« August 2009 | Main | October 2009 »

September 21, 2009

ヱヴァ破、ふたたび

 
 
絶賛ロングラン公開中の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」。
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」に続いて、エヴァンゲリオンの新劇場番二作目となるこの映画もヒットのようです。

一度観ただけでは飽き足らず(いずれDVD化されることは無論承知の上で)二度、三度~更にさらにと、何度も映画館へと脚を運ぶ熱心なファンの少なくないのが、他のヒット映画とは違うところです。

で私も、映画館のスクリーンで見ることの出来る今のうちに、と想ってまた観てきましたよ。
やっぱり今度も面白かったです。 二回目ともなると、台詞のひとつひとつをよく噛み締め、映像の細かい描写まで確認出来る分、映画をより一層愉しむことが出来ますからね。 リピーターさんの大勢いることも、大いに納得がゆくのです。

俯き加減の中学生・碇シンジ君の登場から、壮大なヤシマ作戦に至るまでの作品世界、その台詞/カットの一々について(まるで神話の語り部の如く)「新世紀エヴァンゲリオン(以下、前作)」に忠実になぞらえてみせた「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」に対して、前作の世界感を構成してきたキーポイントを次々に書き換えて来た本作、破の段。

         ▽▲▽▲▽▲

今回観て私がオモシロいと感じたのは(本筋とはまったく関係のないところですけれど)背景に描き込まれた電力設備の描写でした。

SFものでは大概、電子/機械工学、そしてコンピュータ関連の映像が多い、というかSFものの製作者がもっともハリキルのがこういった部分の描写ですよね。 前作だと、エヴァンゲリオンとシンクロする際のサイバー・パンクな描写も印象的でした。

それが、新劇場版では背景に電力関係の描写が多々見られます。 ええ、電子ではなくて電力。 電子装備満載の近未来世界に、なぜかプリミティブな部分が目立つんです。

それは思えば、序の段のクライマックスに描かれたヤシマ作戦でも顕著でした。
日本中の電力全てを一本のビームに収束させて一大血戦に臨むという、燃える(!)クライマックスの描写は巨大電力設備の大集合。 人力と電力を掻き集めての総力戦でした。

で、本作の舞台となる第3新東京市の描写では、街中に張り巡らされた配電線。 電柱と建物を行き来するアレの描写が印象的です。

従来、景観を破壊するとされ、また諸外国(といっても主として欧米でしょうけれど)と比較されて・・・・こんなのは日本だけみっともない・・・・みたいに言われてきた街中の電柱とその間を複雑に行き交う架空電線。
とても近未来の日本、それも使徒迎撃専用要塞都市としては似つかわしくないと想うんですけれど。
でもそれを、わざわざ描きこ込んできたのはとても興味深いこと、とこう想ったわけです。

街中の電線たち。 改めて眺めると景観の一部として、なんだか人々の暮らす生活圏に張り巡らされた血管のようにも見えてきます。 そんな生命観を、新劇場版の作品世界にも持ち込みたかったのでしょうか。
ところで私、こういった街の配電線や電柱。 実を言うと、これはこれで嫌いではないのですよ。
こうして電線の張り巡らされた風景を、ある意味キレイとさえ想う、そんな感覚があります。

そういえば前作では、従来のアニメでは極力避けられていた日本語の文字表記(特に明朝体)をスクリーン上で多用して、そのカッコよさを世界にアピールしたものでしたね。
工場萌えが認知され出しているご時勢ですから、今度は電気関係がクルかもしれませんよ。
なんて、勝手にあれこれ考えて愉しんでます。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 19, 2009

寝すぎて頭痛(自業自得)

 
 
嬉しや、連休に突入ですよ!・・・・ってキッチリと休日の確保できるわけでもありませんけれど。
それでも、こうしてお休みのとれるのはとてもアリガタイことであります。

前々よりの懸案であった野暮用を午前中に済ませてしまい、スッキリした気分でお昼を食べたらマブタがトロン・・・・
そのままゴロンとなってしまいました。
明るいうちに寝てしまうと生活のリズムが狂ってしまい後々困るって、重々心得てはいるんですけれど。
でも、こんな時に襲ってくる睡魔への抵抗のできなさ、無防備感(そして、それと背中合わせの至福)ときたらありませんよね。
そのままスヤスヤでした。

で、さっき起きたらアタマが痛いです。
こりゃマチガイなく寝すぎですな。
こんなの一過性のことで、すぐに治るとは想うんですけれど。
でも、なかなか立ち去ってはくれません。 ひぃぃぃ~。
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 15, 2009

千葉県不正経理 森田知事出番です!

