« 無限大 | Main | お花見 »

April 03, 2009

日帰りバスツアー

 
 
平日にぽっかりと空きが出来ちまいまして、こいつはどうにか有効活用しなくちゃなあ、と言うことになったワケですよ。
そこで、今年の一月からお世話になっている同輩の面々と鳩首協議の結果、急遽浮上してきたのが日帰りバスツアーに参加というプランなのでした。

ほら、新聞の折り込み広告とか、駅の旅行案内のチラシとかに善くあるでしょ。 参加者を募って、観光バスに乗り合わせる日帰りのバス旅行。
途中あちこちの観光地に立ち寄って、食事もその地方ならではの名物が饗されて、などなど盛り沢山の内容。 料金の方も、お得な設定だったりします。
アレに、皆で参加してみようと話しがまとまったのです。

いろんなコースが用意されているなかで、我々が申し込んだのは「焼津30種寿司食べ放題と日本平の桜並木車窓見学」という、なんとも長ったらしいタイトルの企画。
東名高速で静岡に行って美味しいものを食べ、好い景色を愛で、名産品のお土産(それも盛り沢山の)が付いて、その上料金は信じられないくらいお得という欲張りコースなのです。

ツアーの内用は、こんな感じです。

 
イベント
 ・焼津(驚愕!焼津30種類の寿司食べ放題)
 ・静岡お茶工場(静岡名産のお茶でおもてなし)
 ・静岡わさび工場(辛味体験とショッピング)
 ・日本平パークウェイ(桜並木を車窓見学)
 ・日本平山頂
   (いちご、その他フルーツの食べ放題!
     桜見物と富士山眺望も!)

おみやげ
 ・まぐろ1ブロック200g
 ・甘えび20匹
 ・はんぺん10枚
 ・さわらの味噌漬け1枚
 ・けずり節2パック
 ・こんぶ飴2個
 ・わさび柿の種1パック
 ・安倍川餅1パック
 ・茎ほうじ茶1袋

費用
 ホントにこの料金で良いの?って言いたくなる金額
 
 
なんとまあ、充実の内容でありますことよ。

津田沼駅前の集合地点に全員集合したのが、そろそろ8時になるかというあたり。 平日のバスツアーということで参加者は少な目なのかな、などと想っていたら、バスの全シートがお客さんで埋る盛況ぶりでした。
同輩の面々9名でバスの最後尾席に陣取り、いざ静岡方面へと出発! 各々が持参した缶ビールや缶酎ハイの栓を開ける「ぷしゅっ」の音と共に、開放感が一気に拡がります。
ほろ酔い気分に加え、好天に恵まれた車窓の景色がなんとも心地好くて、なんだか舞い上がってしまいそう。 こんなに饒舌だったのかとびっくりするくらい、善く喋り捲る自分がいました。

さて、最初のイベントはお昼ご飯です。 焼津のお寿司食べ放題!
皆、この時とばかり勢い込んで喰い出したんですけれど、「意外に(量を)喰えないモンだね」というのが、食事を終えての共通した見解。 注文したお寿司は全てちゃんと供されましたから「食べ放題」に偽りはありません。 ちゃんと30種あったかどうか、確認してこなかったのがちょいと心残り。

お茶工場の見学ではこの時期、生の茶葉がないとのことで、製茶の機械だけ見せて貰いました。 焙煎の好い香りにありつけなかったのが残念無念。 お茶を一杯試飲させて貰いましたけれど、このイベントはちょっと拍子抜けでしたね。

ワサビ工場も、パック詰めの工程をチラ見しただけ。 辛味体験は、個室に入って辛味ガス?を浴びるというもの。 まあ、あんまり期待してなかったですけど。
ワサビ処とくればお約束のワサビ・ソフトクリームは、かなり微妙な味で「やっぱりこんなモンだよね。 でも、こういうところに来ると、どうしても食べちゃうんだな」とうなずきあう一同。

日本平へと移動する途中。 久能山あたりで目にした、春の海を前景に石垣いちごを栽培するビニールハウスの並ぶ景色がとっても好かった。 今回の小旅行では、これが一番の収穫だったでしょうか。
私は小学生の頃、親に連れられてこの石垣イチゴ狩りを楽しんだことがあるのですけれど、詳しいところは最早忘却の彼方。

日本平の桜並木は、生憎と未だ早すぎでした。 ちょぼっと咲いている程度。 でも、春未だ浅くって感じの風景もなかなか好かったです。

日本平山頂でのイベントは苺の食べ放題。 さっき焼津で寿司を喰いまくったばかりなんですけどねえ。 日頃、スイーツ系には興味のない私ですけれど、ここでも沢山頂きました。

時間に余裕があったので日本平の山頂にも昇ってみました。 標高308m。 清水港を一望する位置にあります。 とはいえ、如何にもの鄙びた観光地ぶりに、みんなして勝手な文句を言いまくるのが可笑しかったです。 

帰りは、すっかり満腹したのと、流石に疲れが来て・・・・でも眠るのがモッタイナイ気がして、ぼんやり景色を眺めてました。
夕暮れの中、首都圏へと向かう高速道路上のアンニュイ。 こんな気分もまた、旅情のひとつでしょうか。

やがて、朝の集合場所へとご帰還。 なんだかあっというまに過ぎた一日でした。 お疲れさま。 盛り沢山のお土産を受け取って、足取りも軽く帰宅しました。
 
 

|

« 無限大 | Main | お花見 »

