« December 2009 | Main | February 2010 »

January 15, 2010

グインサーガ (アニメ版)

   
  
グインサーガ (アニメ版)
 
   原作:栗本薫
   監督:若林厚史
 
     NHK総合
     (全二十六回)
 
 
私の父は、随分と年季の入ったSF小説ファンでありました。
その昔、世間一般の大人がSFなどてんで相手にしなかったような頃から、熱心にSF小説を読み漁り、「SFマガジン」もずっと購読していたものです。 これには純然たるSFばかりではなしにファンタジーものも掲載されていたのを覚えています。
そんな父の本棚には、早川書房や創元推理文庫のSF/ファンタジーものがどっさりとありまして、これは私の読書暦のスタート地点でもあります。

その蔵書の内の一つが栗本薫さんの「グイン・サーガ」。 これも早川書房の文庫本でした。
第一巻の刊行が1979年で、以来ごく最近まで続いた長大なシリーズ。 上記のアニメ版「グイン・サーガ」の原作です。
中世ヨーロッパに似た架空の世界を舞台にしたヒロイック・ファンタジー(剣と魔法の物語)であり、完結までに全100巻を目指した壮大なる挑戦。 空前の規模を誇る大河小説であります。

100巻と言えば途方もない数ですけれど、栗本さんはその公約の通り、長いながい「グイン・サーガ」を連綿と書き綴ってゆきました。 ある時期は途切れ途切れに、またある時期は矢継ぎ早に一巻、また一巻と。

何十巻か進んだ頃でしょうか、私が父を亡くした折り、胸中に湧き上がった様々な感懐の内の一つが「これで、父はもうグイン・サーガをお終いまで読むことはないんだ・・・・」というものでありました。
私も父を真似、かなり遅れて読み始めましたけれど、やがていつからか読まなくなってしまい、現在に至ります。

現在、グイン・サーガは当初予定していた100巻を疾うに超えています。 (結局100巻では終わらず、更にその先が書き続けられたのです)
そして昨年、著者の栗本薫さんがお亡くなりに。(合掌)
膨大な数の登場人物とプロット、複雑な因果関係・・・・
物語を収束させないまま、130巻を絶筆としてのご逝去でした。

         ▽▲▽▲▽▲

さて、そのグイン・サーガのアニメ版ですけれど、今NHK総合テレビで深夜にやってますね。(金曜の午前0:45~) 元々はBSで放送していたもののようです。
これまであるようでなかったグインのアニメ化ですけれど、第一巻の刊行から三十年の歳月を経てついに実現したわけですね。 かつて愛読した小説のアニメ化ということで、私も見てみることにしました。

その世界観、背景やアクションの描き込みは、CGの活用も相まって素晴らしいものです。
一方、(主人公グイン以外の)キャラクターデザインや声優さんは、私にはまるでダメでした。
絵にしろ声にしろ、私にとっては軽すぎ、明るすぎ。(瞳の大っきなキャラや、如何にものアニメ声で)
私はグインの世界について、もっとずっと重厚なイメージを抱いていたのだと、今頃になって気が付きました。 でも、栗本さんが描いてきたグイン・ワールドって、本来こうした風のもんかとも想います。

今回のアニメ化は、長い物語の始めのあたりのみに限られるようですね。 なにしろ途方もなく壮大な「グイン・サーガ」ですから、それも致し方なし。 むべなるかな。

未完の原作に対しては様々な感情が去来し、またアニメの出来そのものが(自分から見て)十全でないこともあり、私にとってはやや痛し痒しの今回のアニメ化です。
とまれ、古くからのファンにとって感無量の一作なのは間違いないでしょうね。
やっぱり、親父と見たかった。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 11, 2010

坂の上の雲

  
 
 NHKスペシャルドラマドラマ 「坂の上の雲」
 
   原作 司馬遼太郎
   出演 本木雅弘 (秋山真之)
       阿部寛 (秋山好古)
       香川照之 (正岡子規)
 
 
昨年の暮れのお楽しみがこのテレビドラマでした。
司馬遼太郎の同名小説を原作とする連続ドラマで、全十三話を今後三年間に渡り放送の予定。
今回はその第一部として昨年十一月~十二月に掛け、第一話~第五話までが放送されました。
 
