« ゲゲゲの女房 | Main | 浅草演芸ホール四月下席 »

April 29, 2010

眠狂四郎殺法帖

 
  
 眠狂四郎殺法帖
 Sleepy Eyes of Death 1: The Chinese Jade
 
 
   監督:田中徳三
   原作:柴田錬三郎
   出演:市川雷蔵
       城健三郎(若山富三朗)
       中村玉緒
 
    1963年  日本
 
 
 
時代劇を見たいなと、ふとそんな気分になったんですね。
いわゆる髷もの。 歴史上にその名を残した英雄豪傑の活躍するような歴史モノではない、往年の時代劇ってやつを見てみたいと。

そこで、数ある時代劇映画の中から私の選んだのが、この「眠狂四郎殺法帖」です。
当時の大映のスター、市川雷蔵の代表作となった眠狂四郎シリーズの第一作です。 原作が柴田錬三郎の作と言いますから、痛快な活劇に違いありません。

実は私、雷蔵作品はこれが初見であります。
鑑賞するからには、往年の大スターの面影を確かめたいという想いのほかに、日本映画全盛期の勢いを、スクリーンを通して是非とも感じ取ってみたいというのもありました。

この映画、まずは画面の美しさ、色彩や構図のとても綺麗なことに、すっかり感心してしまいました。
なにしろロングショットで捉えた、広い景色の中に小さく見える眠狂四郎の、ただその歩く姿だけからして、とってもカッコイイのですよ。
自ずと備わった存在感なんでしょうね。 今時ない、映画スターのいた時代の映画なんですねえ。

凝りまくったカメラワークがまた好い。
狂四郎の心情を象徴するかのような、寒々とした色彩感。
シネマスコープの画面を隅々まで活かしきった構図。
映像美へのコダワリが徹底していて、とにかく見惚れてしまいます。
まぁ私の場合、映し出される画さえ綺麗ならば(他がどうであれ)それだけでもう満足しちまうクチなんですけれどね。

市川雷蔵扮する眠狂四郎。
演技力云々でなしに、その漂わす雰囲気がステキです。
厭世感、ニヒルさ。 常に(汗ひとつかかぬ)端整そのものの顔立ちや、色白の肌に特徴的な細めの眉がそれを引き立てます。
如何にも仕立ての好さそうな漆黒の着物を綺麗に着こなして。(剣客らしくラフな動きもあるのですけれど、狂四郎の衣装には埃ひとつ付いてはいない・・・・そんなギミックにも嫌味がないんですね)
薄幸のヒロイン役中村玉緒とは、心憎いまでのアンサンブルが成立しています。

それから脇を固める面々がまた愉しいんです。
文字若師匠、歌吉姐さんに金八ら、狂四郎の周りに集まる仲間たち(?)が時代劇の典型的江戸っ子てぇのが嬉しいじゃありませんか。
会話のテンポが小気味好くって、今時のテレビ時代劇なんぞと比べたら申し訳ないくらい、この映画の方がずっとずっと粋ですねえ。

あ、それから付け加えておくと(!)ストーリーの方は、あちこち突っ込む余地ありまくりです(至近距離から短筒で撃たれた筈がなんともなかったり)けれど、そこはそれ、ご愛嬌であります。
短い映画なんで(82分)、あっさりと鑑賞し終わります。
だって活劇だもの。
細かいところに一々拘らないで、さくっと見終えて「あ~オモシロかった!」。 これで好いんです。

市川雷蔵の眠狂四郎シリーズ。 想いの他好かったので、しばらく追い駆けてみようかと目論んでいます。
 
 

|

« ゲゲゲの女房 | Main | 浅草演芸ホール四月下席 »

Comments

今日はコメント頂きまして有難うございました。

作家の柴錬さん懐かしいですね。あの風貌はすでに剣士のようでした。
市川雷蔵さんは、昭和43年当時だったと思いますが、日大駿河台病院に入院されていました。夫が中耳炎の手術を駿河台でしたとき、特別室に雷蔵さんの名札がありましたので、ミーハーだった私、運がよければ雷蔵さんのお姿を見られるかもと思い部屋の周辺まで用もないのに何度か行ったことがあります。御当人が重大なご病気だという事を知りませんでしたから。。。

私もテレビ放映で雷蔵さんの〔眠狂四郎〕を見たことがありますが姿のいい俳優でしたね。
ほんとうに実力、人気とも素晴しい俳優さんでした。

Posted by: おキヨ | April 30, 2010 at 09:05 PM

>おキヨさん

おいでませ、問はず語りへ (^ァ^)

市川雷蔵さんにまつわる想い出話。 聴かせて頂いてありがとうございます。(^ァ^)
同じ病院に居られたというのは正に奇縁でしたね。

そんな大スターの居た時代のことを、これまで私は知らずにいたのですけれど、狂四郎映画の素晴らしさを目の当たりにして、遅まきながら追っ駆けてみたいという気になっています。

今回視聴したDVDには、オマケとして雷蔵さんとその後援会の皆さんとの交流会の映像が収められていました。
素顔(文字通りのスッピン状態)の雷蔵さんって、飾り気のない、とても気さくで律儀な人柄であったようですね。

Posted by: もとよし | April 30, 2010 at 11:05 PM

南房総の岩井海岸ですね。
千葉は昔から画家の好む場所で多くの著名な画伯が腕を競った処です。そういうわけで私も憧れて幾度か出かけましたが、これが所詮腕の差というものがありましてどれもスケッチどまりという悲しさ。。。coldsweats01
ただ海の幸が美味しく、私も仲間との楽しい思い出が味わえた場所です。

Posted by: おキヨ | September 18, 2010 at 12:28 PM

>おキヨさん

ありがとうございます。

2010-9-14 の拙記事「岩井の海岸 (夏の想い出)」につけて頂いたコメントですよね。(^ァ^)
後々判りやすいよう、あちらの方で返させて頂きますネ。

Posted by: もとよし | September 19, 2010 at 10:27 AM

献血者が減って血液の足りない現在、貴重な、健全な献血者の御ひとりである貴方様を尊敬申し上げます!
というのは私はいたづらに気ばかり強い〔ヘタレ人間〕なんです。
はるか昔〔20代の頃〕自分の意志ではなく、ある団体で献血を行った以来献血から遠のいてしまい、とうとう献血のできない年齢になってしまいました。(;´д`)

Posted by: おキヨ | January 12, 2012 at 01:07 PM

>おキヨさん

ハイ、上記は2012-1-11 の拙記事「津田沼献血ルーム」につけて頂いたコメントですね。(^ァ^)
判りやすいように、あちらで返させて頂きます~。m(__)m

Posted by: もとよし | January 12, 2012 at 07:38 PM

追伸。。。
今調べましたら1964当時のコメディー(ピンクパンサー)の題名でした。もとよしさんはセンスがよろしいですね。good

Posted by: おキヨ | May 07, 2013 at 11:01 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/48219057

Listed below are links to weblogs that reference 眠狂四郎殺法帖:

« ゲゲゲの女房 | Main | 浅草演芸ホール四月下席 »