« メモリー増設 | Main | 世界ふれあい街歩き »

November 29, 2008

静脈認証


またまた、しばらくのご無沙汰をしておりました。

このところの忙しさの元というか、つまり仕事。 そのために最近私が日参している某クライアントでは、入口のセキュリティに静脈認証システムを採用しています。
これは入室の際、機械に指をかざしてドアのロックを解除するというもの。 光学センサーが指の中をスキャンし、血管の形を読み取って、入室資格を持つ個人を特定するわけなんですね。

これならば入室用のカードを持ち歩く必要がないし、こりゃまた大した仕組みだわい、なんて感心していたのは初めの内のことで、やがて、私に限って認証時のエラー率が異常に高いことが判りました。
つまり他の人は大概、機械に指をかざして一度の認識でパス出来るわけなんですけれど、私の場合は機械がピーと鳴ってハジかれてしまう。
その後、同じ部屋に出入りしていて、やはり私同様システムに嫌われている方がいるのを知りましたけれど、ともあれ、10回から20回、あるいはそれ以上トライして、ようやく認証システムから入室のお許しが出るという始末。
静脈のパターンと機械との相性とか、やっぱりあるんでしょうか。
些細ながら、ハイテクに振り回されている毎日。 まったくもって、困ったモンであります。
 

|

« メモリー増設 | Main | 世界ふれあい街歩き »

Comments

セキュリティカードだと紛失したり、それをまた誰かが拾って悪用されたりする心配が絶えないので、それで指紋だの静脈だのになっているんでしょうかねぇ?
システムの改善をなんとかしてもらえると良いですね。

Posted by: 各務 | November 30, 2008 at 09:51 PM

>各務さん

セキュリティカードの場合、うっかり自宅に忘れてきたり(よくやらかしましたσ(^^))、あるいは万一無くしてしまったら・・・・といった不安が付きまといますよね。
その点、個人に生来備わっている指紋/静脈をキイとする上記のような方式ならば、そういった心配もない筈なんですけれど、読み取りの精度というか、便利さについては、まだまだ改良の余地ありのようです。(>_<)

Posted by: もとよし | December 01, 2008 at 07:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/43267191

Listed below are links to weblogs that reference 静脈認証:

« メモリー増設 | Main | 世界ふれあい街歩き »