一向先行きの見えて来ぬ今の世の中。 こんな時は、旧き好き時代を振り返りたくなるものですが、そこで憧憬を抱かずにはいられないのが明治の頃、というワケです。

維新を経て、立ち上がったばかりの日本という国家。
貧しくも、満ちみちる未来への希望。 江戸以来の日本情緒。 文明開化のトキメキ。 そしてノスタルジー/懐かしさ。
現代人の求めるものを巧みに捉えたドラマ造りです。
各話の劈頭、「まことに小さな国が、開化期をむかえようとしている。・・・・」この渡辺謙さんの抑えた口調のナレーションに毎度胸トキメキました。

始まって間もない明治政府。 成長発展が急務であった日本。
国家として若く、またそのサイズが小さかったゆえ、立身出世というものがリアルサイズな夢でした。
若くして、その双肩に国家民族の運命を担い、日本代表(!)として世界各国に飛び出していった人々。
明治の外交官/外交武官らは皆ケッサクな人物揃い。 おそらくは、このような時世でもなければ才能を発揮することが叶わなかったかもしれぬ破天荒な男たちです。

ドラマの主人公は伊予松山に生まれた三人の男たち。
陸軍騎兵を世界レベルにしてのけた秋山好古。 その弟で日露戦争の海軍参謀を務めた秋山真之。 そしてその盟友、正岡子規。
第一部は彼らの貧しい生い立ちから始まり、日清戦争を経て、来るべきロシアとの戦争に向け人々が奔走し始める辺りまで。
ドラマとしての完成度、ロケーションの映像美は実に素晴らしいもので、まるで劇場向け映画(それも歴史/戦争超大作)のよう。 例えば毎年のNHK大河ドラマなど、すっかり凌駕しているレベルと想います。

わが国はこの超大国相手の戦争を、幕末から明治を生きた人々の卓越した働きにより、ギリギリのところで奇跡のような勝利を収めることが出来たわけですけれど、しかし後世の日本人ときたら・・・・その遺産をあっさりと食いつぶしてしまったようなもの。 そこの処が肝心要。

なにしろ、あまりにも素晴らしいドラマなので、すぐにもこの先が見たいところですけれど、この続き、第二部の放送は今年の十二月の予定とのこと。
これほどの完成度ならば、時間の掛かるのも致し方のないところでしょう。
楽しみに待ちたいと想います。
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

January 04, 2010

御慶

 
 
あれやこれやとありまして、例年とは少しばかり異なる年末年始を過ごしております。
大晦日から元旦に掛け捕まっていたのが、お昼近くなってからようやくフリーに。 それから例年の如く兄宅へ。

長男は既に独り立ちしているし、長女は塾(?)に出掛けて勉強中とのことで、兄一家は至って静かでした。
兄といろいろ(積もる話しがあったモンで)駄弁りながらご飯食とビール・・・・そのまま心地好く居眠りしてしまいました。

眼覚めると、傍で次女が机に突っ伏してます。 一生懸命描いていたのは漫画。 脇から覗いたんだけど、ワリとウマイね(我が家系にしては)。
暗くなってからようやく長女のご帰宅です。 お疲れさま。
今年も三人して古本屋に出掛けます。(兄は未だ寝てるらしいです)
次女は、考えナシに濫費していた以前と比べ、ちっとは買いものの仕方を考えるようになったらしく、廉いコミック(一冊五十円均一のやつ)を集中して購入。
長女は相変わらず堅実なお買い物をキープ。 あ、お支払いはもちろん叔父さん持ちです。
私も何冊か・・・・このところ何にも買わないようにしていたんですけれどね、調子に乗ってつい。

翌日。 今日は長男が帰ってくるはずなんですけれど、途中どこかで遊んでから帰宅する積もりらしいです。
長女はこの日も塾(?)にお出掛け。 頑張ってます。
能天気な次女よ、次はキミの番だ。
兄とは今日も、点けっ放しのTVに茶々居れしながら延々と駄弁ります。 子供の頃、兄弟してこんなに長々と喋ったことがあったろうか。
もとよし家周辺が、前の通りを大型車両が通り過ぎるたびにゆさゆさ揺れる件について、その方面に詳しい兄からの見解を聴いて納得。

長男はまだ帰って来ていないんですけれど、これ以上遅くなると寒くなるばかりので、ここらで帰ることにします。 駅への途中まで(!)次女が送ってくれました。
子供らも、どんどん親離れしてゆきます。
 
 
 今年もよろしくお願い申し上げます。
 
 
   2005年の元旦
 
   2006年の元旦
 
   2007年の元旦
 
   2008年の元旦
 
   2009年の元旦
 
 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« December 2009 | Main | February 2010 »