« February 2011 | Main | April 2011 »

March 29, 2011

菊次郎の夏

 
 
菊次郎の夏
Kikujiro
菊次郎的夏天
 
 
 監督、脚本、編集:北野武
 音楽:久石譲
 出演:ビートたけし
 
 
    1999年  日本
 
 
ここんとこ、さっぱり意気が上がらないっす。
東日本大震災とその後一連の大混乱ってことも勿論あるんですけれど、それ以前から・・・・ここ二ヶ月くらいというもの、心の奥底に澱でも溜まったような、どよ~んと沈んでいる何かを感じています。
まぁ、人生、いろいろとありますし。
で、そこへ来てこの地震騒ぎですからね。
スキッとしないのも、まぁ無理ないか(おい)とか想っちゃうわけですけれど。

それはそうと、三月も末と言うのに未だ冷えますねぇ。
このところ寒々しい話題ばかり続くし、好い加減暖かくなってくれても好いじゃなイカ、とか想うわけです。(暑くなったらなったで、お次は冷房に使う電力事情の不安ってことが待っている筈ですけれど)
一足先に夏の気配を感じてみたく、この映画のDVDを手に取りました。

         ▽▲▽▲▽▲

夏休み。 見も知らぬ母を訪ねる小学生の正男と、それに付き添うチンピラ・菊次郎(ビートたけし)とが繰り広げる珍道中(?!)。

近頃のドラマは、演技の達者な子役が増えた気がします。 と言うか、相当上手い子が出て来ても、もはやそれほど驚きもしなくなっちゃってる。
それが、この作品に登場する少年(正男君)は甚だ淡白で控えめです。
良くも悪くも、子供らしい子役、と言えるでしょうか。
北野監督、どうやら子役に対しては殊更に演技とか、大人が喜びそうな(子供らしい可愛い)リアクションを要求しないようですね。
私としては、それは判るんだけれど、でも(今時の芸達者な子役ちゃんに慣れてしまっているためでしょうか)ちょっとばかり物足らなく感じてしまって、もう少し積極的に演技させる手もアリかなと想いました。

         ▽▲▽▲▽▲

さて私、どちらかと言えば説明の多いドラマをニガ手としています。
ドラマの設定、事の次第や因果関係について、台詞や演出のあれこれで判りやすく説明されたりすると、かえって野暮に感じちまうんですな、私の場合。

で、「菊次郎の夏」はと言うと、その点至極アッサリです。
映画のほうからはあんまり語らないから、見る側が逐一察してゆかねばならない。
人によっては、これを説明不足と見るかもしれません。
でもそのお陰で、ここには静謐かつ適度の緊張感を湛えたドラマ空間が生まれています。
言わずもがなのことについて、一々場面や台詞を割かない寡黙さ。
こういう不器用(とも取れそう)で男らしい素っ気なさ、嫌いじゃあない私です。

音楽は久石譲さん
一度聴いたら忘れられませんよね。
私なんぞが今更クドクドと書くまでもなし、であります。
音楽の爽やかさと、菊次郎の粗暴(!)さとのコントラストの妙が好きです。

         ▽▲▽▲▽▲

母恋のロードムービーは、しかし映画の半ば辺りまで、なんであります。
終盤の夏休みキャンプパート(?)は、傷心の子供を元気付けるためと称して、いつか遊びに熱中しちゃう大人たちを活写。
やりたい放題(まぁ、普段からやりたい放題の菊次郎だけれど)の夏休みを過ごしていた子供時代に帰って、これまさに(大人になっちゃった)男の子の世界ですよ!
幾らイジメテも構わない(!)たけし軍団メンバーを相手に、ビートたけしが長年テレビで培って来た(人生無駄な経験なんてないワケだ!)バラエティー・ワールドが展開。
しっかりと愉しんじゃった私です。

