« June 2009 | Main | August 2009 »

July 30, 2009

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

 
 
 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
 Evangelion: 2.0 You Can (Not) Advance
 
 
    総監督:庵野秀明
    出演 :緒方恵美  (碇シンジ)
        林原めぐみ (綾波レイ)
        宮村優子  (式波・アスカ・ラングレー)
        石田彰   (渚カヲル)
        坂本真綾  (真希波・マリ・イラストリアス)
        三石琴乃  (葛城ミサト)
        山口由里子 (赤木リツコ)
        山寺宏一  (加持リョウジ)
        立木文彦  (碇ゲンドウ)
 
            2009年 日本
 
 
 
公開中の映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を観て来ました。

オリジナルのテレビアニメ、新世紀エヴァンゲリオン(全26話)の放映されたのが1995年~1996年のこと。
その後、新世紀エヴァンゲリオン劇場版 DEATH(TRUE)2(1997年)、新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを君に(1997年)と続き、これらは未だ評価の高い超人気コンテンツです。

そして、新たな再構築の始まりとして前作 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 の公開されたのが2007年の夏。 掛け値なしの傑作でした。(私は二度劇場に脚を運びましたっけ) あれから2年経ったんですね。

今回も素晴らしい出来ですよ。 待ち続けた甲斐は、十分にありました。
オリジナルのテレビ版や前作映画のテイストを残していた序の段(再構築、リビルド版として新たに始まった物語の「序」として、それは実に正しい方向付けなのですけれど)とは異なり、今回は物語の造り諸々をこれまでとは異なるカタチに改めています。 まさに破の段。

映画館の巨大なスクリーンをフルに生かした画面構成。 ド派手なアクション・シーンや精緻な描写により、堂々たる娯楽作品として誰にでも(コアなファン限定ではなく)愉しめる映画に仕上がっています。
ヱヴァンゲリヲンと言えば、今ではアニメ界のみならず邦画の大看板。 見込める市場が大きく、注目度も高い作品ですから。 興行的にも、絶対に失敗できないでしょうしね。

従来、エヴァの魅力の大きな部分を占めていたある種の難解さ、物語としての収集のつかなさ(?!)、無節操なまでの衒学趣味など、それらは幾分矯められてきている(今のところは、ですけれど)と言って良いのではないかと想います。
だからといって、エヴァならではの魅力は尽きないのですけれど。
 
 
さて、ここから先の内容はネタバレになります。
映画を未見の方はご注意下さい。
 
 
         ▽▲▽▲▽▲ ネタバレ ▽▲▽▲▽▲
         ▽▲▽▲▽▲ ネタバレ ▽▲▽▲▽▲
         ▽▲▽▲▽▲ ネタバレ ▽▲▽▲▽▲
         ▽▲▽▲▽▲ ネタバレ ▽▲▽▲▽▲
         ▽▲▽▲▽▲ ネタバレ ▽▲▽▲▽▲
         ▽▲▽▲▽▲ ネタバレ ▽▲▽▲▽▲
         ▽▲▽▲▽▲ ネタバレ ▽▲▽▲▽▲
         ▽▲▽▲▽▲ ネタバレ ▽▲▽▲▽▲
         ▽▲▽▲▽▲ ネタバレ ▽▲▽▲▽▲
         ▽▲▽▲▽▲ ネタバレ ▽▲▽▲▽▲
         ▽▲▽▲▽▲ ネタバレ ▽▲▽▲▽▲
         ▽▲▽▲▽▲ ネタバレ ▽▲▽▲▽▲
 
 
前作(テレビ版~映画)に時折差し挟まれた大胆な、いっそ前衛的ともいえる心象風景的シーンは、今回は少ないのですけれど、そんな中で、黄昏の中をガタンゴトンと往く電車は健在です。 このコダワリ。 あるいは、庵野総監督の原体験なのでしょうか?。
BGMや劇中歌に「翼をください」やら「三百六十五歩のマーチ」を使う(それも、凄惨な戦闘シーンの中で!)など、また、往年の特撮怪獣映画へのリスペクトなど、作者の世代を感じさせられ、個人的にハゲシク共感するのです。
 
 
 ・渚カヲル君、今回もイイ場面で登場
そういえば、序の段でもイイトコで登場していましたね。 今回も未だまだ謎を引っ張り続けますよ。
その台詞から、この世界(新劇場版)がテレビ版+前作映画の内容をまた繰り返している、リピート/ループの中にあることをそれとなく暗示。
そう、新劇場版はリメイクではなく、また2(続編)というのでもなく、再構築、リビルドということなのだと想います。
 
