« エレキギター体験レッスン | Main | ハンドロールピアノ (ロールアップピアノ) »

September 29, 2008

フィビヒの詩曲

 
 
先日、とある音楽系オフの席で思いがけず知るところとなった、東欧はチェコの作曲家ズデニェク・フィビヒ(フィビフとも)。
その生涯は19世紀の丁度後半にあたる。 無論、同時代のチェコを代表する作曲家ドヴォザークのような音楽史上のビッグネームではないけれど、その哀愁溢れる地方/民族色を横溢させた旋律は、聴く者を惹きつけてやまない。
それにしても、このようにして見聞を広めることの出来る、オフとはまことに愉しくも在り難いものであります。

さてその後、自宅のPCで試みに動画サイトで「Fibich」を検索に掛けてみたら、思いもかけず沢山の動画がヒットした。 それも、プロの映像/録音などよりもむしろ、海外のアマチュア音楽家が自らの演奏を録画、投稿したものが多いことに驚かされる。
なかでも、「Poem」(詩曲)と呼ばれる小品がとりわけ親しまれているようである。 この曲、海外では初心者向けピアノピースの定番なのかもしれない。(本邦においてはどうなのか、私は知らない)

「Poem」(詩曲)とは、調べてみると、ピアノ独奏曲「気分・印象 そして追憶」(Op.41)中の一曲「ジョフィーン島の夕べ」(Op.41-139)のことで、管弦楽のための牧歌「黄昏」(Op.39) でも同じ旋律を聴くことができる(これにはピアノ独奏、連弾版もある)とのこと。 また、後に独奏ヴァイオリンなどにも編曲されたらしい。
その、ほろ苦くも切ない旋律からは、如何にも東欧的な雰囲気(って好く判らずに言っているのだけれど)が伝わって来、彼の地への憧憬をいやがうえにもかき立てさせられる。

やさしいメロディーに、ゆっくりのテンポ。 なにより演奏の比較的平易なのがアマチュア演奏者に広く愛されている決め手であろう。
こういった、アマチュアが自宅でアップライトピアノやまたは電子ピアノに向かう姿や、あるいは音楽教室の発表会風景など、このレベルの(あえて言えば、まだまだツタナイ)演奏を、ネットで広く公開する・・・・そのことについては、いろいろと意見もあるだろうけれど、とまれ私はアマ音楽家の演奏を偏愛する者である。
未だペダルに脚の届かない幼い子がピアノに向かうあどけない姿や、あるいは発展途上ながら同じアマチュアとして共感させられる演奏など、色々と見て廻り愉しませてもらった。

動画中に時折の映るアマチュア音楽家諸氏の様子から察するに、どうやらお子さま~初心の若い人に弾かれることが多いのかもしれないけれど、この俯き加減でセンチメンタルな佳品を弾く姿としては、むしろずっと年配の、それも男性。 例えて言えば、嫁にやった娘の残したピアノを手すさびに弾く熟年のお父さん・・・・その胸に去来するは、懐かしくも儚い過ぎし日の想い出か・・・・といったようなシチュエーションが相応しい気がする。
 
 

|

« エレキギター体験レッスン | Main | ハンドロールピアノ (ロールアップピアノ) »

Comments

う・・・(^^;
なんか色々バレてしまっているようなので、観念して自分とこのURIを貼っておきます。(_ _)

Posted by: 各務 | September 29, 2008 at 11:42 PM

>各務さん

ご明察! 拝見させて頂いてます。
やはり、各務さんのサイトでしたか。(^ァ^)

ディープな内容が、巧みに整理されていて、フィビヒに興味を持った人ならば、まずは最初に訪れるべきサイトになってますね。 これからも、ちょくちょく見せて頂くことになると思います。m(__)m

Posted by: もとよし | September 30, 2008 at 12:32 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/42632424

Listed below are links to weblogs that reference フィビヒの詩曲:

« エレキギター体験レッスン | Main | ハンドロールピアノ (ロールアップピアノ) »