« ぐるりのこと。 | Main | 龍馬伝 第一部 »

March 30, 2010

習志野シティフィル第49回定期

  
 
習志野シティフィルハーモニック 第49回定期演奏会
 
 
  2010年3月28日 (日曜日)
    習志野文化ホール
      14:00開演
 
    指揮:小室昌広
    演奏:習志野シティフィルハーモニック
 
 
  ワーグナー       :
     歌劇「タンホイザー」序曲
 
  ヨハン・シュトラウスⅡ世:
     「春の声」
     「アンネン・ポルカ」
     「雷鳴と電光」
 
  ブラームス       :
     交響曲第二番 ニ長調 op.73
     ハンガリー舞曲第6番  (アンコール)
 
 
 
 
習志野シティフィル、その第49回目の定期演奏会です。
今回私は諸般の事情から舞台には上がらず。 客席でじっくりと鑑賞させて貰いました。
このオケは対抗配置ですから、折角なので客席の真ん中辺りに陣取ることにします。
 
 
         ▽▲▽▲▽▲ 
 
 
ワーグナーの「タンホイザー」序曲(1845年)。
名曲アルバムなんぞにも度々登場するポピュラー名曲の定番なれど、幾重にも幾重にも重ねられた響き、その綾が重層的に絡み合って生み出す味わいは複雑にして濃厚。
ねっとりとして、私など時と場合によっては煩わしく感ずることさえあるのですけれど、このタンホイザーは殊の他スッキリとしていて好かったです。
十九世紀半ばの曲にして、意外なくらい両翼配置が上手く効いていて、その分余計面白く聴くことが出来ました。
 
 
 
ヨハン・シュトラウスⅡ世のワルツとポルカ。
こういった小品を、シリアス一辺倒に偏らず粋に奏してみせることこそ至難の業。
先のワーグナーと比べて、楽曲自体余程メロディ主体に出来あがっているのだと、今更ながら強く認識しました。
聴き応えという意味では、ワーグナーと比ぶべくもないという気がするのですけれど、しかしワルツ王の作ならでは、他では得られないワクワク感がありますね。 ダンス音楽なのですから、これで好し。
 
 
 
ブラームスの交響曲第二番。
春風駘蕩・・・・とかいった感じで来るものと想っていたら、そればかりではなしに、局面に応じてもっと激しく迫ってやろうという、そんな意欲の見て取れるブラ二でありました。
このシンフォニー。 あの剛毅な第一シンフォニーとはまるで対照的な、伸びやかで柔和な旋律の数々もさることながら、それら一つ一つを繋ぐ「途中の部分」こそなにより肝心と想うようになりました。 あくまで今の時点の感想ですけれど。
 
 
アンコールはハンガリー舞曲第6番。
想い切りの好い鳴らしっぷりは、先程聴いたワルツやポルカに通じるものがありますね。 このオケの得意とする領分です。
 
 
 
 
 習志野シティフィル第42回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第45回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第46回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第47回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第48回定期演奏会
   
 

|

« ぐるりのこと。 | Main | 龍馬伝 第一部 »

Comments

こんばんは。

>諸般の事情から舞台には上がらず
色々とお忙しそうですね。

>折角なので客席の真ん中辺りに陣取ることにします
じっくりですね(笑
気構えが伝わってきます。

>タンホイザーは殊の他スッキリとしていて好かった
>小品を、シリアス一辺倒に偏らず粋に奏してみせることこそ至難の業。
>局面に応じてもっと激しく迫ってやろうという、そんな意欲
お詳しいですね。
やっぱり実際に演奏している方は違うな、と感じます。

Posted by: 晴薫 | April 01, 2010 at 11:23 PM

>晴薫さん

>色々とお忙しそうですね。

はい、イロイロとありまして今回は客席の人です。

前回アッチで鳴っていた響きと、今回コッチで聴こえる響き。
自分の中で比べてみたり出来て、これはこれで中々興味深いものがありました。(笑)

対抗配置(客席から見て第一ヴァイオリンが左側、第二ヴァイオリンが右側)を取っているオケの場合は、やはり客席真ん中で聴くのがおススメです!

Posted by: もとよし | April 02, 2010 at 09:14 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/47953576

Listed below are links to weblogs that reference 習志野シティフィル第49回定期:

« ぐるりのこと。 | Main | 龍馬伝 第一部 »