         ▽▲▽▲▽▲

夏の想い出。 中でも子供の頃過ごしたそれは、格別ですよね。
日向の強烈な暑さに、蝉時雨。 日陰に居て何もせず、ダラダラと過ごす時間の静謐さ。
想えば私は余程ノンキな子供で、日付感覚なんてトウから喪失。 「ええっとこの夏休み、いつまで続くんだっけ・・・・」なんてボンヤリ想ったりしてましたね。
でも、そんな日々にも、無論のこと終わりは来るわけです。

かつての私がそうだったように、菊次郎や少年の夏もまた・・・・

今でも時々は戻りたくなる、あの頃の夏を想い出させられた映画でした。
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 25, 2011

東日本大震災・スーパー巡り

 
 
私、このところ毎日のように近所のスーパーへと立ち寄っています。 入り用なものがあろうがなかろうが(もとよしとも想えぬマメさ)です。

私が出動する先は主として、近所の大規模スーパーマーケット、不夜城イオン津田沼ショッピングセンター
入って何か買い求めるって言うんじゃあなく、店内をうろついて、その日店頭に並べられている商品を逐一チェックして廻るんです。

震災の後、日持ちのする食料品を中心に、生活用品がたちまち売り切れてしまいました。
アレは(その事情を、理屈では判っても)結構ショッキングな眺めでしたね。
以来、店内の様子をウォッチして、次第に震災前の状態に回復してゆく過程を確認しています。
こうして、自分の中で(ここ一連の騒ぎによってかき回された)平常心/安心感を取り戻しているのかもしれません。

特にここ数日というもの、売り切れていた商品いろいろが、急速に店頭に戻って来ました。
因みにカップラーメンや袋ラーメン(震災後、直ちに消え失せました)など、今はその時々で、あったりなかったり。
きっと、入荷しても、棚に並び次第あっという間に売り切れちゃうんでしょうね。 ホント、うらやましいくらいの人気者だなぁ。

         ▽▲▽▲▽▲

ここ「問はず」に度々書き記しています通り、私の住まう津田沼界隈は大手スーパーのひしめき合う、いわゆる「津田沼戦争」の激戦地です。
けれど、小売店は大手ばかりじゃあない。 私は、(イオンのような新参の大手ではない)昔から地元に根付いた、ごく小規模な小売店にも折々立ち寄ってみるのです。
こういうコンパクトな小売店では、売っているものが(大手系列店と比べて)かえって割高だったりするんですけれどね。
昨日、私がぶらり入ったマーケットも、やっぱり店内は品薄。 というか、イオンよりも、むしろモノがないですねぇ!
こういう店は流通に体力がないと言うか、一旦店内の在庫を売り切っちゃうと、次仕入れるのがタイヘンなんでしょうか?

ともあれ私は、カボチャ(1/4)と発泡酒(500ml)を選んでレジへ。
そこで(他にお客も居らず、余程ヒマだったのか)店のご主人と暫く話し込んじゃいました。

「もうね、放射能が大気中に拡散してるでしょ。 農作物は残らず浴びちゃってる。
放射能は海にも拡がってるから、魚もダメ。
もう、喰えるもんがないよね。
この辺りの畑で採れる野菜も、みんな浴びちゃうよ」

まったく酷い話しだよね。
俺たちこの先何食ってけばイイんだろう?!
て~か、そんなコト言ってちゃあ、今この店で売ってる野菜まで否定して・・・・・

「お客さんの今買ったカボチャね、メキシコ産だし」

へぇ~! ぜんぜん知らずに買ってたよ!
でもちょっと待った、それじゃあ、お米も浴びちゃうんだ?