 
 
この度、千葉県庁で発覚した不正経理事件。 調査の対象となった03~07年の5年間だけで、なんとまあ30億円にもなるんですと。 あんまり途方もない額で、もはやピンとこないですよ。
不正に使われたその金額もさることながら、県のほとんどの部局がそれに関わっていたことには、嘆息するより他ありません。

というわけで、ここは森田健作知事の出番です。
先日テレビで、幹部職を引き連れての謝罪会見が放送されていました。
もともと知事の公約であった東京湾アクアラインの料金値下げなど、与党となる民主党の掲げる高速道路無料化政策によって、その意義が揺らぎはじめていますしね。 ここは知事としても正念場でしょう。
ひとつ、謝罪会見での発言の通り「毅然として対処」していって頂きたいところです。

どうやら、思いっきり根の深そうな、県の不正経理体質。
それに立ち向かう、知事持ち前の熱血キャラ。 とにかくなにがなんでもやるんだ俺は男だ的イキオイの好さは、これはこの際相当に「ツカエ」そうな気がしています。

それにしても森田知事。 就任してすぐの頃、(不祥事を知って)直感的にこれは根が深いと思ったそうですけれど、それって県民的には、直感的にシックリこないんですけれどねぇ・・・・
だって、あの(!)森田知事がですよ、そういう面で切れ者か、県庁の内部事情にまで鋭い嗅覚を発揮するかっていうと、ハテナマークが瞬くじゃあないですか。
好いブレーン、しっかりしたスタッフに恵まれているのでしょうネ。
ま、熱血漢であれはたまた切れ者であれ、しっかりと職責を果たしてくれさえすれば、県民としては文句なしです。
なにはともあれ、これを好機として是非とも県庁を浄化して欲しいところであります。
 
 

| | Comments (6) | TrackBack (1)

September 05, 2009

津田沼散歩・藤崎掘込貝塚

 
 
侘び住まひ、なれど愉しき吾が家哉。

いえ、さうは云つても、ですね。 ごく限られた居住スペースしか持たぬ拙宅ゆえ、書物など好き放題積んで置いておくというわけにはゆきません。 いえいえその前に、勝手気ままに本を買い込むほどの余裕もありませんしね。 トホホ。

そこで自ずと、本を求めるならば能う限り、書店よりも図書館でということになるわけですけれど、但し残念なことに、近所にはその図書館というもの自体がとんと見当たらないのでした。
以前住んでいた土地からここいらへと引越して来ようって折りに、その辺のことも含めて好く考えておけば好かったんですけれどね。 やれやれ。

とはいえ、歩くことを辞さないのであれば、ちと遠くではありますけれど、幾つかの図書館があります。
そのうちの一つ、藤崎図書館は、消防署と棟を共有する施設。
とても小さくて、蔵書数もそれなり。
図書館というよりも、いっそ図書室とでも呼びたくなりますけれど。 でも、こじんまりとした分、独特の落ち着いた雰囲気があって、往けば気分の好くなる場所なのです。

         ▽▲▽▲▽▲

その藤崎図書館へと、自宅から歩き通い始めた当初は、やはりその距離が気になったものです。
けれど、交通量の多い幹線道路はなるべく避け、裏道から裏道へと、閑静な住宅街を歩きつないでゆくルートを見つけてからは、その道程も余程快適なものとなりました。

津田沼駅周辺の喧騒を歩き抜けて住宅エリアへと潜り込み、ディープな路地裏道をひた往けば、何時しか見通しも好く、ドンと開けた広壮な畑地へとに出ます。
隈なく宅地化の進んだ感のある当地ですけれど、ここまで来れば、意外や、畑地の雄大に広がる風景に対峙して、のびのびと開放的な気分に浸ることができるのです。
藤崎図書館への往復では、いつも、ここいらで一息入れるのが丁度好い塩梅。

ところで、このルートを何度か歩くうち、広い畑地のド真ん中に、こんもりと土が盛られ、その周囲に樹木の生い茂った一角があるのに気が付きました。 一見して小さな鎮守の森のようです。
何度目かの図書館通いの途上、私は好奇心に駆られて、ちょっとばかり寄り道をしてみました。

         ▽▲▽▲▽▲

これが、藤崎掘込貝塚
こんなところで、思いも掛けず縄文の遺跡に出くわしました。 いやもう、ビックリしたなあ。

正面に立てられている説明のボードを読んでみました。
曰く、ここらは縄文中期~後期(四千五百年前~三千年前)の集落跡で、大規模な貝塚を伴うとのこと・・・・ふむふむ、往事はこの辺りが渚だったということか。 それで、今日ここに、貝塚が遺っているというわけなんですね。

いや、ちょっと待て!・・・・それじゃあ、私の足元に広がる畑地、その土の中に散在している真っ白い貝殻の欠片・・・・私がさっきから踏ンづけている(ここらを歩くと、必然的にそうなるわけです)小さな破片・・・・これって貝塚の上層部、つまりは縄文人の遺物ってことですか?!
何気に貝塚の上を歩いていたなんて、スゴすぎです。 なんかモッタイナイというか、畏れおおいといおうか。

鎮守の森の中心にあるのは祠ではなく、小さめの富士塚が鎮座まします。
どうやら、古くから地元の方々が富士講を催していたようで、いえ、今も続いているのでしょうか
周囲の畑地といい、昔からずっと生活圏の中にあって、開発の手を免れ(奇跡的、と言っても好いのかもしれません)、まことに上手い形で保存されてきた遺跡ということのようです。

それにしても、かつてこの辺りが海辺で、そこには縄文人の営みがあったとは。 身近にあって、しかしスケールの大きなお話しに、図らずも出会うことが出来ました。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« August 2009 | Main | October 2009 »