Comments

充実のバスツアーだったんですね。
子供の頃の遠足とはまた違う、大人ならではのバスの楽しみ方のような気がします。
そうそう、疲れも含めての旅行なんですよね(^^)

Posted by: バルカローレ | April 03, 2009 at 10:55 PM

>バルカローレさん

ホント、大人の遠足気分でした。(^ァ^)
前日に「おやつは300円まで。 ビールは別勘定」なんてジョークが出るあたりが子供の頃とは違うわけですね。(笑)

Posted by: もとよし | April 04, 2009 at 10:41 AM

バスツアーも楽しそうでいいですね。
食べ物も充実?していて、お土産品の多さにびっくり!
わたしも行ってみたくなりましたよ^^。

Posted by: みい | April 04, 2009 at 11:33 AM

わたしもバスツアーbus
気になってたんですよheart

充実した内容でよかったですねnote

これから暖かくなるしup
わたしも行ってみようかと思いますcherry

Posted by: サマー | April 04, 2009 at 12:31 PM

楽しい一日の雰囲気が伝わってきますよ。
期待以上だったようで、良かったですね。

随分お食事なさったようですが、私も食べたくなってしまいます。
思い切り食べるのってイイですよね。
俺は太るのが怖くて最近やってないや(笑

>夕暮れの中、首都圏へと向かう高速道路上のアンニュイ。 >こんな気分もまた、旅情のひとつでしょうか
醍醐味じゃないですか!

Posted by: 晴薫 | April 04, 2009 at 11:18 PM

>みいさん

千葉県に住んでいるのに、日頃は海など全く意識していない私です。
なので海が見えると、ただもうそれだけではしゃいじゃって。(^^ゞ
春の駿河湾は、よく凪いで、トロンとして、ちょっと眠気を誘うような印象ですねえ。(笑)
山の緑の方も、色柔らかで、ああこれが「山笑う」って感じなのかと、缶ビールを呑みつつ想いました。

Posted by: もとよし | April 05, 2009 at 11:41 AM

>サマーさん

日帰りバスツアー、サマーさんもお目に留めてましたか。(^ァ^)
今回我々が参加したコースは、割合に年配のお客さんが多かったですねえ。
すごくお得な費用でびっくりしたんですが、これは多分、あらかじめお土産屋さんとタイアップした上でのコースで、おそらくは年配の方を前提にした料金設定なんじゃないかと思います。(^^ゞ
我々のような客層(食べ放題の処では喰い荒らし、でもお土産はあまり買わない)は、旅行会社の想定外だったんでは、と思われます。(笑)

Posted by: もとよし | April 05, 2009 at 11:42 AM

>晴薫さん

バス旅行、愉しかったです。 車内で自由に呑み喰いして、好きなだけ喋って、疲れたら勝手に寝ちゃってもイイってのがこんなに快適だとは。(笑)
帰路、都内から千葉へと向かう途上、宵闇の湾岸風景が、また実にイイ感じでしたよ。 ちょっとダークな雰囲気で。 日頃クルマに乗らない私にとっては、新鮮な発見でしたね。

Posted by: もとよし | April 05, 2009 at 11:44 AM

もとよしさん、こんにちは!
私は、この手のバスツアー、すっごくソソられていつもチラシや新聞広告見ています。
でも、ネックなのがトイレが近い事なんですよ・・・もし渋滞になったらどうしよう・・・とか、食べ放題と言われてもその後のトイレが心配になっちゃうんです・・・ヘ(´o`)ヘ

でも、お天気にも恵まれて、一杯色々な処を回って満喫されたんですね~、羨ましいなー!私も是非いつか参加したい。
トイレ付きバスツアーってのもあって、それを狙っています(行く場所とかコースが限定になっちゃうのが残念)

Posted by: latifa | April 05, 2009 at 09:43 PM

>latifaさん

バスの旅って、何年も前に行った社員旅行以来だったんですけれど、意外なくらいに快適でしたよ。
なにせ自分達で運転しなくて良いし、交通事情もまるで気にしない、運転手さん任せだし。(^ァ^)

でも、そういえばトイレは備えて無かったですね。(^^ゞ やっぱりこの料金だと、そこまでは望めないのかな。orz

今回、他にもいろんなコースがあると判ったし、仲間内で「もう一回行けないかな?」って声も上がっていて、私もあれ以来チラシをいろいろと物色してます。(^^ゞ

Posted by: もとよし | April 06, 2009 at 09:19 PM

sun清水港陸揚げの新鮮なお寿司食べ放題に苺食べ放題に
美味しそうなお土産に、300円以上のおやつ持参オッケーに
美味しいツァーでよかったですね。
私も行ってみたいわ。
NYでも探せば、こういう楽しげなのあるかしら。なさそう。cat

Posted by: Nerdy | April 08, 2009 at 10:28 AM

>Nerdyさん

こういう日帰りのバス旅行って、パックツアーを組んで、世界中にも行ってしまう、日本ならではの発想なんでしょうか。(^ァ^)
日帰り旅行は特にこれといって準備も要らないし、とにかくお手軽なのがイイです。
バスで移動する距離はそこそこだし、目的地のそれぞれもスケールも小さくて・・・・でも、その辺がまた日本的って気がします。(笑)

Posted by: もとよし | April 08, 2009 at 10:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/44548453

Listed below are links to weblogs that reference 日帰りバスツアー:

« 無限大 | Main | お花見 »