 
 ・碇シンジ君、強し!
初号機の鬼気迫る闘いぶり、リミッターの振り切れたラフ・ファイトは、シンジ役・緒方恵美さん入魂の熱演も相まって、シリーズ中でも最高レベルに達しています。

これまで、闘うことに意義を見出せず悩んできたシンジ君。
その彼が<ただ綾波のため>に渾身の力を振り絞って闘い抜きます。
そして綾波レイの名台詞「私が死んでも替りはいるもの」に対して、今回はあの(!)シンジ君がダメを出すのです。
不肖はこの瞬間こそ未来への希望、破の段のクライマックスと確信致しました、はい。
 
 
 ・綾波レイのキャラ、ややチェンジ
嬰児のように無垢で、未だ情というものを知らずにいる少女、綾波レイ。
その彼女の、前作(テレビ版)では終盤にまで及んだ情緒の覚醒が、今回は早くから始まります。

打ち解けられない碇父子の仲を取り持とうと(不器用ながらも微笑ましく)画策さえする綾波。 あるいは、母性の目覚めさえ始まっていたかもしれません。
前作(テレビ版)でも、シンジ君らとの交流により人間らしい情緒や自我を獲得しかけて、でも、あとわずかというところで、闘いの中に果てたのでしたね。 それが綾波レイ、薄幸の少女。

破の段での綾波からは、そんな前作よりも幾分、悲劇の色合いが薄らいでいるような印象を受けます。
綾波レイと言えばオリジナル(テレビ)版の放映以来、数多のスピンアウト作品に描かれてきたアニメ回屈指の人気キャラですけれど、しかしそこでは、落ち着いて佇む姿、あるいは和やかに微笑む姿などが多く、必ずしも悲劇のヒロインとしては描かれていませんでしたからね。
なにしろ年季の入ったファンの多いエヴァです。 取り分け好きなキャラには、情も移ろうというもの。
今回の変節は、あるいはそんなファンの想いが通じてのこと、ということもあるのではないでしょうか。
 
 
 ・アスカもまた
今回、ホントに思い切ったことをしてきたもので、エヴァ人気の一翼を担ってきた人気キャラ。 アスカの扱いを換えてきました。
それ故にでしょうか、姓も「惣流」から「式波」へと換わっています。 おそらくは前作(テレビ版)で描かれた彼女の出自/トラウマなども、なかったことにされるんじゃないでしょうか(と私は見ています)。

前作(テレビ版)の後半から終盤に掛けてあった彼女の疑心暗鬼~自我崩壊の顛末はもはや、ストーリーから外されたようですね。(ある意味エヴァで一番クラく、また現実的なテーマと言えますし)
こちらも綾波と同様、十数年を経てのキャラ変節といえるでしょうか。

綾波とアスカ、両ヒロインがやがて迎える結末は、案外と明るいものになるのかもしれない(破のラストでは、二人とも大変なことになっているんですけれど)、そう予感させられます。
ところで彼女、今回はいささか出番が少ないんですよね。 そこのところが残念至極。
 
 
 ・真希波・マリ・イラストリアス
今回初登場の新パイロットはシンジ君らとは違い、謎の多いネルフやゼーレの内情あれこれを知っている模様。 カヲル君と同様、謎のチルドレンです。
そして、戦うことについて一点の疑いも持たぬ、根っからの戦士タイプ・・・・というか命知らずで、しかもアスカとは違い、メンタル面もタフで隙のない様子。
でも、そこはヱヴァの登場人物ですからね、そう単純なキャラではない筈と想うのですけれど・・・・
 
 
 
さてもヱヴァンゲリヲン新劇場版:破の段、ファンがこれまでに体験してきたヱヴァの世界を大胆に掻き回してくれました。
この先、例えば人類保管計画なんて一体どんな形でケリをつけるんでしょう。
とまれ、残すは「Q」(「急」ではなかった!)と、そして「?」。
この続きが、とても愉しみです。
いくらだって待ちますよ。
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 29, 2009

二級ボイラー技士

 
 