「そう、だからこれからは外国米だね」

げぇ(輸入モノにはまるで拘らない私だけれど)お米だけは、ザンネンです・・・・

与太話ししてる積りが、果てしなくネガティブな内容になってゆきます。 トホホ。
で、家に帰って早速煮てみたメキシカン・カボチャ。 中々旨かったです。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 21, 2011

習志野シティフィル第51回定期(中止)

 
 
東日本大震災が列島を(文字通り)震撼させて、はや十日ばかりが経ちました。
あの日以来、執拗に執拗に、何度も何度も、頻発して切りのない大小の余震。
あれ以来注視しっぱなしのメディアからは、続々と伝わって来る被災地の惨状、避難者の困窮(犠牲者の数の、日々カウントアップされてゆくことの恨めしさ!)の報せが尽きません。
そして福島第一原発の事故・・・・事態の進展が今ひとつハッキリと見て取れない分、重苦しい気分が日増しに募ってゆきます。

さて、自分の周囲を見廻してみれば、普段利用するスーパーから生活物資、中でも保存の効きそうな食品から先、見ン事(?!)煙のようにパッ!と消え去ってしまったのには、今更ながら驚いちゃいました。(我ながら、危機感の足りないハナシですけれど)
で私は、常日頃買い求めている袋入りラーメンが、品切れで買えなくなっていて、ちょっとコマッテいます。(だから、危機感が・・・・)

計画停電・・・・私の周囲でも影響を受けています。 けれども私の場合、今のところ不思議と(丁度その時間、その地域に居なかったりして)停電を免れ続けています。 この相性(?)については、我ながら好く判りません。

無論のこと、諸事省電力に努めています。
けれども(職場はともかく)自宅にあっては、あんまり不自由を感じていないですねぇ。 私、元々がエネルギー消費の余程少ない暮らしをして来たみたいです。

鉄道の運行状況・・・・先のエントリーにも記しましたように、14日には普段私の使用している路線が終日運休してしまい、かなり難儀しました。
以来、鉄道を利用する際は時間に十分余裕をみて動くよう心掛けています。 ここしばらくは、間引き運転が続くでしょうしね。
 
         ▽▲▽▲▽▲
 
さて、本来であれば今日は、習志野シティフィルハーモニック 第51回定期演奏会の、その当日なのです。
けれども、演奏会は中止となりました。
地震により、いつもの習志野文化ホールが使えなくなっているとのこと。
まぁ、たとえ会場が使用可能な状態であったとしても、計画停電、交通事情の混乱、そして被災地の窮状や原発の不安など、落ち着いて音楽に打ち込める状況とは言えませんし。 この度の定期演奏会中止は、まことに当を得た選択と想います。
 
東日本大震災により今や幻となった習志野シティフィルハーモニック 第51回定期演奏会で予定されていたプログラムは以下の通りです。
 
 
 
 習志野シティフィルハーモニック(幻の!)第51回定期演奏会
 
   2011年3月21日 (月曜日)
     習志野文化ホール
 
  チャイコフスキー:バレエ音楽「眠れる森の美女」よりワルツ
  ラフマニノフ   :ピアノ協奏曲第2番
  チャイコフスキー:交響曲第5番
 
 

| | Comments (8) | TrackBack (0)

March 16, 2011

東日本大震災・終日運休

 
 
週が明けて月曜日(三月十四日)の朝。
今日から計画停電が始まるんだっけと、取るものも取り敢えずネット/ニュースに眼を通してみれば、なんとまぁ私の通勤経路上にある鉄道路線が終日運休ですと!

運休ねぇ。 それも終日でしょ。
前日のうちに判っていれば、まだ手の打ちようもあるってもんですけれど、その日の朝にイキナリ、今日一日動かないゾって告げられてもですねぇ。
なんで? 先に言ってよ! ってことなんですけれど、震災からこっち、一連の経緯を鑑みれば、強引とさえ言える(いろいろと事情はありましょうが)この運用も、まぁしょーがねぇかと受け入れるしかないですね。

それにしても、日頃利用している路線をまる一日止められるとなると、機動力を持たない私としては手も足も出ません。 途方に暮れちゃいましたよ。
しかし、そこは私も日本の勤め人。
運休なんぞでメゲルことなく、万難を排して職場を目指すワケですよ。(このパッション、一体何処から来るんでしょう? はは。)

自宅から職場まで、今現在取り得るルートをネットで調査。
で、30分掛かってようやく突き止めましたぜ!
普段は使わない鉄道路線と、バス路線を組み合わせれば、職場までどうにか辿り着けそうです。
今から出掛けても遅刻するは必定ですけれど、でも、これっきゃない!

