« 喜劇 駅前旅館 | Main | ウォーターボーイズ »

November 24, 2009

NHK大河 天地人 最終回

 
 
今年のNHK大河ドラマ「天地人」が最終回を迎えました。
この後、十一月末から十二月いっぱいに掛け、同じ枠を使ってスペシャルドラマ「坂の上の雲」を放送する関係で、今年は例年よりも早目の幕切れです。
それにして毎年、NHK大河の最終回イコール年の瀬という感覚でいましたから。 なんだか調子がクルってしまいますねえ。
 
         ▽▲▽▲▽▲
 
上杉謙信の養子景勝に仕えた忠臣、直江兼続の生涯を描いた今年の大河。
弱肉強食の戦国の世にあって、どこまでも義を貫こうとする上杉家を描いたのはイイんですけれど、やはりあちこちムリが出てしまったと想います。
(最終回のひとつ前なんて、<義の上杉>ならぬ、<義の真田>になっちゃってるし)
なにしろ、直江兼続の為すことはす常に正しく一点の瑕疵もない・・・・・そんな大前提が成り立っているかのようなドラマ展開なので、作品の奥行きがなんとも浅く感じられて。 結構シラケちゃう部分もありましたね。
特に、関が原~大阪の役では、一人家康だけを悪モノにして済ませているし。
 
         ▽▲▽▲▽▲
 
ともあれキャスティング。
また、気に入ったところだけ書いてみることにしましょう。
 
上杉家の家老直江兼続役、妻夫木聡。
老境に入っての、吹っ切れたような笑顔が印象的でした。
少年時代を演じた加藤清史郎クンの人気は、今や社会現象になっていますね。
 
その主、上杉景勝役、北村一輝。
歳月の経過と共に貫禄の増してゆくのが頼もしかったです。
 
兼続の奥方お船役、常盤貴子。
ドラマの前半では、この方の立ち姿と所作の好さについて触れましたけれど、奥勤めするようになったドラマの後半では打ち掛け姿が多く、こうなると魅力半減しちまったですねえ。 まあ、しょうがないんですが。
 
上杉謙信役の阿部寛と織田信長役の吉川晃司。 共に見事なハマリ役でした。
 
  
と、この辺までは前回も書いたのでしたね。
さて、物語の後半に至って登場した人々の中では・・・・
 
豊臣秀吉役の笹野高史。
ご本人もインタビューで語ってられましたけれど、素のお顔からして秀吉(の肖像画)似の笹野さんです。
ひょうきんで、賢くて、そしてコワいお人。 周囲の人間をたらし込む、手練手管の演出も好かった。 文句なしに、歴代秀吉役者ナンバー1選出です!
 
徳川家康役の松方弘樹。
権謀術数の限りを尽くす、どこまでもヒールに徹した家康です。
でも、どこかに憎めないんだな。 この人なればこそ、三河衆も命を託して仕えたんだろうと、そう納得させられるスケールの大きさを感じるんですね。
腹黒ヒョーキンな家康像を打ち立てて、ベテラン役者の至芸を見せて頂きました。
そして、そんな家康を中心とした創業期の徳川幕府、その重臣たちとの会議シーンの緊張感。 もしもその座敷に居合わせたなら、胃が痛くなるのは必定の緊迫感!

伊達政宗役に松田龍平。
この方については今まで存じ上げなかったんですけれど、如何にも役所を心得た感じで、センスの好さが伺えます。
家康とはワルコンビ結成。 キツネとタヌキというか、騙し合いの腐れ縁で、ある意味、このドラマの中で一番オモシロい二人でした。
 
         ▽▲▽▲▽▲
 
さて、来年の大河ドラマは幕末もの、「龍馬伝」です。 ネタとしてはあまりにも定番ですね。 岩崎弥太郎の視点で描かれるのが新趣向。
でもその前に、「坂の上の雲」が気になる私です。
 
 
     NHK大河 天地人 
 
 

|

« 喜劇 駅前旅館 | Main | ウォーターボーイズ »

Comments

やはりお船が木の上にいる与六を救出するシーンを省いたのが最大のミスでした。

Posted by: | November 24, 2009 at 02:01 AM

最終回、見ないで終わってしまいましたcoldsweats02
最初は、毎回欠かさず観てましたが、後半はなんか興味が失せてしまったのです。
もとよしさんの記事を拝見して、そうだよなあって気がしました。

坂の上の雲、わたしも楽しみにしています。
先日、立ち寄った愛媛のSAで「坂の上の雲」というお饅頭がよく売れてましたよhappy01

Posted by: みい | November 24, 2009 at 08:43 PM

>名無しさん(^ァ^)

ありましたねか~、最初の頃の伏線。 いつ消化するかと、ずっと待ってたんですけれど、結局スルーでした。(^^ゞ
最終回にでも、兼続が突然想い出してくれれば拍手喝采だったんだけど。(笑)

Posted by: もとよし | November 25, 2009 at 07:49 PM

>みいさん

そちらは、これから「坂の上の雲」、そしてその後「龍馬伝」とご当地ネタが続きますね。 盛り上がってますか~?(笑)

因みに私のところは、「坂の上の雲」の方とちよっとばかりご縁があるんです。
戦前、陸軍の施設が集結していた関係で、秋山兄弟の兄・好古が勤務していたのがこの辺り。
この近所を闊歩していたと想うと、なんか親しみが持てますね。(笑)

Posted by: もとよし | November 25, 2009 at 07:49 PM

私も福山版・龍馬伝が楽しみです!
誰がどの役をやるのかも・・・。
あの時代はどの人をとっても主役級の存在感がありましたから・・・(^^)

Posted by: バルカローレ | November 25, 2009 at 08:25 PM

>バルカローレさん

「龍馬伝」今から愉しみですねえ。(^ァ^)
早速公式サイトで予告編を見て来ましたよ。 これって、岩崎弥太郎の回想で始まる形になるのかな?
とりあえず、正岡子規=岩崎弥太郎ということが確認出来ました。(笑)
あと、龍馬の髪のモジャモジャなところがナイスです。(笑)

Posted by: もとよし | November 26, 2009 at 10:59 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/46845047

Listed below are links to weblogs that reference NHK大河 天地人 最終回:

« 喜劇 駅前旅館 | Main | ウォーターボーイズ »