« 陰陽師 | Main | 久米宏 ラジオなんですけど »

September 14, 2010

岩井の海岸 (夏の想い出)

 
 
九月も、はや半ば。
超凶悪な猛暑ゆえ、このままエンドレスで続きそうな気さえしていたこの夏ですが、それもここへ来てようやく過ごしやすくなって来ましたね。 やれやれ。

これから秋を迎えるにあたって、この夏の想い出をば、ひとつ書き留めておくことにします。
 
▽▲▽▲▽▲
 
話は先日あったオケの定期演奏会から、ひと月半ばかり前まで遡ります。
定期演奏会前の恒例夏季合宿、一泊二日というものがありました。
場所は同じ千葉県の内房、南房総市。 岩井海水浴場の周辺に建つ民宿の一つです。
この民宿、周囲に数多ある他の宿と同様、基本は海水浴客向けなのですけれど、オケの入る程の練習会場を持っていて、無論音出しオーケー。 運搬の困難な大型楽器も備えてあるという、アマオケが利用するにはおあつらえむき場所でした。
 
▽▲▽▲▽▲
 
さて岩井といえば、その昔私が所属していた合唱団の合宿で、繰り返し何度も訪れた土地でもあります。 個人的に、いろいろと想い出深いのですよ。
合唱団員の殆どが都内在住でしたので、岩井までの移動はちょっとした旅行気分。
三浦半島・久里浜~内房・金谷間を航行するフェリーで東京湾を横切り、房総半島へと渡ったものでした。 あれはあれで、ホントに愉しかったな。

それが今回は、オケの方のクルマにありがたく便乗させて頂きました。
同じ千葉県内のことですから、あっという間に着いてしまいます。
 
▽▲▽▲▽▲
 
こういった音楽団体のする合宿ってのは、常日頃の練習と比べて時間をたっぷり使えるのと、仕事をはじめ日常のしがらみの諸々から解き放たれる開放感があるのがイイですね。 モチベーションも上々で、効果てき面ってモンです。
但し、生憎と参加人数は充分とはいきませんでした。 欠落パートが幾つか出来ているのと、頭数は居ても時折固まってちゃって音の出ない部分(はい、私のところです。 まことに申しわけないです)があったり。
 
▽▲▽▲▽▲
 
着いた当日しっかりと練習して夕食はBBQにお酒~。 翌日も朝からみっちりでお昼ご飯は定番のカレー。(そういえば合唱団の時もお昼はカレー喰いましたね)
喰い終わったら皆して速攻で地元に帰還です。 渋滞に捕まらずに済んだお陰で、帰路もあっという間でした。
地元では、夕方から普段の場所(と時間)での練習。 人も集まり出して、演奏会前らしくなって参りました。
昨日今日と、お陰さまで沢山弾きました。 でも、たったの一泊二日ですっかり疲れ果ててしまったのは、我ながら情けないなぁ。
 
▽▲▽▲▽▲
 
あの頃・・・・・我が歌っていた合唱団が定宿としていた岩井の民宿。 その佇まいを、今でも覚えています。
合唱団のことですから、練習場といってもそこそこの練習スペースにアップライト・ピアノの一台もあればそれで事足りるんですね。 今回泊まった民宿と比べれば、ずっとずっとシンプルなその宿を、それでも合唱団一同は大いに気に入っていたのでした。

今も、まだあるのかしら。 アットホームな宿で、働く人も皆気持ちのイイ人たちでした。 繁盛していると好いのだけれど。

オケの合宿二日目の朝。 想いっきり早起きしてしまった私は、手持ち無沙汰ということもあって、合唱団の泊まったあの民宿を捜してやれと想い付いたのです。
あの頃、岩井駅から宿まで歩いて向かった覚えがありますから、場所はこの辺り。 きっとすぐ近くの筈です。
一旦は記憶を頼りに訪ねて歩きかけたのですけれど、随分と昔のことで、これといった手掛かりもなし。 結局は海辺に出て、砂浜をぶらぶら散歩するに留まりました。
なにやら、腰が引けております。
 
 
イマイチ冴えない、夏の想い出でした。
 
 

|

« 陰陽師 | Main | 久米宏 ラジオなんですけど »

Comments

ノスタルジーあり、音楽あり、でなかなか羨ましいほどの夏の休日ではないでしょうか。

思い出の民宿が見つかれば劇的でしたのに、残念です。
趣味があって、仲間がいらっしゃるのは良いですね。

練習中は暑さ、大丈夫でしたか?
広い場所だったと思うので、かなり冷房が強烈でないと大変だったのではないか、なんて門外漢は思います。

Posted by: 晴薫 | September 15, 2010 at 05:04 PM

>晴薫さん

ありがとうございます。
お陰さまで、練習場も寝泊りに使った部屋も、クーラー効かせて快適でした。(^ァ^)

今回我々は海水浴とかしなかったんですけれど、それでも<海水浴客向け宿の夏>というのは、ちょっとした風情でしたねぇ。(笑)

お楽しみのBBQは、中庭で炭火を盛大に焚いてするプチ・ワイルド(???)なもので、なかなかオモシロかったっす。(^ァ^)

Posted by: もとよし | September 15, 2010 at 08:59 PM

やっと秋の気配が感じられるようになりましたね~
 待っていた秋だけれど、夏が去っていくとなると、なんだかさびしい気分にもなりますね。

もとよしさんはいい夏の思い出が出来たのですね。
楽しい仲間がいて、いい思い出が又ひとつ増えたのですね^^。よかった。
民宿は、見つからなくて残念でしたが。

Posted by: みい | September 16, 2010 at 09:05 PM

>みいさん

ありがとうございます。
お陰さまで、好い夏休みを過ごすことが出来ました。

ようやく秋が来てくれそうですねぇ!
あんまり暑い日が続いたんで、一時はどうなることかと。(^^ゞ

合唱団で使った民宿・・・・若い頃の記憶とか総動員すれば特定出来るかも?ですけれど、まぁ、あんまりコダワラズ、そのまんまにしときました。(^^ゞ

Posted by: もとよし | September 17, 2010 at 08:25 PM

>おキヨさん

>南房総の岩井海岸ですね。
>千葉は昔から画家の好む場所で多くの著名な画伯が
>腕を競った処です。
>そういうわけで私も憧れて幾度か出かけましたが、
>これが所詮腕の差というものがありましてどれも
>スケッチどまりという悲しさ。。。
>ただ海の幸が美味しく、私も仲間との楽しい思い出が
>味わえた場所です。

コメントありがとうございます。
こちらに付け替えさせて頂きました。(^ァ^)


房総にスケッチ旅行とはまた素敵ですね!(^ァ^)
千葉に住んでいるクセに日頃はまるで海を見ない私ですが、今回はホントに久々に砂浜を歩きました。
浜辺に打ち寄せる波。 飛沫に泡。 砂浜はいつまで見ていても厭きません。 不思議なものですね。

練習で反省材料の多々(^^ゞ得られた合宿でしたけれど、海の幸をゆっくり味わうヒマのなかったのが心残りです。(^^ゞ

Posted by: もとよし | September 19, 2010 at 10:28 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/49445405

Listed below are links to weblogs that reference 岩井の海岸 (夏の想い出):

« 陰陽師 | Main | 久米宏 ラジオなんですけど »