« 初心忘ルベカラズ | Main | バンクーバー冬季五輪 »

February 26, 2010

メン・イン・ブラック

  
 
 メン・イン・ブラック
 Men in Black
 
 
  監督:バリー・ソネンフェルド
  出演:トミー・リー・ジョーンズ
      ウィル・スミス
      ヴィンセント・ドノフリオ
      リンダ・フィオレンティーノ
  
        1997年 アメリカ
 
 
現代社会に偏在するフォークロアを差して言うところの「都市伝説」という言葉。 これが日常ごく普通に使われるようになって久しい気がします。
 
以下は米国でのお話しですけれど・・・・
例えば電子レンジなんかもそのひとつ。
日本では「電子レンジ」(「チン」でも通じますよね~)ですけれど、それが米国では「マイクロウェーブ」ですって。 家電製品にしちゃ、なんだかこう、科学的っていうかSFっぽい呼び名ですよね?
一体全体どんな仕掛けで中に入れたモノが暖まるの?ってことについて、好く知らないまま使っているのは私ばかりではないと想います。 実はアレって、宇宙人から技術供与を受けて造られたって知ってましたぁ?

その他、各地でUFOや宇宙人の目撃ニュースがあると、その直後にどこからともなく黒ずくめ(黒のスーツに帽子、黒メガネ)の謎の男たちが現れ、目撃者に警告(「あなたが見たモノについては他言無用に」とかの)を与えて廻ったりするって話もあります。 彼らを人呼んでメン・イン・ブラック。

         ▽▲▽▲▽▲

そんな、米国のトンデモな都市伝説を集めてSF・アクション&コメディに仕立てたのがこの映画です。
メン・イン・ブラック(MIB)は、ここでは人類に害なす宇宙人と戦う秘密組織だったという設定。 アメコミのノリですね。

粋でお洒落。 カッコよくて、だけどおバカ。
全編をダークな色彩感で貫いて、硬派な美学が一本スジを通しています。

MIBの敏腕エージェント、ベテランのK(トミー・リー・ジョーンズ)と駆け出しのJ(ウィル・スミス)の凸凹コンビが見せる掛け合いの愉しさ。
ヴィンセント・ドノフリオ(凶悪宇宙人役)の役者魂全開、天晴れな壊れっぷり。
その他、登場する数々のエイリアンはその特撮の巧みさ・・・・ばかりでなしに、見せ方の上手さに唸らせられますね。 やっぱりセンスが肝心です。

都市伝説も絡めたギャグの数々。 外国の作品にありがちなことですけれど、日本人には判らないネタ、ディープなネタ、字幕に収まり切らないギャグが沢山あるんでしょうね。 そこのところがスゴク口惜しい。

※ 因みに、グロいシーンや虫が苦手な方にとっては、ちょっと辛い映画かもしれません。

あっさりとして、クドクドしたところが少しもない。
始めからお終いまでキッチリと愉しませて貰って、見終えたらそれでお終い。
なんかこう江戸前の落語みたいな、滅法オモシロクってなんとも粋なSFです。
 
 

|

« 初心忘ルベカラズ | Main | バンクーバー冬季五輪 »

Comments

ああ、確かにあっさりしててクドクドしたところがあんまりないですね。観てる間は最高に楽しいですけど。

私もこういうのりは好きですね。放送されてるとついつい観てしまう1本です。

Posted by: くあい | March 01, 2010 at 07:28 AM

>くあいさん

バカバカしいネタを大真面目に(そして大金をブチ込んで)映画に仕立てる。 娯楽に徹した姿勢が上手くいってますよね。

なんと言っても勢いの好さ! 繰り返し見ても、ついついノリノリになってしまいます。(笑)

Posted by: もとよし | March 01, 2010 at 10:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/47670274

Listed below are links to weblogs that reference メン・イン・ブラック:

« 初心忘ルベカラズ | Main | バンクーバー冬季五輪 »