いろいろとあって、二級ボイラー技士免許なるものをゲットしました。
これは、ボイラー全般の取り扱いができ、また伝熱面積の合計が25平米未満のボイラーについては、取扱作業主任者となることのできる国家資格です。 ・・・・って、こんな説明じゃ好く判りませんよね。 あいまいな説明でアイスイマセン。

なにせ未だ自力で運転した経験がなくて(おい)ですね、自分でもイマイチ実感がないんですよ。
まイイか。 資格はシカク、ですものねぇ。
獲ったはイイけれど、果たして活用の機会が来るのかってハナシもあるんですけれど・・・・
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 18, 2009

響。

 
 
JR津田沼駅を北口に出たら、北東方向へと向かう広い路をまっすぐに(右手にパルコ津田沼店を見つつ)往きます。
九十九ラーメン」や「なりたけ」、「」などの人気ラーメン店があるエリアを越えて更に歩を進めると、やがて道路の左手に小さな一戸建てが見えてきる筈。
以前、この建物には「島津庵」というお蕎麦屋さんが入っていたのでした。

お店は立ち喰い風で簡易椅子有りという、まあ、駅の構内などによくありそうなタイプです。
但し、駅の近くにあるというでなし、また人通りの多い立地というわけでもありません。(クルマの交通量は多いんですけれど) 地の利には恵まれない「島津庵」です。
それでもお蕎麦が結構美味しくて、またあまり混雑することがないし、なにより価格がとても廉いのが気に入って、私は善く利用してきたものです。

メニューには「ラーそば」なる、これは蕎麦の麺にラーメンのスープを組み合わせた独自のメニューもあったりします。 でも、「島津庵」での私のお気に入りはカレーライス。
普通、スタンド蕎麦のカレーといえば、ワタシ的に辛味不足で、喰ってガックリ来ることが少なくないものですけれど、ここのはしっかりと辛い。 そして美味しい。

また従業員らしき女性が好い人で、大盛りを頼んでルーが残り僅かと見るや、追加投入を申し出てくれたり、盛り蕎麦をこれも大盛りで頼むと、途中で出汁が足らなくならないか気を使ってくれたりするのです。
こういう配慮、お店の気風は素直に嬉しいものですよね。
すっかり気に入ってしまい、昨年の夏など、特に足繁く通ったものでした。

         ▽▲▽▲▽▲

そんなお気に入りのお蕎麦屋さんとも、なんとなく足の遠のいていた昨年の秋、気がつけば我が「島津庵」は姿を消していました。
同じ場所には、建物はそのままに内外装を入れ替えて、標題通り「響。」という つけ麺専門店 が出来ていたのです。 (枕が随分と長くなりましたね。 ここらからが本題です)

お気に入りの店の突然の撤退はちょっとばかりショックだったものの、気を取り直して「響。」入ってみました。
「響。」のつけ麺。 美味しかったですよ。 なかなかヤリますぜ。
そして如何にもの、今時の本格ラーメン(つけ麺)専門店らしい、お洒落な盛り付けスタイルや、お店の内外装。

でも、そこのところを素直に喜ぶことのできない私がいました。
巷にある本格ラーメン店などと比べて、どこか素人くささがついて廻っている・・・・そんな印象を振り払うことが出来ず、これはどこかチグハグではないの?、などと想うのです。

元々の「島津庵」が持ち味にしていた、のんびりまったりとしたアットホームさを、あっさりと切り捨てた本格派(?)への転向・・・・けれど、それが徹底し切れているというわけでは決してない、ある種脇の甘さに、いささか違和感を感じるんですよね。

その素人くささは、かつての「島津庵」にあっては美質であった要素、他店にはない魅力であったのですけれど、しかし盛り付けスタイルや内外装を一新して、本格ラーメン(つけ麺)店として位置づけようとしている風の「響。」ではなあ。
「つけめん専門店 響。」。 価格設定も強気だし、残念ながら、私にとって「島津庵」の替りにはならないな、と切なく想いました。
 
 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

July 12, 2009

千葉城

 
 
先日のこと、所要があって千葉市内(JR千葉駅の付近)へと出掛ける機会がありました。
用件は意外に早く済ませることが出来たのですけれど、その後夕刻より打ち上げを催す手筈になっています。
その時まで、まだ二時間ばかりあって、これでは時間を持て余してしまいますねえ。
さて、この間をどうやって過ごすか。
そこで、この後打ち上げに参加する面々(主としてメンバーです)が鳩首協議。 喫茶店でウダウダするとか、カラオケなんてえ案も出たのですけれど・・・・・この際千葉城まで散策しようじゃあないの、ってコトになったのです。

