« ラフマニノフ ある愛の調べ | Main | 寄席は毎日休みなし »

February 26, 2011

裁判長!これで執行猶予は甘くないすか

 
 
  裁判長!これで執行猶予は甘くないすか
 
     北尾トロ 著
 
        文藝春秋  2007年
 
 
北尾トロさんの裁判傍聴記です。
そういえば前著「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」について私は、あんまり好い印象を持つことが出来なかったのでしたね。
内容については兎も角として・・・・著者の傍聴に取り組む姿勢に共感が持てなかったってことについちゃ、以前ここ「問はず~」に書き記したものです。
その次回作を読んじゃいましたよ。

内容としては前作とさほど変わらず。
裁判所の傍聴席と言う、いわば高見の場所から、被害者 VS 加害者、それに検察側と弁護側の加わったガチンコ勝負を愉しんじゃおうという筆者です。
被告と検察とのやりとりなど、被告が素直過ぎ(?)て、イマイチ質疑の盛り上がり(!)に乏しい場面など、「もっとマジメにやれ!」とか(心中で)ハッパをかけちゃう筆者のスタンスは相も変わらず~。

事件そのものもさることながら、それに関わった人々のドラマ性、人間模様を追い駆けるのが北尾さんの傍聴流儀。
世間の耳目をひくような大事件よりも、なるたけ下世話(!)な、市井の小事件を扱う小法廷を好んで見て廻ります。
で、そこに出廷する被告の中には、常識を欠いた・・・・かな~り変わったヤツのいることも多々。
彼ら彼女らの「ありえない」行動や思考にいちいち呆れ・・・・オモシロがる著者。
ん~、そういうのが、根っからスキな人なんだねぇ。
ま、こういう本を性懲りもなくまた読んじゃうオレもオレなんですけど。

それでも傍聴を重ねる内にはごく稀に、被害者/加害者(同情の余地ある場合)の法廷での言動や運命に共感し、その想いに感動することもある。
そんな時、想わず涙ぐんでしまう北尾さんです。
結構、人情派でもあるんだな。 ふむ。
興味本位/オモシロ半分(な態度と私は見てしまう)に小法廷を渡り歩いたこの傍聴記も、著者にそういう面のあるお陰で、余程救われているな、と私は想います。
 
  
 
   「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」  北尾さんの裁判傍聴記の一作目
 
 

|

« ラフマニノフ ある愛の調べ | Main | 寄席は毎日休みなし »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/50974760

Listed below are links to weblogs that reference 裁判長!これで執行猶予は甘くないすか:

« ラフマニノフ ある愛の調べ | Main | 寄席は毎日休みなし »