« 月下美人 | Main | 消防設備士乙種第4類 »

August 26, 2010

習志野シティフィル第50回定期

  
 
習志野シティフィルハーモニック 第50回定期演奏会
 
 
  2010年8月22日 (日曜日)
    習志野文化ホール
      14:00開演
 
    管弦楽 :習志野シティフィルハーモニック
    指揮  :小室昌広
    オルガン:椎名雄一郎
 
 
 
  ルロイ・アンダーソン :
     舞踏会の美女
 
  ハチャトリアン :
     組曲「仮面舞踏会」
       1.ワルツ
       2.ノクターン
       3.マズルカ
       4.ロマンス
       5.ギャロップ
 
  ラベル :
     ボレロ
 
  フランク :
     「オルガニスト」第2巻より
       ソルティエ ロ短調
         (パイプオルガン独奏)
 
  サン=サーンス :
     交響曲第3番 ハ短調 Op.78 「オルガン付」
 
 
  <アンコール>
   エルガー :
     威風堂々 第1番
 
 
 
 
習志野シティフィルハーモニックの第50回定期演奏会がありました。
前回、第49回の定期演奏会で同じホールの客席側に座っていた自分としては久しぶりの本番です。
 
         ▽▲▽▲▽▲ 
  
アンダーソンの「舞踏会の美女」。
私の大好きなアンダーソンの佳曲です。
華やかで、ウキウキとして、でもほんのすこし翳りのあるところに惹かれます。
スキだなんて言っていながら、アンダーソンもののアレンジや編成については一々好くわかっていない私です。 サックスも加わった完全な姿を知ったのは、本番も間近になってのことでした。 やれやれ。
 
ハチャトリアンの「仮面舞踏会」。
今や老若男女、そしてオンガクに興味の有る無しに関わらず、国民的にイメージを共有することの出来る、これは幸せモンの曲ですね。
これからもきっと、北京五輪のフィギュアスケートでの記憶と共に、永く親しまれるのではないでしょうか。
真央ちゃんのお陰で一躍知れ渡ったのは第一曲のワルツですけれど、組曲のその他の曲も、どれも素敵ですよ。 ワルツだけ聴いているのは、なんともモッタイナイ話しと想います。
濃厚で滋味深い、糖蜜の味わい。 ダークで、ごく微量の毒気を感じさせてくれるところが魅力です。
 
ラベルのボレロ。
これこそは押しも押されもせぬ金看板。 通俗名曲の一つですけれど、いざ弾いてみると内実は結構シビアなことになってますね。
この曲、練習の時はとっても愉しかったのですけれど、それが本番では想いの他疲労困憊疲激しかったですねぇ。
 
フランク、ソルティエ ロ短調(パイプオルガン独奏)。
このホールに備え付けのパイプオルガンを聴くのはこれが初めてです。
私は舞台裏で拝聴したのですけれど、ここから聴くオルガンの音は適度のマイルドで、とってもいい感じです。
 
サン=サーンス 交響曲第3番「オルガン付」。
パイプオルガンを活用した壮麗な交響曲として聴き知ってはいましたけれど、これまでそれほど興味のなかった曲です。
それが今回、オケの練習を重ねるほど、面白さに目覚めてゆきました。
もっと付き合ってみたい、深く知りたいと認識を新たにする頃には、とき既に演奏会本番。
よくある話ではありますけれど。
 
アンコールはエルガーの威風堂々。 その第1番。
あの有名な旋律。 正に「威風堂々!」としたテーマが現れるのは曲も少し進んでから。
その他の部分は結構忙しいですよ。 曲の始まりなんて開幕ダッシュですから。
サン=サーンスですっかり終わった気になっていたら、そうだまだアンコールがあったんだ! ってのは個人的なオチです。
やがてオルガンも加わって賑々しいラストへ。 まことにこのオケらしい締め括り方であります
 
         ▽▲▽▲▽▲
  
さて、お陰さまを持ちまして演奏会は盛会の内に終了致しました。 けれど一方で、自分自身の中には、かなり不本意で歯痒い想いが残ってしまっています。

演奏会に至るまでの過程で十全を尽くしてはいないこと、そして肝心の演奏会で思惑の通りゆかなかったこと。
それにしても自分自身のチェロの引きっぷり、我が身の演奏を振り返ってみて、リハの方が本番よりもずっとマシだったってのは、ね。 けっこう凹みます。

体調も思わしくはなく(頭痛が、後日までなかなか退いてくれずに参りました)途中でバッテリーが上がっちゃいました。
ペース配分ということもあるけれど、いやそれだけではなしに、自分の中で、なにごとか勘違いがあるかもしれませんね。 メンタル面の課題は殊の外デカイです。

もう一度仕切り直さないと・・・・あぁ、以前にもこう思ったことでした。
 
 
 
 
 習志野シティフィル第42回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第45回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第46回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第47回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第48回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第49回定期演奏会
 
   
 

|

« 月下美人 | Main | 消防設備士乙種第4類 »

Comments

もとよしさん、そもそもオーケストラの中の人として演奏するなんて素晴らしいです!
想像もつかないよ(笑

でも体調が悪かったのは残念だったでしょうね。
しかし最近び暑さは異常だからなあ・・・体調管理も難しいですよね。

Posted by: 晴薫 | August 26, 2010 at 11:43 PM

>晴薫さん

オケが取り上げる曲ともなると、何時でも自分がやりたくなった時に出来るってものではないですものね。
後悔の残る結果には、たった一度きりのチャンスをフイにしてしまったかもって悔いが付いて廻ります。orz

仰るとおり、練習期間中にこの暑さはキビシかったですね。(^^ゞ
もうそろそろ涼しくなるし(^ァ^)、捲土重来を期そうと想います。

Posted by: もとよし | August 27, 2010 at 03:19 PM

わたしも毎回すごいなあ~と思ってこのブログ拝見しています。羨ましいです^^。
まあ、この暑さですから体調管理大変ですよね。わたしなんかもうぐったり!
早く涼しくなるといいですね。

Posted by: みい | August 31, 2010 at 08:16 PM

>みいさん

今日から九月というのに、猛暑の続く当地です。 どこま待てば涼しくなってくれるんでしょうねぇ。orz
みいさんも、くれぐれもご自愛ください。

オーケストラの演奏会も、お陰さまで数を重ねることが出来ています。
まぁ、私は大勢人の(オーケストラですから)いる中の末席にあって、細々と弾かせて貰ってるだけですんで。(^^ゞ(^^ゞ(^^ゞ
反省材料だけはたっぷり集めてありますからネ(^^ゞ、これからちょっとずつでも向上してゆければと想ってます。

Posted by: もとよし | September 01, 2010 at 03:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/49258781

Listed below are links to weblogs that reference 習志野シティフィル第50回定期:

« 月下美人 | Main | 消防設備士乙種第4類 »