ、私はこれまで見た憶えがなかったのですけれど、一体いつ頃何処で刷り込まれていたんでしょう? その設定だけは、何故か子供の頃から心得ておりましたよ。 「カタメカタウデタンゲサゼン」。

その「丹下左膳」。
かつて時代劇の黄金時代に陸続と撮影された人気コンテンツですから、後々の映画/ドラマにも、きっと影響を与えているに違いありません。
そこのところをこの眼でしっかと見極めてみたい、とこう想い立って鑑賞に入ったのが、1952年製作のこの映画です。

映画を一通り鑑賞し終わってから(遅れ馳せながら)ネットで調べてみると、「丹下左膳」役者として名高い役者には大河内傳次郎、大友柳太朗など多士済々。
それぞれが何本も「丹下左膳」ものを撮っているというのですから、当時の人気の程が伺えるってもんです。

けれど今回私が偶々選んだDVDは、それらには当てはまらない・・・・これは1952年の阪東妻三郎主演、松田定次監督版なのでした。
阪東妻三郎といえば往年の時代劇スターですけれど、「丹下左膳」を演じたのは晩年のこの一作のみなのだとか。
バンツマ。 どうやら「丹下左膳」役者としては傍流ということになるようで。 それじゃあ私の、「丹下左膳」ものの魅力/そのポイントを見極めておきたいてぇ目論見は・・・・果たして達せられるのでしょ~か?

         ▽▲▽▲▽▲

結果から書かせて頂きますと、このバンツマ版「丹下左膳」、そりゃもう最高にオモシロかったのです! 私ゃあ、もう完全にハマっちゃいましたよ!!

バンツマの「丹下左膳」。
必ずしも本流ではないのかもしれませんけれど、でも、こんなに好いンなら、もう俺はこのバンツマ版だけでイイや。 と本気でそう想っています。 少なくともここ暫くは、他の役者の演じた「丹下左膳」を見ることはないと想う。

バンツマと競演するのは、悪の首魁峰丹波役として、この後に丹下左膳役に廻って名を馳せることになる大友柳太郎。
左膳の盟友、柳生源三郎に歌う映画スター・高田浩吉。
それから、左膳の女房お藤に淡島千景というラインナップ。

この淡島千景さんがですね。 もうその可愛らしいことったら・・・・文句なし! ノックアウトされましたです。 ハイ。
お藤さん・・・・滅法気が強くって情に厚い女。 長唄のお師匠さんを生業として、左膳との所帯を切り回すシッカリ者。(時代劇には好くありそうな設定ですな)

なにせ天下無双。 この世に怖いものなんて一つも無い丹下左膳が、この女房にだけはてんで頭が上がらないと来ていますから、二人のやりとりがもう可笑しいったらナイです!!
私、かねがね淡島千景さんの演じた現代劇のファン(小津映画など見て)ではありましたけれど、時代劇での御内儀さん役がこれほどドンピシャとは想わなかったですね。

さて丹下左膳。 私はこれまで勝手に、クールなアウトローとばかり想っていたワケですけれど、1952年製作のこの映画でバンツマ扮する左膳は、それとは異なり豪放磊落/陽性の傑物として描かれていました。
その押し出しの好さ、豪快でケレン味たっぷりのキャラは、今時の俳優には中々見出すことの出来ないもの。

その他の脇役陣も皆々芸達者揃いで、スキというものがないモンなあ。
剣戟あり、コメディーあり、それから唄まで。 サービス精神旺盛でとにかく愉しませます。
これぞバンツマ、そしてチャンバラなんですな!
すっかり堪能しました。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 01, 2011

第二種冷凍機械責任者

 
 
電気冷蔵庫ってものについちゃ、自分が物心ついた頃、我が家でも使っていたワケですが。
ではエアコンは・・・・広く一般に普及して、世間様で当たり前のように使われるようになってからも、久しく我が家にはありませんでしたねぇ。
夏は扇風機、冬には石油ストーブばかりを頼りに過ごしてきた我が人生であります。

さて現在。 家庭や職場など、何処に入ってもエアコンが当たり前のように完備されている世の中です。
様々なタイプがありますけれど、一台の機械で夏は冷房、冬は暖房と切り替えの効く奴が何かと便利。
最近は、ヒートポンプなんて呼び方(概念)も広まってきましたな。

暖房と、それから冷房。
この内暖房、つまり暖まる方については、マァなんとなく、感覚的にも納得がゆくってモンですね。
エネルギー(燃料や電気)を消費して熱を得る。 ってこれは、火を点して暖を取るイメージに繋がりますから。

けれど冷房、すなわち冷やす方はどうでしょう。 これについちゃ、私は昔からどうにも納得がゆかなくってですね。
一体どういったカラクリで、ものを冷やすことが出来るんだろうって、不思議に想ったこと、ありませんでしたか?
エネルギーを消費して、そのチカラで温度を下げるって・・・・やっぱり、感覚的に釈然としませんなぁ。

         ▽▲▽▲▽▲

さて私、この度「第二種冷凍機械責任者」免状というものを取得致しました。
(あ、獲れたのは今年の一月のことでして、そんなこと今更言うかってハナシではあるんですけれど・・・・なんか、ここに書きそびれちまっててですね)
通称で「冷凍2種」とか「2冷」とも呼ばれている、これは高圧ガス保安法に規定される高圧ガス製造保安責任者の資格区分の一つであり、冷凍に関わる高圧ガスを製造する施設において保安の業務を行う国家資格なんであります。
その職務の範囲として、高圧ガス保安協会のサイトには以下のように記されています。

<<
主に中型冷凍空調機器を備えている施設、冷凍倉庫、冷凍冷蔵工場等において、製造(冷凍)に係る保安の実務を含む統括的な業務を行う方に必要な資格で、1日の冷凍能力が300トン未満の製造施設に関する保安に携わることができます。
>>

ですって。
何がなんだか、ですよね。
かく言う私も、ぢつはあんまり好くは判って・・・・ハハハ。

         ▽▲▽▲▽▲

どうやら直接役には立ちそうもない(またかい)資格ですけれど、今回はまあ、子供の頃から不思議でならなかった、冷やす仕組みについての知識(の凡そ)を得た。 そう言うことで、まぁイイかと想っています。
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2011 | Main | June 2011 »