不肖、恥ずかしながら、千葉市街にお城があることや、かつて当地を統べた千葉氏についても、最近になるまで知らずにいました。
地元では無論のこと、好く親しまれている名所で、当地に生まれ育った友人から、亥鼻城とも呼ばれていることを教わりました。
一同、ゾロゾロと歩き連ねて千葉城へと向かいます。

箱物行政で名を流すQiball(きぼーる)や、千葉県庁舎などを横に見て、どんどん歩いてゆくと、やがて亥鼻公園に到着。 ここからは、こんもりとした小山を登ってゆきます。
その山の頂上に鎮座する千葉城

城前には城主、千葉常胤の銅像。 源頼朝の挙兵に応じたという、その馬上で弓を引く勇姿が迎えてくれました。
四層の立派な天守閣は、なんだか小田原城に似ていますねえ。
お城に面した広場には桜が植えられていて、春のお花見時など、お城をバックにした満開の桜の図が、それはそれは見事な眺めなのだそうな。

千葉氏がこの地方で勢力を揮ったのは平安~戦国時代ですから、無論、往事に近世風お城デザイン(大阪城とか名古屋城とか姫路城とか・・・・)の天守閣があったワケもなく、本来は館造りであったでしょうけれど、この形は、やはり、サマになりますね。
1967年建立、コンクリート造りの模造天守閣の中身は、千葉市立郷土博物館となっていて、最上階まで通じるエレベーターまで完備しています。

博物館は盛り沢山の内容で面白かったです。
千葉市周辺の歴史資料が中心となっていて、なかでも甲冑、刀、書画などは特に豊富。 流石は千葉氏の居城です。
最上層まで昇ると、高さはそこそこながら、そこは周囲に山のない千葉市のことですからね、全方位をぐるりと一望する事ができました。 気分は天下統一!

入場料は・・・・とってもお得ですよ、大人60円也!(一日の売り上げはどのくらい?)
近くに来て時間のあるときなど、是非また入ってみたいゾと想わせられたお薦めスポットです。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (1)

July 08, 2009

いけちゃんとぼく

 
 
  いけちゃんとぼく
 
     西原理恵子 著

       2006年 角川書店
 
 
西原理恵子さんの絵本「いけちゃんとぼく」を読みました。
それは偶々、病院の待合室に備えてあったもの。
診察を待つ間の時間つぶしには、丁度お誂え向きのボリュームでしたからね。

著者の西原理恵子さんと言えば、毎日新聞の日曜版に連載中の私小説風マンガ、「毎日かあさん」の お母さん その人ですよね。
男女二児の母親が、家族に寄せる愛情、毒気の効いたユーモアもさることながら、男の子の世界と女の子の世界それぞれを、地に足の着いたクレバーな観察眼で捉えていることに感心させられます。

で本書、「いけちゃんとぼく」の主人公 ぼく もまた男の子。 やはり、「毎日かあさん」の おにいちゃん を連想させられるのです。 そういえば いけちゃん のデザインは、おにいちゃん の描いたマンガ(?)を元にしているのだそうな。
一応、絵本のカテゴリーに入れられていますけれど、その内容は西原さんの描く漫画とさして変わるところがありません。

物語は主人公の小学生、ぼく とその ぼく だけに見える不思議な生きもの、いけちゃん との対話で綴られてゆきます。
ここで特筆すべきは西原さんの示す、男の子の世界への深い受容力です。
それは、世間一般的意味合いの母親視点から、男の子はこうあれかし、というのとはいささか異なる、西原さんならではの人生観から来るもの。(だからこそ、「毎日かあさん」とは違う世界観ながら、共通の視点/語り口を感じさせられるのだと想います)

子供時代・・・・それは、誰にとっても懐かしい、キラキラと輝いていた日々。
手がつけられないくらいにデリケートな、少年の心の移ろいを、純朴な絵とシンプルな台詞で綴ってゆきます。
この絵本に関して私は、作品全体を満たす静謐な空気感に反応しちまって、深く読み込むよりも先に、さっさと大満足レベルに達してしまったことを、ここに白状しておきます。 ハイ。

絵本だけに、とても短いのですけれど、これは一読して、すぐさまもう一度始めから読み直さずにはいられない佳品です。
 
 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« June 2009 | Main | August 2009 »