« フィビヒの詩曲 | Main | 麻婆豆腐の女房 »

October 04, 2008

ハンドロールピアノ (ロールアップピアノ)

ちと思い付くところあって、ハンドロールピアノ(ロールアップピアノ)というものを買い込んだ。

ピアノを名乗ってはいても普通のピアノとはかなり違う。 これは大分前に山野楽器が売り出して話題にもなった、電子ピアノの一種と言えるものである。
横長の柔らかなゴムシート上に鍵盤の模様が描いてあって、そのキーのひとつひとつにセンサーが埋め込んである。 押せばそのキーが反応して、その高さに応じた音をボディ(鍵盤の右端に繋がっている)に内臓のスピーカーが発するというワケ。
机の上に広げて、そのままピアノと同じようなスタイルで弾くことが出来るし、弾き終えれば、ゴム製の鍵盤をぐるぐるっと丸めてコンパクトに仕舞うことが出来る。

もちろん、あくまでロール式であってアコースティックピアノの代用になる程の実用性はないし、ピアノの練習用としたってアヤシイ。 でも、音の出る紙鍵盤と思い、割り切って使えば、これはこれで便利なものではないだろうか。 なんたって場所を取らないしね。

さて、今度私が買ったのは話題になった山野楽器製ではない、その亜流品らしく、ボディおよび黒鍵の部分がピンク色で、そのうえディズニーのキャラクターが印刷されているという、なんだかトホホな49鍵。
大人が喜んで使うデザインとは考え難いのだけれど、子供向けのオモチャにしては鍵盤がフルサイズだし、対象ユーザーが読めないな。 まぁ、自宅で使う分にはどんなデザインであろうと一向に構わんワケだ。

ピアノとは言ってもそこは電子楽器なんで、本来のピアノの他、頼みもしないのにいろんな音が出せるようになっていて、用意されている音色は、なんとまあ100種類もある。
無駄だって。
そんなにあっても、使い切れるわけない。 第一、欲しい音色を探すだけで疲れてしまうよ。 ホントに使える音色が2~3種類あれば充分だろうに。

シートの鍵盤はリアルのそれとは違い、弾き応えのないのがなんとも頼りなく、「弾く」と言うよりも「タッチ」すると言う方が相応しい気がする。
やっぱり(例えオモチャ同然の貧弱なキーボードであっても)実際の鍵盤の方が好いや。 ま、あたりまえのことだけれど。

鍵盤の右端はボディと繋がっているのだけれど、その付近でシートが簿妙に浮き上がってしまい、最高音域はちょっと弾き難いことになっている。

内臓のスピーカーが小っさくて、どうかと案じていたけれど、使ってみると意外にそれっぽい音がする。 もちろん、充分と言えるレベルではないけれど、サイズの割にはまあまあの健闘ぶり。

とまれ、他の楽器などをお復習い中、基準にする音程が欲しくなったときなど、これは中々役に立つシロモノであるのは確かだろう。
合唱団に居た頃にこんなのがあれば、パート練習の時便利だったのになあ。(あのころは、ピアニカを使っていた)
あとは、シート部分にどのくらいの耐久性を期待できるのかが気になるところ。

|

« フィビヒの詩曲 | Main | 麻婆豆腐の女房 »

Comments

ハンドロールピアノ、そんなのがあるんですね。知りませんでした。鍵盤がピンクでディズニーのキャラクター
で笑ってしまいました(失礼!)なんだかかわいい~
コンパクトにしまえるっていうのがいいですね^^。

Posted by: みい | October 04, 2008 at 08:00 PM

>みいさん

これ、きっと子供向けのオモチャなんだと思います。 でもそれにしては、デザイン以外の機能が一々妙に本格的で。(^^;

100種類もある音色の内には邦楽器、例えば琴や三味線の他、木魚なんてのもあって、なんだか笑っちゃいますよね。(^ァ^)

Posted by: もとよし | October 04, 2008 at 09:18 PM

電子機器の発達はスゴイですね!

>琴や三味線の他、木魚なんてのもあって
驚きです。
でも楽しそうです(笑

>他の楽器などをお復習い中、基準にする音程が欲しくなったときも
こういうことは、実際にやっていて初めて感じることですね。
最近ウチは娘がギター(安物のクラシック・ギター)を買ったので、分かります。

Posted by: 晴薫 | October 04, 2008 at 10:26 PM

>晴薫さん

デジタル化の恩恵でしょうか、今の電子ピアノは、今回私が買ったような安価な製品であっても、ハッキリと立ち上がりの好い音が出て、昔の製品とは一線を画していますね。


>最近ウチは娘がギター

クラシックギターですか。 好いですね!
若い頃に始めると、どんどん上手くなりますよ。
先々が楽しみですね。(^ァ^)

Posted by: もとよし | October 05, 2008 at 12:46 PM

>>とまれ、他の楽器などをお復習い中・・・

記事の中に書かれている「とまれ」は間違った言葉です。 
このような使い方は間違いで、日本人として恥ずかしい事です。楽器よりも先に日本語をキチッと学ぶべきでしょう。どこで覚え言葉遣いなのか?
実に気の毒だと思う

Posted by: ナゾラー | May 21, 2010 at 04:09 AM

>ナゾラーさま

おはようございます。

私の言葉遣いに誤りがあるとのご指摘を頂きまして、ありがとうございます。
早速、正しい用法を調べてみようと想います。

ナゾラーさんも、なにか楽器をされるのでしょうか。

Posted by: もとよし | May 21, 2010 at 06:19 AM

オーボエのみです

Posted by: ナゾラー | May 21, 2010 at 05:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/42679437

Listed below are links to weblogs that reference ハンドロールピアノ (ロールアップピアノ):

» ハンドロールピアノ クチコミ [岩村明憲 紅白戦 タンパベイ・レイズ ]
ハンドロールピアノ (ロールアップピアノ)ちと思い付くところあって、ハンドロールピアノ(ロールアップピアノ)というものを買い込んだ。ピアノを名乗ってはいても普通のピアノとはかなり違う。これは大分前に山野楽器が売り出して話題にもなった、電子ピアノの一種と言える....... [Read More]

Tracked on October 23, 2008 at 05:05 PM

» ハンドロールピアノ [いちろうの日記]
身辺整理症候群 くるのがないんだな。やっぱり音色数とか"なんちゃら機能\"が売り... [Read More]

Tracked on October 24, 2008 at 11:12 PM

« フィビヒの詩曲 | Main | 麻婆豆腐の女房 »