« アバター | Main | 井上ひさしさんご逝去 »

April 09, 2010

夷隅コシヒカリ

 
 
「地産地消」という言葉がありますね。 主として農水産物の、その供給をなるべく地元産でまかなおうということ。
誠にありがたいことに、千葉というところは農水産物がともに恵み豊か。 「地産地消」も、当地にあっては「千産千消」になります。
この言い廻しからは、物流に対する時間と費用がカット出来るメリット実利面ばかりでなしに、郷土意識/郷土愛をより強く感じますね。 で、こうなると私のような千葉県ニューカマーとしては、ここはひとつ地元産に着目やれという気分になろうというもの。
 
         ▽▲▽▲▽▲
 
先日私が近所のイオン津田沼店で買い求めたお米は「夷隅コシヒカリ」ブランドの10キロ。
夷隅は千葉県のいすみ市。 房総半島の太平洋岸に面した一地域です。 古くからお米の名産地として名を馳せているとのこと。(かく言う私も今度初めて知ったのですけれど)

お米の銘柄にはまるきりコダワリがない私なんですけれど、でもこの前同じイオンで買ってみた、多分店内で一番廉いやつ(岩手県ひとめぼれ5割と山形県はえぬき5割のブレンド米)、これがちと残念と言えるしろものでした。 やっぱり値段なりですかねぇ。
なので、今回は未知の、しかも地元のブランドを(かな~りの期待をもって!)試すことにしたワケです。

さて「夷隅コシヒカリ」の炊き上がりは・・・・期待を上回る美味しさですよ、これは!
電子ジャーの蓋を開けるのが毎回楽しみです。 ふっくらと粒が立って、もちもちとした食感も好し。
これからはずっとこの「夷隅コシヒカリ」でゆくかもしれません。

こうなるとまったく現金なもので、さすが千葉は好いトコだよな(だって美味しいものがあるんだし!)。 千産千消でしょ、やっぱり!! などと改めてうなずいてしまうのでした。
 
 

|

« アバター | Main | 井上ひさしさんご逝去 »

Comments

地産地消を意識したわけではありませんが、私も今は地元産の米を食べてます。
地元の米屋さんに、特に目当てもなく出かけて行ったところ、薦められてのことでしたが。
地元で美味しいものに出会うのは嬉しいものですね。

Posted by: 各務 | May 15, 2010 at 11:36 PM

>各務さん

スーパーの店頭に並ぶ農水産物の中で、地元産の健闘を見つけると(地元出身者ではなくても)頼もしくなりますね。 地域への関心と愛着が湧くのも好いです。 それが美味しければ一層のこと。(笑)

地元産をお薦めされる店ってのもまた嬉しいですね。 郷土意識/郷土愛を感じて。
この辺は、地酒と同じ感覚です。(笑)

Posted by: もとよし | May 16, 2010 at 06:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/48035541

Listed below are links to weblogs that reference 夷隅コシヒカリ:

« アバター | Main | 井上ひさしさんご逝去 »