« 浅草演芸ホール四月下席 | Main | 東京スカイツリー只今368m »

May 05, 2010

ドン・キホーテ新津田沼駅前店

 
 
新京成線新津田沼駅のすぐ傍、イトーヨーカドー津田沼店の向かいにあった「丸井」が撤退して「ミーナ津田沼」と交替したのが2007年のこと。
4月23日、そのミーナの1~2階に「ドン・キホーテ新津田沼駅前店」がオープンしました。

ドンキと言えば圧縮陳列。
多種多様な商品をこれでもかとばかり隙間なくぎっしり詰め込んで、まるで迷路のような店内になっているものですよね。
それが新津田沼駅前店の場合はフロアが1~2階に判れており、また建物のレイアウト上あまり奥行きがとれないようで、店内は余程スッキリと感じます。
ドンキの店内を移動する際の、あの迷宮を奥へ奥へと探ってゆく感じが、ここれはあまりないんですね。 なんか、ドンキにしちゃずいぶんと健全(!?)な雰囲気です。

折角なんで、ここで私はものほし竿を購入。 いえ、買い換えなきゃと想ってたんで。
こんなものまで売ってるんですねえ。 ホントこりゃ便利だワ。
 
 

|

« 浅草演芸ホール四月下席 | Main | 東京スカイツリー只今368m »

Comments

ドンキホーテという店はテレビでよく見ますが商品の並べ方に特徴があるようですね。品物が豊富ということなんですね。私の地方ではJ.ホンダが品物豊富ですが陳列は整然としています。やはり何でもありますね。特に私が必要の画材が豊富なんです。従来の商店街がこの大型店舗に取って代わり思いは複雑ですが、やっぱり〔便利!〕ということに圧されてしまいますね。

Posted by: おキヨ | May 07, 2010 at 01:39 PM

>おキヨさん (^ァ^)

ドンキ、各メディアで好く取り上げられますよね。
いろんな品目を(呆れるくらい!)節操無しにギッシリと詰め込んでますから、冷やかすだけでもオモシロイところです。(笑)

ジョイフル本田は当地にもありまして、私も何度か利用したことが。
画材も取り扱っていましたか。
街中のドンキとは違って郊外にあるので、クルマという機動力がない私としてはちょっと使い難いのです。

当地でも大規模スーパーの出店が相次いで、古くからある小売店が駆逐されてしまった経緯があります。
便利にゆくその陰で、小さな店舗がどれだけ犠牲になったかと想えば、また切ないですね。
って言って、買い物はやっぱり便利な処に出掛けるワケなんですけれど。(^^ゞ

Posted by: もとよし | May 07, 2010 at 10:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/48275751

Listed below are links to weblogs that reference ドン・キホーテ新津田沼駅前店:

« 浅草演芸ホール四月下席 | Main | 東京スカイツリー只今368m »