« われはロボット | Main | 今日の風、なに色? »

June 19, 2010

世界最速のインディアン

 
 
 世界最速のインディアン
 The World's Fastest Indian
 
 
   監督:ロジャー・ドナルドソン
   出演:アンソニー・ホプキンス
 
 
     2005年  ニュージーランド、アメリカ
 
 
時は1960年代。 主人公バート・マンロー(アンソニー・ホプキンス)はニュージーランドの片田舎に住まい、旧式のオートバイ(1920年型のインディアン・スカウト)の改造に明け暮れる老人です。
小さなガレージ風の小屋に独り暮らし。 夢は愛車インディアンによるスピード世界記録樹立! お金は無し。

朝っぱら(!)からインディアンを庭に引っ張り出してエンジンの調子をみるなど、世間的には変人の部類に入るジイさんですけれど、これが一念発起! 長年夢見ていたスピード記録の聖地、アメリカはユタ州ボンヌヴィルで催されるスピード記録会へと旅立つことに。
もう一度言っときますけど「お金は無い」んです!

資金繰りからアメリカへの渡航、移動車両の調達そして寝泊りまで、行く先々でいろんな人の助けを借りながら、レース参加を夢みるバートの旅が始まりました。
貫禄ある風貌ながら、気取らず飾らず。 茶目っ気たっぷり。 気骨があって、情に厚い。 そんなバートの人柄を察知してか、旅先の彼にまず関わり出すのは、それぞれが決して裕福ではなく、まして立場も強くはない人々/マイノリティら。 その皆から少しずつチカラを借りて、一歩一歩夢に近づいてゆく主人公。 とても巧みな構成と想います。

それにしてもバート・マンロー、もう素ン晴らしくポジティブな爺さんです。
「バート・マンローだ」
スピードの聖地ボンヌヴィルを目指すロードムービーの部分にしろ、大勢のレーサーやファンの集うレース場面にしろ、なにしろ行く先々で誰彼かまわず自己紹介をし、握手を求めます。
いやもうとにかく、映画の全編に渡って人と挨拶しまくる。
そうして知り合った相手には、旅やレースを通じて困った目にあうたび、少しも悪びれることなく援助を請います。
それが多少強引(!)な頼みであろうと、相手に共感を与えて通ってしまう、そんな人徳、夢を叶えてやりたくなるカワイさを備えたジイさんなんです。

長年の愛車インディアンを駆ってボンヌヴィルを・・・・ 夢のためには一歩も退かない頑固な老人ですけれど、(自力では解決出来ないことで)人さまの世話になることについちゃ、このご仁、まるっきり屈託が無いんですね。 人間、出来てますなァ。 誰もがバートのファンになってしまうのも判ろうってモンです。

行く先々で次々と現れるバートの新しい友人/支援者たちは何れも個性豊か。 人情ものの愉しさですね。
ボンヌヴィルを目指し、北米の果てしない大地を往く、その旅情も好し。
そして老バート一世一代!のレース場面。
気分の好い映画でした。
 
 

|

« われはロボット | Main | 今日の風、なに色? »

Comments

かなり前に観ましたよ。確かTVで。
面白かったです^^。
痛快なジイサン愛すべきキャラでした。
もとよしさんの記事でいろんな場面思い出しました。
いい映画でしたねgood

Posted by: みい | June 20, 2010 at 09:34 AM

もとよしさん、こんにちは!
私はこの映画、かなりお気に入りです。
あの脳天気で豪快、前向きなオヤジのキャラも楽しいし、回りの人たちも温かいし。
風景も素敵だし、あの車?もカッコイイですよね^^

http://latifa.blog10.fc2.com/blog-entry-358.html

Posted by: latifa | June 21, 2010 at 12:28 PM

>みいさん

ご覧になってましたか。(^ァ^)

自分独りで始めた、絶対に譲れない夢。 人間、こうなると意固地になりがちなモンですけれど(歳取ると余計にネ(^^ゞ)バートは詰まらない見栄を張ったりせず、人の力を借りることについて、まったく拘りが無いところがイイですね。
力を貸す方も、余程気持ちが良いってモンです。

あんな、花より団子のジイさんを目指したいと想います。(^ァ^)

Posted by: もとよし | June 21, 2010 at 03:24 PM

>latifaさん

時代が60年代ということで、旧いタイプのクルマやバイクのオンパレードでしたね。 そこを見るだけでも愉しめました。

中でも異彩を放つのがバートの駆るインディアン・スカウト。
あれって、もの凄い前傾姿勢で跨るんですよね。(^^ゞ その上、なかなか曲がれない&止まらない。(笑)
私も昔バイク乗りでしたけれど、あれに乗る度胸はナイっす。(^^ゞ

映画の中では走行シーンなど撮影が巧みで、スピード感が凄かったです。

Posted by: もとよし | June 21, 2010 at 03:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/48669337

Listed below are links to weblogs that reference 世界最速のインディアン:

» 「世界最速のインディアン」感想と、バートマンロー本人写真・経歴 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
世界最速のインディアンを見て来ました。 良い人ばっかりが次々現れるし、上手いこと行きすぎ?な感もあるのですが、それでも軸になる部分は... [Read More]

Tracked on June 21, 2010 at 12:27 PM

« われはロボット | Main | 今日の風、なに色? »