職場には予めその旨連絡をして、とにかく出発したんですけれど、案の定(?)、途中乗ったバスでツマヅキましたね。

とにかく路が酷く混んでいて、遅々として進まない。
日頃バスに乗りなれていない私としては、こういう状況に陥るとからきし意気地がなくなります。 イライライライラ・・・・
やっとこさ職場に辿り着いたのは、家を出てから3時間半も後のことでした。 ハイ、ご苦労さん。

とっくに出て来ていた同僚らと合流して、計画停電に備えます。 結局、停電は実行されませんでしたけれどね。 結果オーライなり。
この日も職場に泊まり。 お陰さまで現在は帰宅しています。

         ▽▲▽▲▽▲

計画停電もそうですけれど、鉄道の方もまた、今しばらくは不安定な運用が続きそうですね。
日々の情報収集と早めの対応を心掛ける積りです。
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 13, 2011

東日本大震災・帰宅しています

 
 
丁度その時刻、私は職場があるビルの地下一階にいました。
揺れを感じ始めた時点では同僚と「また揺れるねぇ」なんて、余裕ぶっこいて笑いあっていたわけですけれど・・・・しかし、かつて経験した試しのないほど長く、そして激しい揺れです。
なんと言ってもこのビル、とっても頑丈に出来ている筈なんですけれど・・・・しかも地下の一階に居て、なおかつここまで大きく揺れるということは・・・・顔色のだんだんと蒼くなるのが、自分でも判りました。
早速テレビに飛びつき、各地の状況を確認。 職場の一同、眼を疑いました。

         ▽▲▽▲▽▲

その後は職場あちこちの被災状況を(余震の続く中)調べて廻りました。
お陰さまで、ほとんど被害はなかったです。

こうしてその日の仕事を終えたわけですけれど、未だ交通網はダウン中。 とにかくそこいら中の鉄道が停まっています。
これほどの事態は(私にとっては)初めて。 さしもの能天気な私も、改めてことの重大さを実感した次第です。

この日私は帰宅を諦め、職場に泊まることにしました。
泊まり込むには、いろいろと都合好く(そこそこ快適に)出来ている職場なんです。
で、その夜はテレビに釘付け。 各地の深刻な被害状況を眼にして言葉もありません。

地震の翌日(未だ余震が続いていますけれど)も職場のあちこちを点検して過ごし、夕方になってから退社。
鉄道交通網も、ようやく運行を再開し始めています。
私の場合一駅分だけ、徒歩の移動を余儀なくされましたけれど、これくらいで済んだんですから、実にありがたいことと言わねばなりません。(何年か前、都心に通勤していた頃の私であれば、いわゆる帰宅難民の一人になっていた筈)
家に帰り着くと、すっかり疲れ果てちゃっていて・・・・メシ喰ってそのまんま寝ちまいました。

         ▽▲▽▲▽▲

これを書いている今も余震が・・・・
まだまだ被害は拡大しており、予断の許されぬ状況ですね。
被災地にお住まいの皆様、心よりお見舞い申し上げます。
 
 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

March 10, 2011

むかつく二人

  
 
