« ゲゲゲの女房(連続テレビ小説人生初完走) | Main | 風林火山 (1969) »

October 11, 2010

サッカー国際親善試合:日本VSアルゼンチン

 
 
  サッカー国際親善試合
     日本代表 対 アルゼンチン代表
        2010年10月8日    埼玉スタジアム
 
 
サッカーの試合中継とか、日頃殆ど見ない私ですけれど、こればっかりは別なのです。
今回は本当に偶然のタマタマ、丁度その時間ヒマにしていて、しかも目の前にテレビがありましたので。
試合の始めからお終いまで、しっかりと見てしまいましたよ。
えぇ、それだけの価値ある一戦でした!
なんたって強豪アルゼンチンを相手に1-0。 日本サッカー初の勝利です!

ことサッカーに関して、決して熱心とはいえない私。
その素人目から見て「それにしても、日本も上手くなったなぁ!」というのが、失礼ながら今度の試合の率直な感想です。

なにしろ、これまでに見て来た代表戦はといえば、どれもじれったい限りでしたからねぇ。
せっかくボールを奪っても、敵陣を前にしてパスを廻し合うばかり。
その間に敵チームは着々と防御配置を済ませてゆくワケですね。 で、準備完了した頃合をみて(?)、じゃ始めますかって感じで(おずおずと?)攻めに掛かる・・・・と素人目には映りました。 その様子がもう、なんとも歯痒くって。

それが今度の試合では、ボールを奪ったらすかさず、その場に絡んでいた数人のみで、躊躇いなく陣中深く攻め込んでゆく。
プレイのどこかどう変わったとか、私には好く判りませんけれど、とにかく、こうでなければと想わせられる展開。 見ていて頼もしかったです。

前半は特に快調でしたね。 後半になって、アルゼンチンが地力を見せ出したのか、それとも体力差か、かなり押され始めたように想います。

そして、後半も終わりが見えてきた頃になってゴールキーパーの負傷、そして交代。
激しく攻め立てられる日本ゴール・・・・これって、これまでに何度も見た気のする「いつものパターン」?
またぞろ試合終了直前にゴールを貰っちゃうんじゃないかとヒヤヒヤしましたよ。

でも、お終いまで持ち堪えてくれました。
好かった、ヨカッタ!

こうなると、次の代表戦が俄然楽しみです!
 
 

|

« ゲゲゲの女房(連続テレビ小説人生初完走) | Main | 風林火山 (1969) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/49716359

Listed below are links to weblogs that reference サッカー国際親善試合:日本VSアルゼンチン:

« ゲゲゲの女房(連続テレビ小説人生初完走) | Main | 風林火山 (1969) »