« 三遊亭圓楽師匠逝去 | Main | 喜劇 駅前旅館 »

November 13, 2009

間宮兄弟

   
  
 間宮兄弟
 The Mamiya Brothers
 
 
  監督:森田芳光
  脚本:森田芳光
  原作:江國香織
  出演:佐々木蔵之介(間宮明信)
     塚地武雅(間宮徹信)
     常盤貴子(葛原依子)
     沢尻エリカ(本間直美)
     北川景子(本間夕美)
     中島みゆき(間宮順子)
 
        2006年 日本
 
 
以前ここでもご紹介したことのある、同名の小説を原作とする映画です。
あの小説を私は、女流作家が女性読者向けに書いた、言わば女性視点の作品として見て、それへの違和感(だったら読むなってハナシではあるんですけれど)を申し述べたのでしたっけね。

さて、映画の方は監督・脚本が森田芳光さん。
果たして、小説とは正反対の性格に仕上げられていると想いました。

齢三十代にしてどちらも独り身を通し、仲良く二人暮らしを続ける間宮明信・徹信の兄弟。
長男・明信役に佐々木蔵之介さん。 そして次男・徹信役に塚地武雅さんという、見事なまでに対照的な体型の二人。(見ればみるほど納得!なキャスティング)

諸事律儀な間宮兄弟。 日々の仕事では何事にも(目立たない、地味な職務であっても)少しも手を抜かず誇りをもって取り組み、生活のあれこれや、沢山ある趣味の一つひとつにも至極真面目に取り組む暮らしぶり。 そして、なにより家族を大事に想う二人です。
人間関係にも誠実・・・・というか、ハッキリ言ってこちらについては二人とも至って不器用ですね。

明信の奉職するビール工場、その見学コースの風景に私は見覚えがありました。 このシーン、以前私も訪ねたことのある、サッポロビール千葉工場で撮影したようです。

多趣味かつ凝り性な兄弟の住まうマンションの室内は、本やビデオ、ボードゲーム、雑多なコレクション、果ては自作紙ヒコーキなど、これまで二人して愉しんできた宝物で一杯です。(美術担当の労作。 その凝りまくりぶりが見もの!)
男の子の部屋が、そのまま大人向けになったようなもので、いわば大きなオモチャ箱(ただし趣味好く整理されて、とても居心地の好さそうな)の中。 しかも、そこかしこからアナログ的でどこか懐かしい雰囲気が漂ってきます。 二人の部屋の在り様そのものがあまりにも雄弁で、見れば、間宮兄弟というものタチドコロに判る仕掛けなのです。

そんな、世にも奇特な兄弟の部屋を興味シンシンで(というか完璧にキョーミ本位で)訪れることになった妙齢の女性たち。 でもこれ、兄弟にとっては空前絶後の大事件なんです。 彼らの住まいを、母親以外の女性が訪ねてくれるなんて!

ドラマは時にドキュメンタリータッチに切り替わったり、また素で会話しているとしか想えない瞬間があったり、不思議~ファンタジックな描写になってみたりと、何分とりとめが無いのですけれど、こういう変化球を交えた作風、私は結構好きなのです。
間宮家にやってきた女性たちを帰した後、兄弟して執り行う反省会(!)のはしゃぎっぷりときたら!
これって、放課後の男子同士が交わすバカ話しそのものですよ!!

兄弟の母親役にまさかの中島みゆきさん。 サスガの存在感で、このキャスティングも秀逸と想います。

そして、葛原依子先生に常盤貴子さん。
綺麗なんだけれど、でもどこかヘンな小学校女教師を好演。
この方、所作がとってもイイんですね。 今年のNHK大河ドラマ「天地人」での、主人公直江兼続の奥方お船役でもそう感じたのですけれど。 その歩き方や、なにげない仕草がいちいちとても雄弁で、葛原依子先生という人物のユニーク(!)さが伝わってくるのです。

あと、DVDにオマケとして付いていたオーディオコメンタリーが取り分けイイ出来でした。
森田監督ってオモシロくってサービス精神旺盛な方ですね。
コメンタリーの中で脚本と演出の工夫、伏線の数々、製作上のコダワリが次々と開陳されるので、映画が倍愉しくなりました。

アクションとかウットリするようなロマンス、それにそもそもクライマックスなんてもののの無い、ローテンションで小ネタの連続する映画です。
生きていれば、悲しいことや上手く行かないこともあるけれど、でも、失敗しても傷ついても、いつも傍にいて支えあう人のいること。 毎日を大切に生きること。 それがなにより。
モテナイ男でどこが悪い? なんて、痛快に言い切ってくれている気がしました。

女性視点で描かれた原作に対する、この映画は男性視点からの見事な回答です。
 
 

|

« 三遊亭圓楽師匠逝去 | Main | 喜劇 駅前旅館 »

