« 座頭市物語 | Main | 参佰宴 »

November 24, 2010

津田沼散歩・谷津干潟、初冬

 
 
谷津干潟。 東京湾岸の埋立地の中に、ぽっかりと矩形に残されたこの野鳥の楽園へは、比較的近い距離にある拙宅です。
歩いてもゆける程度ですから、度々散歩に出掛けることもあったりして・・・・というのは以前にもここ「問はず」に書かせて頂きました。

でも秋~冬季となると、これまであまり行った記憶がないんですね。
丁度この時期、渡り鳥がはるばる大陸から飛来するというのに、いつもその間ボンヤリ過ごしていたなんて。 まったく我ながら、ナニやってんだか。
というわけで、今日は初冬の谷津干潟へと出掛けてきました。
 
 
 
_20101124_2
 
 
まことに好い塩梅に晴れ渡った空の下、吹く風も穏やか。
ウォーキングを愉しむ人や野鳥ファンなど、谷津干潟の周辺、今日はまぁまぁの人出です。
私は小ぶりの双眼鏡を首から提げて、干潟の周囲に整備されている遊歩道をぐるりと廻ってみました。 こんな日は、路行く人の眼差しさえ穏やかです。

野鳥についちゃ素人の私ですけれど、それでもヒドリガモやセイタカシギの群れなど見つけて愉しむことが出来ました。 それから小ぶりのシギの類。 こちらは潮が退いて露出した砂地に群れを造って盛んに採餌しています。
 
それにしても、長閑だねぇ。
干潟の南側を走る、東関東自動車道から絶え間なしに聞こえて来る自動車の騒音を別とすれば、時折周囲の住宅から物音(子供らの歓声とか)の届く程度。 平らかな初冬の昼ひなかです。
ずっと遠く、干潟の中ほどにダイサギとアオサギがそれぞれ一羽ずつ。 何処から飛んでくるんだろう?

すっかり寛いじまって、ボンヤリ水面を眺めていたら、干潟のあちこちに散在する群れが一斉に飛び立ち始めました。 すわ何事かと干潟を見回せば、干潟のはるか上空を旋回する一羽の猛禽・・・・トビかしら。
こんなのに見下ろされていたんでは、渡り鳥としても気が気じゃあないでしょうね。
ノンビリとして見える干潟ですけれど、そこは過酷な野生の世界。 こういうこともあるんですね。

さてと、初冬の干潟を満喫出来たし、気温が下がり出す前にさっさと撤退することにします。
至って平穏な初冬の一日でした。
 
 

|

« 座頭市物語 | Main | 参佰宴 »

Comments

干潟が近くにあるんですね。それは行かなくっちゃ(笑)
小さな生き物や鳥たちの姿、見飽きませんよね。
わたしの住む所の近辺には干潟はありませんが、池が干上がって干潟状態になっています(ブログに書きましたが)興味深く見てしまいました。

散歩も寒くなると大変、今が一番いい時季ですね。

Posted by: みい | November 26, 2010 at 11:41 AM

>みいさん

ホント、水辺の様子というのは見ていて面白いですね。(^ァ^)
画像の方は、未だ潮の高い頃に撮影したので、なんだか池みたいでしょ。(笑)
もうしばらくすると潮が退いて、露出した砂地からカニの大集団が顔を出すんですよ。

もうすぐ師走。 寒さも本格的になれば、のんびりお散歩とは行かなくなりますね。
とはいえ、冬の谷津干潟も見たいし。(笑)
防寒対策をしまして、また出掛けて来ようと想います。(^ァ^)

Posted by: もとよし | November 26, 2010 at 08:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/50122900

Listed below are links to weblogs that reference 津田沼散歩・谷津干潟、初冬:

« 座頭市物語 | Main | 参佰宴 »