« 北洋船団 女ドクター航海記 | Main | ラフマニノフ ある愛の調べ »

February 15, 2011

雪やこんこ

 
 
今日は比較的早く、未だ陽のある時間に帰宅して、その後ずっと部屋に居て過ごしました。
で、さっき何気に窓から外を見たら、雪じゃあないですか!

人家の灯りや街灯に照らされた雪景色。
我が家の周囲は、日頃見慣れた様子が一変しております。

それにしても、夜に降る雪というのは、なんて風情のあるものなんでしょう。
後からあとから、降りしきる雪。
しばしの間寒さを忘れ、ボンヤリ眺め入っていたら、すっかり身体が冷えちゃいましたよ。 ブルブル。

この雪で、交通事情にも影響が出ているんでしょうか(なんといっても当地は雪に慣れていないですからね)。
今日は、早く帰っておいて助かりました。(この雪で帰宅に難儀されている皆様、スイマセン!)

しかしまぁ、こうして雪が降っていることに、さっきまで気が付かなかったなんて、我ながらもう実にノンキなもんです。
先日も雪が降ったけれど、あれはホンのささやかなもので、ほとんど積もりもしなかったけれど、今日のは本格的ですよ。
明日の朝は、一面の銀世界(おおげさ!)でしょうね。

それにしてもワタクシ、明日はお休みにしてあって、ホントにラッキーでした。(重ねてスイマセン!!)
 
 

|

« 北洋船団 女ドクター航海記 | Main | ラフマニノフ ある愛の調べ »

Comments

昨夜は雪の中外出していましたが車の中で観る雪もロマンチックな気分になりますね。雪がロマンチックなどといっては豪雪地帯の方に申し訳ありませんが。。。

ただ、わが地方、ほとんど銀世界になった為しがないのです。今朝もあちこちはげちょろ状態で、ちょっと期待したぶんがっかりです。。。

Posted by: おキヨ | February 15, 2011 at 12:10 PM

>おキヨさん

そちらも積雪地ではないんですね。
雪って偶に降ると、どうしても(仕事やお買い物、通勤などで難儀しない限り)はしゃいじゃやいますね。(^^ゞ

今日仕事を休みにしていた私は、午前中外出した折に、ホンの少しだけ雪景色を愉しみました。

今朝方はそこかしこが真っ白でしたけれど、快晴の下、お昼過ぎには大部分が融けてしまいましたねぇ。
交通機関に大きな乱れなど無かったようで、なによりでした。

Posted by: もとよし | February 15, 2011 at 05:00 PM

こんばんは~
 そちらも雪景色になったのですね。
雪のない所に住む者にとっては、わくわくしますよね。
銀世界、別世界のようですものね。
お仕事お休みでよかったですね^^。

Posted by: みい | February 15, 2011 at 09:11 PM

今回の積雪は、関東地方のほうがひどかったのかな?たまたま嫁が旅行で東京に行っていて『雪降ってる~weep』ってメールを送ってきてブーたれていました。
ワタシは『非日常感』というものが大好きで、大雪予想が出るとウキウキしてきちゃうんですよね。一般的に積雪は通勤・通学に困るという理由なんかで敬遠されるんですけど・・・
あと台風の時、わざわざ増水した川を見に行って流されちゃう人とかいるじゃないですか。見に行きたくなるその気持ち分かるんですよね~。ま、台風は甚大な被害や死傷者が出るおそれがあるので、不謹慎な事は重々承知しているのですがね。

Posted by: ともやん | February 15, 2011 at 09:19 PM

>みいさん

普段見られない雪景色に、束の間のワクワクでした。(^ァ^)
今はやっていませんけれど、以前カメラに凝っていた頃は、積雪ともなればカメラを提げてそこらを延々歩き回ったモンです。

お陰さまで今日はお休み。 雪融けの様子を眺めながら過ごさせて貰いました。(^ァ^)

Posted by: もとよし | February 15, 2011 at 10:07 PM

>ともやんさん

こちらは、ちょっとの雪(積雪地の方から見れば)であっても、交通に少なからず影響が出ますからねぇ。
奥様も、慣れない旅先での雪に、ご苦労されたのではないでしょうか。

非日常と対面してのワクワク感(^ァ^)ってのは、私にもワカル気がします。
私も雪の降る日に、わざわざ周囲の様子を見て廻ったり。
それから、川崎市に住んでいた頃なんて、大雨の降った後、ワザワザ近所の多摩川まで出張ったりしたことも。
幸か不幸か(^^ゞ、滅多にその機会はないんですけれど。(^^ゞ

Posted by: もとよし | February 15, 2011 at 10:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/50874215

Listed below are links to weblogs that reference 雪やこんこ:

« 北洋船団 女ドクター航海記 | Main | ラフマニノフ ある愛の調べ »