Comments

こんにちは。

半年ぐらい前にCSで放送された時に観ました。
ドラマチックな映画じゃないですけど、なにげに面白い話ですよね。こういうの好きです。

兄弟の趣味関連の描写の細かさには私も感服してました。
コメンタリーが面白そうですね。機会があったらそっちも聞いてみたいです。

Posted by: くあい | November 13, 2009 at 03:06 PM

こんばんは。
 原作も映画も見てはいませんが、面白そうですね。
もとよしさんの解説でよく伝わってきました^^。こういうの私も好きです。WOWOWで再放送しないのかな。

江国香織さんの本は、若い女性に人気があるようですね。
>女性視点から描かれた原作に対する、男性視点からの見事な回答・・

興味深いです^^。

Posted by: みい | November 13, 2009 at 08:18 PM

>くあいさん

ご覧になってましたか。(^ァ^)

原作を読み解いて間宮家の部屋、あの素晴らしいセットを造り上げたスタッフの力量は、私もスゴイと想いました。

仕事にしても趣味にしてもキッチリと取りくむ間宮兄弟。 如何にもあのお母さん(中島みゆきさん)の薫陶を受けた感じで、映画として綺麗に整合が取れている気がします。 監督のビジョンがしっかりと出来ているんですね。
森田監督の他の作品にも注目してみようかと想っています。

Posted by: もとよし | November 13, 2009 at 09:23 PM

>みいさん

派手なところはこれっぽっちもないんですけれど、でも、その分滋味深く、繰り返し観て愉しめる映画でした。(^ァ^)

あと、中島みゆきさんの出演が嬉しかったです。(^ァ^)
いつの間にかお母さん役、それに着物姿が似合うようになっていて・・・・(映画そのものとは別に)なんか、感無量なのでした。(^^ゞ

>WOWOWで再放送しないのかな。

間宮兄弟を演じた佐々木蔵之介さん、塚地武雅さんとも人気俳優として、その後ますます盛んに活躍してますからね~。 その二人の初期作品として、これからも再放送の機会はありそうですね。

女性でなければ書けない小説をモトにして、男性でなければ撮れない映画が出来たって感じです。

Posted by: もとよし | November 13, 2009 at 09:54 PM

おお、ご覧になりましたか!

とても和める良い映画でした。

原作は読んでないんですが、映画のみでも続編が見たい位ですよね。

Posted by: 晴薫 | November 13, 2009 at 10:05 PM

>晴薫さん

>映画のみでも続編が見たい位ですよね。

「間宮兄弟2」、イイ企画ですね。(笑)
既に(原作とは違う)映画独自の世界が出来上がっていますから、この続きは幾らでも造れそうな感じです。(^ァ^)

生活の中の、何気ない描写に和みました。
兄の勤めるビール工場、弟の働く小学校の校務。 どちらも映画の主役としては随分と地味な職場(笑)ですけれど、それぞれが真摯に仕事と取り組んでいたシーンが好きなんです。

Posted by: もとよし | November 14, 2009 at 12:07 AM

確かに原作と映画とでは、感じ方が違いますよね。
読み手の想像力の問題もあるし…。
映像は一つしかないけど、
原作だと、十人十色の映像を想い浮かべてしまいますもんね。

Posted by: 江國香織マニア | November 14, 2009 at 10:58 PM

>江國香織マニアさん

おいでませ、問はず語りへ!
江國さんの熱心なファンの方でしょうか。(^ァ^)

仰る通り、映像の場合、そのメッセージは、よりダイレクトに伝わりやすいところがありますね。
私としては、原作への忠実さ(厳密に同じというのもムリでしょうけれど)を期待するよりも、製作者のプラスアルファでどう変わって来るかを愉しみたいクチでして。 で、森田監督の間宮兄弟感には、共感するところ大であったというところです。

江國作品はあまり読んでこなかったのですけれど、数読みこなしてゆけんば、また印象も変わって来るのかもしれませんね。
そのうちに、他の作品も読んでみたいと想っています。

Posted by: もとよし | November 15, 2009 at 05:19 PM

もとよしさん、こんばんは
すっかり寒くなりましたね^^
この映画、ごらんになったんですね~。
私は小説の方が好きなんですけれども、映画も今思い出すと、くすっと笑える処が蘇って来たりします。
もとよしさんのレビューで、色々なシーンが思い出されました。

Posted by: latifa | November 15, 2009 at 07:58 PM

>latifaさん

ホント、寒くなりましたね!(>_<)
ウッカリすると、たちまち風邪ひいちゃいそうですよ。

私は映画の印象があんまり強くって、もはや小説の方を忘れかけてきているような・・・(^^ゞ
江國作品。 そろそろ次のを読んでみようかな。(笑)

Posted by: もとよし | November 16, 2009 at 09:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/46750214

Listed below are links to weblogs that reference 間宮兄弟:

« 三遊亭圓楽師匠逝去 | Main | 喜劇 駅前旅館 »