« サッカー国際親善試合:日本VSアルゼンチン | Main | 今日から十一月 »

October 21, 2010

風林火山 (1969)

 
 
風林火山
Samurai Banners
 
 
 監督:稲垣浩
 原作:井上靖著 「風林火山」
 音楽:佐藤勝
 出演:三船敏郎  :山本勘助
    中村錦之助 :武田信玄(晴信)
    佐久間良子 :由布姫
    石原裕次郎 :上杉謙信
    中村翫右衛門:板垣信方
    中村賀津雄 :板垣信里
    志村喬   :飯富虎昌
    田村正和  :武田信繁
    中村勘九郎(勘三郎):武田勝頼
    中村梅之助 :荻原弥右衛門(勘助の腹心)
    緒形拳   :畑中武平(勘助の槍持ち)
 
 
   1969年  日本
 
 
  Samurai_banners
 
 
「風林火山」のドラマといえば、なんといっても2007年のNHK大河ドラマの印象が鮮烈ですね。 内野聖陽さんの造り上げた山本勘助像があまりに素晴らしく、1969年のこの映画の方は鑑賞するのを躊躇していたのですけれど、もう随分と経ちましたしねぇ。 そろそろ見てみようかと。
 
それにしても、う~む。 重厚長大。
当時の大スターたちの競演で綴る一大戦国合戦絵巻です。

そのスター中のスター、山本勘助を演じる三船敏郎さんですけれど、とにかく貫禄十分。 その存在は、正に風林火山を体現していますね。
只、かつて黒澤映画で見せたような煌めきはもはや見られず。 ま、やむなしでしょうか。
それにしても、漆黒の具足に身を固めた三船勘助、その馬上のカッコよさよ!

若きカリスマ・武田信玄に中村錦之助さん。 ケレン味たっぷりの錦之助に貫禄のミフネ、二大スターがこの映画の空気を決定付けています。
勘助の槍もちを務める、緒形拳さん(お若い!)はコメディリリーフの儲け役。 これは好かった!
この他武田二十四将も、それぞれ有名どころが固めているようですけれど、誰が誰やら(高坂弾正など、省略されていたようです)特定出来ず、でした。 お恥ずかしい、というか、ちょっと悔しいゾ。

とにかくストーリーがサクサク進むので、見ていて小気味好いです。
只、信玄関連の戦国史を知識として持っていないと、ワケが判んないかもしれませんね。

戦場をはじめとする群集シーンは、とにかく豪華で見応え十分!
この行列、いったい何処まで続くんだぁ?! とばかり、呆れるくらい大勢の人馬を揃えた武田騎馬軍団、その堂々の進軍風景や、川中島の戦いをはじめ合戦シーンの数々など、豪華絢爛にして見所も豊富。 今時の大河ドラマなど、この点敵ではありませんなぁ。
 
         ▽▲▽▲▽▲
 
映画の序盤、一介の牢人であった山本勘助が、武田家に売り込みを掛けるくだりがあります。
躑躅ヶ崎館にて、武田晴信はじめ重臣一同の居並ぶ中、戦国大名家数ある内から敢えて武田を選んだ、その「志望動機」を問われる勘助。
 
 
武田晴信 「なに、(甲斐に)足りぬもの?」
山本勘助 「この国(甲斐)には広く、大きな海がござりませぬ」
武田晴信 「では、そんな山国の武田に、なぜ随身する気になった?」
山本勘助 「海はなくとも、この武田には、(勘助が)好きで好きでどうにも堪まらぬものがござります」
武田晴信 「ほう。 それは一体なんだ」
山本勘助 「疾きこと風の如く、 徐かなること林の如く、 侵略すること火の如く、 動かざること山の如し。   風林火山。   ご当家の、あの旗」
 
 
御社の社訓に惚れましたってワケですかい!!
このテ、就活で使えそうですねぇ!
  
         ▽▲▽▲▽▲
 
演出など、いろいろと大味なところもあったりしますけれど、スター/名優総出演の超大作として、また往時の映画界に想いを馳せつつ、じっくりと(結構長いですし)愉しむことの出来る映画です。
 
 

|

« サッカー国際親善試合:日本VSアルゼンチン | Main | 今日から十一月 »

Comments

配役すごいですね~名優がずらりですね。
裕次郎謙信みてみたいですねえ~
昔のスターって今時のスターとは違うオーラがありますよね。
NHKの大河は観てましたが。
面白そう~

Posted by: みい | October 21, 2010 at 09:57 PM

>みいさん

はい。 豪華絢爛! スターが綺羅星のごとくずら~りです。(^ァ^)
惜しむらくは、名前だけ知っていても顔と結びつかない人が結構いたりして。(^^ゞ
当時二十代の田村正和さんなんて、最初誰だか判んなかったです。orz

上杉謙信の登場はホンのちょっとだけでした。
台詞もなし。(^^ゞ
敵方の大将として神秘的な存在にしたかったんでしょうか?
映画の公開当時、裕次郎ファンはガックリだったかも。(笑)

Posted by: もとよし | October 22, 2010 at 01:32 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/49806677

Listed below are links to weblogs that reference 風林火山 (1969):

« サッカー国際親善試合:日本VSアルゼンチン | Main | 今日から十一月 »