むかつく二人
 
   三谷幸喜、清水ミチコ
 
      2007年  幻冬舎
 
 
テレビをあんまり見なくなってしまった私、その代わりにと言っちゃなんですけれど、ラジオのトーク番組などは好んで聴いていたりします。
本書「むかつく二人」は脚本家・三谷幸喜さんとタレント・清水ミチコさんが出演されたJ-WAVEのトーク番組(2005年)が元になっているのだそうで。 その番組、私は未聴なんですけれど、絶対面白かったろうなぁ。 是非とも聴いてみたかったです。 残念至極。
 
         ▽▲▽▲▽▲
 
以前にこの「問はず語り」で取り上げた三谷さんの対談集「気まずい二人」。
あれは三谷さんがホスト役を務め、毎回各界で活躍する女性をゲストに迎えてトークを繰り広げるという対談集でした。

けれどもホスト役を務めるのが、筋金入りの人見知り(!)でかつ口下手(!!)という三谷さんですからねぇ・・・・どうみても無理のあるセッティングですけれど、でもそれ故に面白かったんですね。
三谷さんが上手く喋らなくちゃと焦りまくったり、絶句/フリーズしちゃったりする様が可笑しくもあり、またスリリング(?!)でもあったりして・・・・

         ▽▲▽▲▽▲

さてさて、本書「むかつく二人」でのお相手はと言うと清水ミチコさん只一人だけ。

もともと仕事そしてプライベートでも付き合いのある、いわば気心の知れた二人らしく、三谷さんも伸びのびとトークを進めてゆきますし、時にお坊ちゃま気質をフルオープンにして、ちょいとワガママに振舞ったりも・・・・

一冊まるごと三谷幸喜&清水ミチコの対談なんですけれど、親しい間柄の二人のフリートークがメインだけに緊張感(?!)はナシで、読み終えても、実はあんまり記憶に残ってなかったりします(おい)。

ともかく、気軽に読めて愉しかったですね。
  
 
 
   「気まずい二人」(1997年)  (三谷さんと各界で活躍する女性陣との対談集)
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 02, 2011

寄席は毎日休みなし

 
  
落語家柳昇の
  寄席は毎日休みなし
 
 
      春風亭柳昇 著

         1999年  うなぎ書房
 
 
 
Photo
 
 
五代目春風亭柳昇師匠の高座についちゃ一度だけ、私は初めて新宿末廣亭を訪れた折に拝見したことがあります。
当時、高座に上がるのも大儀そうなご様子で、素人目にも闘病中というのが見て取れました。
が、客席からとても暖かい拍手(常連と思しきお客さんを中心に)を浴びていたのが印象的でした。
師匠が泉下の人となられたのは、それから暫くしてのことであったと記憶しています。

偶々とは申せ、一度でも柳昇師匠の噺を伺うことが出来たのは、今想えば本当に僥倖といえます。
ギリギリ、どうにかこうにか間に合いましたってところですね。

         ▽▲▽▲▽▲

本書は春風亭柳昇師匠(1920年~2003年)の芸談、体験談をまとめたもの。

柳昇師匠と言えば、その柔らかな物腰、押し付けがましさのない態度が印象深いです。
淡々と語るだけなのに、そこはかとない可笑しさが込み上げて来る噺っぷりは他に得がたい魅力。
亭号に相応しい(!)春風駘蕩のごとき高座は、動画サイトなどでも確認出来ますね。

そんな師匠の書き記された文章は(如何にもというべきか)気取りやケレンのない、至って生真面目なもの。
謙虚で決して偉ぶることのない姿勢があってこその、ああいう高座だったんでしょうね。

噺家を志す以前、6年間に及んだ軍隊経験。
芸人としての、弛まぬ向上心。
売れっ子噺家となった現在の、日々の雑感 等など。
老境を迎えた師匠らしい、老いについてや、健康についての記述は、いずれも含蓄に富んで、取り分け味わい深いものでした。
前向きな、しかし肩肘張らぬ姿勢に、やはり柳昇師匠らしさを感じさせられました。

平易な文体でスラスラと読み進められ、清々しい気分になった一冊です。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 2011 | Main | April 2011 »